2022年05月ブログ ブログ

2022年5月16日 やはり落ち着きがないなぁ

投稿日:

今日は月曜日なので会社へ出勤である。

朝から雨が降っていて自転車どころではないから、いつも通り車で出社をすることにした。

運転中には相変わらずネタを色々と模索したりしているんだけど、どうも下らないことしか思い付かないのだが、そもそもネタ切れの時というのは、くだらないアイデアしか出てこないからネタ切れが続くのであり、要するにスランプというような状態なのかもしれない。

M:rderの曲作りが全く進んでいないのに、浅中杉太郎シリーズを書き出したくて仕方がないのだが、数日前にまずはトリックから!なんて書いたのだが、肝心のトリックが全く出てこない。

目新しいようなトリックを考えると、不思議なことに私の脳裏には古畑任三郎と33分探偵と金田一しか浮かばず、その辺りの思考だと間違いなくパクりになるやないかーい!

絶対に新しい変なプロットからオリジナルのトリックを考える方針。どこかで見たようなトリックを使うくらいなら、どんなに下らなくてもいいからオリジナルのトリックを使いたい。

なにかで見たことがあるのだが、化学反応というか知識がないとわからないようなトリックも使いたくないな。何だったかなぁ?何かの漫画かドラマで、化学反応を利用したトリックがあったような気がしたんだよな。こんなの知識のない人には絶対わからんやん!ボケが!なんて思った記憶があるんだけど、作った人は恐らく、そこを狙ったのではないだろうか?と思った。

「こんなんわかるか!ボケが!」とファイターズヒストリーダイナマイトに出てくる溝口のような口の悪さで文句を言う姿を想像して、ほくそ笑みながら創作したのではないだろうか?なんて思ってしまった。多分、間違えていないと思うんだけどな。

少し前から、ひとつの事を深く考える事ができなくなっていたんだけど、私の思考が散らかっていているのが問題ではないだろうか?と思って、頭のなかにあるやりたい事とかやらなければいけない事なんかを全部紙に書き出して、一回頭を空っぽにしてみた。

そんな簡単に頭を空にできるかよ!と思うかもしれないが、そこは思い込みでどうにでもなるのである。そもそも頭のなかは空っぽなのだが、余計な思考をしないように、忘れたら大変だ!という概念を捨てるために、全てを紙に書き出して何も考えないようにしてみた。

すると、少し頭に余裕ができたのか、ひとつの物事にたいして深く思考してみようという考えが浮かび、要するにマインドマップで、ひとつの物事にたいして思考を深めて、そのやるべき事、やりたい事を深堀りしてみようという気になった。

私は非常に不器用なので、こうしてひとつひとつ切り崩しながらでないと、すぐに混乱状態に陥ってしまうのだが、普通の人は恐らくは頭のなかで綺麗に整理できているのだろう。

私の場合は、すぐに他に思考が移ってしまい、現在進めている事にたいして上の空みたいな、全く深堀りせずに作業を進めてしまうことが非常に悩ましいところだったんだけど、とりあえず多少は状況を打破できそう。やってみてダメなら、また考えるかというくらいラフにいきたいと思う。

会社に到着してからは、いつもの通り手帳整理に力をいれることにした。月曜日なので先週の振り返りからの今週の目標設定が非常に大切なのである。

そして、今週の行動目標を決めたら、1日に何回か確認をしてしっかり決めた方向へ進むという認識をして、結果を出すというプロセス。

そうでないと、せっかく手帳をつけているのに、手帳をつけている意味がなくなってしまい、単なる時間の浪費になりかねないから、手帳はしっかり管理しようと思っている。

先週は珍しく、ほぼ行動目標をクリアすることができた。FitBoxing2も週3回できたし、土曜日だけは運動が弱かったが、それ以外の日はルーティン運動をしっかりこなすことができた。

