2022年05月ブログ ブログ

2022年5月12日 物事に集中できない

投稿日:

今日も平日なので、出勤日である。

先日にいただいた個人事業の仕事を午前中に9割程完了させることができた。

最後の詰めの部分で、やや苦戦を強いられたから続きは明日にすることにした。

この手のものは、時間を置くと冷静になり新たな視点で作業を終えることができるので、敢えて時間をおくことにした。

これでようやく、本来やらなければいけない仕事に取り掛かれるかと思ったら、頼りない年配の営業のオッサンからまたもや依頼がきた。

いやいや、いい加減にしましょうや。

内容をペラ見してみると30分もあれば終わりそうなのと、相互チェックをしたいという申し出であり、私に投げっぱなしの仕事ではなさそうだから仕方なく合力してやることにした。

さっさと、依頼された仕事を終わらせデータをUPすると、今度は数日前に終えたはずのお客さんから連絡が入り貰ったデータがおかしいと言ってきやがった。

ふざけんなよ、おかしいのはてめぇだ!と思ったが、流石に大人なので普通のテンションで対応して、一応確認をしてみると確かにお客さんの言う通りになっており、凡ミスをしていたみたいだ。

普段なら確認してからメールすることろを、恐らくはやっつけ感覚でさっさと終わらせて、本来やらなければいけない仕事に着手したいという焦りがミスを引き起こしたものと考えられる。

丁寧に謝りデータを修正してメールをするも、「これ数字違くね?」という連絡がまたもや入り、電卓で検算すると、確かに私が想定していた数値とは異なる数値が算出されていた。

重ね重ね申し訳ない。と、いうよりお客さんも無理を言っているのがわかっているのか、本来であれば怒鳴られてもおかしくないのだが、温厚な態度で接してくれたのである。

しかし、ここでそれがありがたいとか思ってしまってはいけない。

そもそも、こんな依頼を私にしてこないで自分でやれや!という返しが正解なのだが、そういう訳にもいかないのが現実なのである。

ようやく本来やらなければいけない仕事に着手しようと思ったら、私が関連している仕事の質問が他の社員からあがり、もうね、この社員が何を言っているのか理解できない状態に陥ってしまったみたい。

でも実は、この社員も自分で何を言っているのか、私にうまく説明ができていないのもあり、お互いが意味不明な言葉を交わすというカオスな状態を作り上げることができた。

第三者の社員が会話を聞いていたら、「こいつら何話ししてんねん!」ってなるくらい、お互いが訳のわからない会話をしていたに違いない。

私の回答も的ハズレな事を言っていたみたいで、「あ、それはわかってます」とか返されてしまい、いやーキミが何を言っているのか理解できんのだよと、いうより私が何を言っているのかがよくわからないが、その最新データはまだ登録していないような趣旨を伝えると、どうやらそれが答えで当っていたのか、もう話をしても意味がないと思ったのか、「それならいいんです。次の版で入りますかね?」と問われたから、とりあえず返事をしたが、この状況なので約束はできない旨も伝えておいた。

正直なところ、窓際社員の私が社内に居なくても、誰も困る人はいないと思うんだよな。

たまたま私がいるから、仕事を投げて自分の負担を軽くしようとしているとしか思えず、それにより本来やらなければいけない仕事が全く進んでいない状態。

私が作成しなければいけないデータが遅れれば遅れる程、困るのは営業とお客さんである。

お客さんには迷惑をかけるわけにはいかないから、なんとか間に合わせるようにはするが、営業としても最新データが入っていないのは、充分にマイナスな事なので、私の手を止めれば止める程、自分たちが不利になるのだが、そこに気付いているのかどうかはわからないが、土壇場になって大慌てして、「どうして終わってないんだ」と誰か言いにきそう。

今日あたりypadが自宅に届くから、来週からは完璧なタスクで作業を進めるが、正直なところ今週はもうダメだな。全く作業ができる環境ではない。

正直なところ、自宅で黙々と一人で作業を進めたいところである。

誰からも干渉されることなく作業ができれば、物凄い集中力でミスなく事を終える自信はあるのだが、恐らく大半の社会人の人は、私と同じような事を考えているのではないだろうか?と思っている。

窓際社員の私でも、思った通りには動けないのである。

どこかへ出かけるのは楽勝にできるのだが、どうしてもやらなければいけない仕事は着手させてくれないのが世の中の厳しさである。

窓際社員はまともに仕事をしてはいけないのかもしれないな。

昨日に電話がかかってきた個人事業のしつこいお客さんのインストールCDの件は、どうやらうまく終息しそうで、私がバックアップで取っておいた、お客さんのPCに入っているアプリからシリアルナンバーを調査して認証を切ることもでき、メーカーからインストールCDを貰うことができるようなので、どうしてもシリアルナンバーを調べてくれなんて無茶な事を言ってきていたのだが、それもクリアすることができた。

非常に嫌な予感がするのは、インストール時に「わからない」とか電話がかかってこなければいいのだが。

私は、そのアプリのメーカーの人じゃないからわからんよ。

そんなの「次へ」と「はい」だけクリックしてりゃインストールできんだろ?

頭の中が全く整理されておらず、このブログの文章もきっと昨日から、いや、もっと前からおかしな文になっているかもしれないが、多少のイライラも出てきたみたいで、何もかもが腹が立つような最悪の状態になってきた。

一回、やりたいこと、やらなければいけないことを全て頭から書き出して、一回全てを忘れる必要がありそうである。

何をするにも、ひとつの作業に全く集中できずに、頭のなかにあるやらなければいけない事とやりたい事の思考が浮遊していて、目の前の作業よりも頭の中にある思想に焦点が当たり、常に多くの事を考えてしまい思考が飛び飛びになっているような感じ。

心ここにあらずみたいな感じだろうか。

大昔にマスターしたGTDをもう一回、実践する時がきたのかもしれない。

少し前にも書いたが、GTD戦略で頭の中を空っぽにしないとヤバそうな気がする。

自宅へ帰った後も運動をする気力満々で、ルーティン運動からのFitBoxing2のデイリーのトレーニングを30分間こなすことができた。

昨日のプレイで少し筋肉痛になっていたが、明日は確実に筋肉痛が悪化しているだろうなと予感せざるを得ない両腕のダルさを感じたが、これで週2回は最低でもFitBoxing2をプレイするという行動目標を達成することができた。

このままめげずに毎日運動できれば、今週の運動部門の目標をパーフェクトで達成することができるのである。

頭の中身を全て出して整理することも必要だが、身体を動かすことも重要であり、身体が動くことを求めているのかもしれないな。

あ、そうそう。

ypadが自宅に届いていて、久しぶりにページをペラペラめくってみると、昔のトラウマのせいか吐き気を覚えたね(笑)

確実に身体と精神が拒否しているのがわかるくらい、とてもわかりやすく拒絶反応が出たね。

今日は、なにも書いていないけど覚悟を決めてペンを入れるしかないだろうな。

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.