2022年05月ブログ ブログ

2022年5月4日 思いの外、時間がかかる

投稿日:

今日も祭日なので会社は休みである。でも、やっぱりいつも通りのスタイルでの生活を貫いているから、朝5時起きからの手帳整理なんかを始めた。

朝食の買い出しの時に、いい加減にレオタックスのフィルムを使いきって現像したいなぁと思い、散歩がてら4ショットくらい撮影したが、フィルムは10枚以上撮れそうな勢い。行動範囲が毎日同じだから、いい加減に撮影する場所が無くなってきたな。通行人をまきこんだGR3でのストリートスナップはネタがつきないが、ファインダーを覗いてじっくり撮影するという機会が無くなりつつある。

朝食を終えてから、作業途中になっていたシン・ストリートスナップEpisode1のフォーマット台紙に写真を1ページに9枚ずつリサイズしながら張り付けるも、なかなか手間がかかる。ゲームをやらないのにゲーミングのディスクトップPCのWindowsで作業をしていて、モニタは28インチとやや大きめなモノを1枚使っている。のだが、4Kとかじゃないから、モニタ大きくても作業領域は広くなく、Photoshopと作業用フォルダを開くと、他に作業領域のスペースがなくなってしまい、本当に電子書籍制作のみの画面しか開くことができないから、Fire HD10でアマゾンビデオの名探偵コナンのテレビシリーズの続きを見ながら、坦々と単純作業をこなした。

マウスも使い慣れているから問題はないが、トラックボールでの作業で、これがなかなか肩が凝る作業である。トラックボールを使い慣れていない人ならキレてもいいレベルの作業のやりにくさ。マウスを動かす机のスペースは十分にあるんだけど、マウスパッドを置くと机の上の外観が悪くなってしまうのと、なにも敷かないと机に傷がついてしまうという点から、トラックボールを使うようになったんだけど、さすがに使い慣れているから細かな作業でもトラックボールで難なく作業することはできる。

どうでもいい話ではあるが、一番最初にトラックボールを見た時、ゲームセンターに置かれていた十ラックボールみたいなのを転がしてプレイするサッカーゲームしか思い付かなかったことを今でも覚えてる。プレイしたことはないのだが、なかなか印象的な筐体だったな。

午前中いっぱい作業をしたのだが、シン・ストリートスナップEpisode1の全100ページのうち、進んだのは49ページで、約50%進むことができたのだが、約3時間作業して半分の進捗だから、1冊作り上げるのに6時間はかかるという単純計算。これが計6冊あったと記憶しているから、全部で36時間要する作業という事になり、なかなか気の遠くなる話である。とりあえず、出来上がった冊子からBASEで販売開始をして、ホームページとSNSで宣伝をしていこうかなという戦略である。今月中に全巻出したかったけど、やや雲行きが怪しくなってきたな。精神力等考慮しても頑張って1日で1冊作れるかどうかといったところ。先日に完成させたEpisode0も時間がかかったが、それ以上の手間がかかる。ちなみに今回の作品の表紙が全く決まらずにいるから、せっかく制作したEpisode0も、まだ販売開始に至っていない。

タイトルのフォントは朧気に頭に浮かぶが(って誰もがあの字体を思い起こすだろう)、それをどこに配置して、どういうスタイルというか全シリーズ統一させるから、最初の一撃が決まれば自ずと全部のシリーズの表紙が完成することになるのだが、なかなか決めきれない。表紙に文字だけとも考えたが、それでは内容が一切わからず終いで、購入にも影響が出るかと思われだから、表紙には写真を使うことにした。どうしても中身が見たくなってしまうような写真を表紙に使おうと思う心の卑しい人なのだよ。途中から、完全に意識はコナンに向き、こういう単純作業はプログラムで組んで自動化できないかな?と思ったくらい。仮にプログラムできたとしても、最終的には手作業の方が早く終わると思われる。

午後から、少し浅草を散歩することにした。天気も良く、相変わらず人が多すぎて困る。昼食をとっていなかったから、いつもの空いているファーストフード店でゆっくり食べながら、創作案でも練るかと思って店へ行ってみると、連休の影響なのか出口付近まで人が並んでいて諦めた。席は2階にしか無く、どれくらいの席が人で埋め尽くされているのかがわからず、これだけレジに人が並んでいるから、おそらく2階の席は全席埋まっていて、席待ちの奴等が30人くらい並んでるんじゃないかな?と思い、そんな地獄絵図なところへ自ら飛び込むのは無理だと判断。なんなら床に座って食べてもいいけど、人で溢れ返った店内でゆっくりしていたら、間違いなく秒でコロナに感染するなと思った。諦めて空腹のまま浅草を散歩してみたが、空腹と人の多さでキレ始めて、本当に連休とか無くなればいいとさえ考えるようになってしまった。そもそも東京に遊びに来て、どうしてファーストフード店で長時間ダラダラしているのだろうか?せっかく東京に来たのだから、恵比寿ガーデンプライスとか赤坂サカスとかソラマチとかダイバシティとか、あの辺りの行列ができて食べるまでに2時間待ちとかの有名店にでも行けばいいのに。地方にも同じファーストフード店あるはずだし、東京よりも空いてると思うのだが、わざわざ東京まできて、どこでも食べられるファーストフード店に入る必要あるかな?と疑問に思ったが、いつも食べているものを食べると見知らぬ土地に来ても安心するのかな?とも思えた。真相はわからない。

私の激安中華スマホの時計が今日も絶好調に時計が止まっているから、本当にいい加減に機種変更をしようかとヨドバシへ足を運ぶも、GWセールをしているなか、私が欲しいと思っているのが、iphone13Pro maxかPixcel6ProかS22Ultraの3機種に限定しており(望遠レンズが欲しいから)相変わらず、どれも安くはなっていないから、このタイミングで機種変更をすると物凄く損した気分になるし、S22Ultraは少しだけ安くはなるものの、キャリアを変えなくてはいけないし、iphoneとpixcelは短いようで長い半年後に新しい機種が出るし、どう考えてもタイミングが悪いかなぁという感想。が故に機種変更をする勇気がでない。しかしiphone14pro maxを半年後まで待つとして、A16チップに変わるくらいの変化しかないのと、半導体不足と円安で価格上昇は間違いないと思われるからiphone13pro maxを今のタイミングで購入しても問題はなさそう。pixcelはtensorが二世代のものになるっぽいから、これは今買い換え時ではないという予見。うーん、困ったものだ・・・。

再びファーストフード店へ行くと、先程よりかはレジ前の人混みが減っていたから、席待ちで6時間くらい待つのを覚悟してレジに並ぶことにした。どうせレジも1時間くらい待たされるんだろ?と思い、スマホゲームをやり始めると意外とすぐに順番が来て、2階の客席へ上がってみると不思議なことに席がガラガラだった。あのレジ前の人混みはどこへ消えたのだろうか?漫画の坊や哲みたいに、2階で賭博をしているから警官が現場へ雪崩れ込んだら、誰もいなかったというあのトリックを思い出すくらい不思議な感じがした。おかげで、いつも通りゆったりと食事をしながら創作に関して考えることができた。スマホの機種変更を考えると悩んでしまうから、考えることは諦めて、きっとどうしようかと機種変更のタイミングがわからないまま一生悩み続けるかもしれない。

毎回思うんだけど、連休ってストレスしか溜まらないなと思うのは私だけであろうか?

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.