仕事も邪魔タスクを全て終わらせ、金曜日の夕方にはなってしまったが、ほんらいやらなければいけない仕事を少し進めることができた。

何重にもガードされたATフィールドを破り裂いて、ようやく本体に一撃入れられた気分。

蹴り返されて反撃されちゃたりするんだろうけど。

とか思っていたら、本当に反撃というか、どれだけ私に本来やらなければいけない仕事をやらせまいとブロックする謎の軍団がいるらしく、私が専任している会社のお客さんから要らぬ依頼が2案件と、これまた私が専任している会社のお客さんから、なぜに今のタイミングに連絡を?と思うような仕事依頼が舞い込み、両方合わせても3時間あれば終えられるような軽量タスクではあるのだが、ypadで計画を立て終えて、これから本来やらなければいけない仕事をやろう!と意気込んだタイミングで2社ほぼ同時に連絡よこすなよ!

こりゃあ、もう今日も全く作業ができないというか、ypadに折角書いたのに、やる前から頓挫するのか?もう、この作業は夜中にでもやって昼間はスマホの電源を落として寝るしかないのだろうか?と本気で考えたくらい。

もう、いいや!このデータが完成しなくて困るのはお客さんと営業の人たちだ。私にポイポイポイポイポイポイ何でもかんでも窓際社員だと思って依頼を寄越す方が悪い。

なので、作らないという選択も頭に残しながら、諦め気分で2社分の依頼をこなした。

どうせ、また電話が来たり営業から依頼があるんだろ?どうせ邪魔されるから作業はやらんよ!

私に絶対に作業させない力は、そういう人間の諦めを眺めて腹を抱えて笑っているのだろう。

そう考えると、なにかどうせまた邪魔されるからやらない姿を見て、こいつバカだ!とか大笑いしていると予測して、このタイミングでは私に無駄な時間を過ごさせるための罠だろうと考えて、逆に作業をすることにした。

こんな思考をしているが、私は酒を飲んではいないしドラッグもやっていない。これが私の正常な思考なのだが、大昔から、自分の考えた通りの行動ができないと、こうやって何者かの仕業にして、責任転嫁をする癖がある。

学生の頃、初めて空手道場へ向かった時にも、傘を持たない私の真上だけ大雨が降り、私に空手をやらせまいとしての嫌がらせだろうと思った。しかし、逆に雨を降らしている奴の思い通りにはさせん!と思って、ズブ濡れのまま意地で空手道場へ向かった記憶は今でも覚えているな。で、強くなって雨を降らしたクソ野郎をブチ殺してやるくらいの憎しみの感情を抱いていたな。愚かな話だ。

重要な事だから、もう一回書いておくけど、私は酒を飲んではいないしドラッグもやってない。

予想通り、昼過ぎから夕方まで何も起こらずに、本来やらなければいけない仕事を進めることができた。夕方になると集中力が切れてしまうので、今日発売のモノクロの本を3000円も出して購入。

悩みごとは多いのだが、その多く抱える悩みのひとつに、私が撮影するモノクロ写真のスタイルが確立していないのが悩みなのである。

StreetSnapperGR3シリーズを通してみると、その時のGR3の設定によって、色の作風がバラバラなのである。当然だが構図は基本的に変わらないのだが、どうも色がわからない。

森山大道氏のようなハードモノクロっぽかったり、水で薄めすぎたアイスコーヒーのような色の薄さだったり。作品に意図があって、敢えて使い分けているなら問題ないと思っているのだが、統一感というか、これが私のモノクロだ!というのが無くて困っている。

OVAの餓狼伝説2で例えるなら、アンディボガード的な立場。

脚が地に着いていないフラフラした感じなんだけど、舞とイチャつけるならフラフラしててもいいやとか当時思った記憶あるな。

帰りにかつ屋へ立ち寄り、期間限定の大人様ランチを食べてみた。めちゃくちゃうまいんだけど、量が多いかなぁ。すげーお腹いっぱいになったのはいいんだけど、最近食べ過ぎて体重が増えているから、また食事に気を使う必要がありそうだ。

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.