2022年05月ブログ ブログ

2022年5月6日 不思議とフィルムが減らない

投稿日:

今日は金曜日で平日である。世間一般的にはゴールデンウィークが終わりに差し掛かり、来週から仕事ダリィなぁとか思っている人が日本国民の9割くらいいるかと思っている。私のように今日が仕事の人は諦めがついていいのかもしれない。今週の月曜日同様に、今日に出社することに関して特に何も思わない。

やはり連休なのか道路がめちゃくちゃ空いていて、ストレスフリーで会社へたどり着くことができた。車は少ないが、朝早い時間なのに通行人は多いイメージ。今日は金曜日だから仕事終わりの飲み会に人生をかけていたり、明日は土曜日で休みだろうから朝まで騒ぐために気合いを入れて朝早くから行動しているのだろうか?とひねくれた思考が最近は酷くなっているように思える。

ここ最近は、だいぶ精神的に落ち着いてきたのではないか?と思っていたのだが、むしろ悪化しているような感じだな。医者にはいかないが、間違いなくあまりよろしくない診断をされてしまうことは間違いないだろう。

バカにつける薬はないが、もっと色々な人と関わってみましょうとか言われそうだな。

あまりに会社に早く到着してしまったから、久しぶりに早朝の秋葉原の電気街をスナップ撮影することにした。今日のカメラはブラックペイント仕様のレオタックスである。購入した当初にウクライナ製のアストラムというiso200のモノクロフィルムをセットして、最初はうまくフィルムが噛み合っていなかったらしく、フィルムが巻けていなかったが再度セットし直したら、いい感じでフィルムが巻き上がり、オーバーホールされたレオタックスのシャッターのフィーリングが良すぎて虜になってしまったくらいなのだが、最初に入れたフィルムをまだ使いきることができていないのである。

直感でシャッターを切るのはGR3の役目だし、よっぽど「これはフィルムで撮影したい!」と思うような被写体に出会わない限りは、基本的にGR3でバカみたいにバシャバシャとシャッターを切ることが多く、せっかくフィルムカメラを持ち歩いていても出番が極端に低い。持ち歩いていながらも1回もシャッターを切らないこともザラにあり、GR3で300枚撮影する間に1,2ショット撮影するような感覚かな。ほとんどの被写体がGR3で十分だろうという判断と、速射が求められる場面も多いため、つい条件反射でGR3を使ってしまうのである。そして、GR3で撮影したからフィルムで撮り直さなくてもいいやとなってしまいフィルムカメラの出番はさらに減る一方なのである。

このフィルムを使い終えないと、LINE BLOGに投稿しようと思っているブラックペイントのレオタックスとトプコールのレンズとアストラムのフィルムと作例を書き始めることができず、一ヶ月くらい前に新規投稿した裏砂漠と三原山の記事しか書いておらず、知らないうちに数人の知らない人がフォロワーになってくれているのに、飽きられてフォローを解除されてしまいかねない。

だが、私がブラックペイントのレオタックスの記事を投稿したからといって、フォロワー数が増えたりするわけでもないだろうし、むしろフォロワー数が減る可能性も否めないな。

出勤前の秋葉原の街並みは相変わらずガラガラで人が全くいなくて、とてもいい感じである。スナップ撮影をしに来た割りには、何百回も来すぎていて今更ではあるが撮影する場所が無いんだよね。普段入らない超絶細い裏道とか入り込み、数枚のショットをしてみた。普段入らない細い裏道に入るのも楽しいものではある。それでもアストラムのフィルムはまだ残っているみたいである。そういえば更に目測のレベルがあがったらしく、被写体との距離を予測して、あらかじめレンズの距離計を勘で合わせてからファインダーを覗いたけど、全部ぴったりピントが当たっていた。これならローライ35も問題なく使いこなせそうだなとか、またアホなことを考えてしまった。ローライ35とLeica M3のどっちの機種をメインで使うか悩み悩んだ挙げ句にLeica M3を選択した経緯がある以上、私はローライ35を手にすることはないのである。

会社では、いつも通りに手帳整理から始まり、本来やらなければいけない仕事でも進めようかと思ったら、またもや少しいい加減だが腕の立つ営業のオッサンの忘れ去られていた仕事をやらされる羽目になり、昼過ぎまでかかってしまった。

本当は昼間あたりに先週の金曜日に使いきった富士フィルムのプレミア400のカラーフィルムを現像に出しに店に行きたかったのだが、本来やらなければいけない仕事も進めないとマズいなぁと思い、3時間くらい集中して作業をすることができ、ある程度進めることができた。

夕方にもなると、さすがに集中力も切れて疲労も溜まってきたから、気分転換にカラーフィルムを店に出しに出掛けた。

早朝とは異なり、電気街は最悪な人だかりができ、中央通りの歩道は人がゴミのようにごった返していたから、中央通りから数本離れた空いている道路を歩きながら店舗へ向かった。ここでもレオタックスを持ち歩いていて、4,5ショット撮影をしたけどフィルムはまだ残っている。なんだか使っても減らないフィルムのような気はするが、フィルムカウンターはしっかり回っているしフィルム送りのノブも連動して動いているから、間違いなくフィルムはきちんと流れてセットされている様子。

明日は会社が休みだが、日曜日はもしかしたら秋葉原付近にくるかもしれないから、現像の仕上げを明後日にしてもらい、いくらか値引きをしてくれたようだ。当日仕上がりは高く、持ち込んだのが夕方だから、どちらにしても明日以降の渡しになるみたい。急いでいないから別に来週でも構わない。

会社へ戻り退勤時間30分前から、写真作品集「大島」のフィルムをスキャンした時に写り込んだホコリの除去作業なんかをすることにした。自宅のフィルムスキャナーの読み取り部分に、かなりのホコリが混入してしまい、ガラスを拭き取るのが困難で、毎回フィルムにホコリが張り付いた状態でスキャンをするから、ほとんどの作品に僅かなホコリが写り込んでしまっているという残念な結果。

なのでPhotoshopの修正パッチでホコリを消す作業をすることにしたが、全作品までは手が回らずに、残りの分は来週にでも会社で処理をして、大島の写真集を販売開始したいと思う。

夜も道路がガラ空きでストレスフリーで帰ってくることができた。こうなると平日も高速道路で大渋滞にでもなっていてくれた方が一般道がガラ空きになり、私としては大助かりだなぁとひねくれた事を考えてしまった。さすがにここ数日間、ずっと写真データをいじっていたから飽きてしまったのか、無性にEDMを作曲したくなってきたが、具体的にどうやって作曲するのかまではわかっていない。どうするんだ!?それならM:rderのイメージアルバムでも作るかなぁとも思っているのだが、これも収録する曲タイトルと曲数までは決めてあるのだが、肝心な音楽のイメージができあがっていないから、すぐに手を出すのも困難な状態になっており、なかなかの八方塞がり感がある。最悪は名探偵コナンでも見ながらシン・ストリートスナップ エピソード2でも編集していればいいのだが、さて明日から何の作業をすべきか・・・

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.