2022年05月ブログ ブログ

2022年5月20日 予定になかったソフト買った

投稿日:

今日は車通勤。

相変わらず、浅中杉太郎の小説ネタを考えたり、音楽で何か良いアイデアはないものかと考えながら通勤をして、浅中杉太郎シリーズでひとつ、少しだけ具体案が出た感じ。

たいしたアイデアでなくてもいいから、とにかくトラベラーズノートのポケットサイズ手帳にアイデアを書き溜めていけば、そのうち1作品を書き上げられるだけのネタになるに違いないと、小銭を貯蓄するかのごとく、チビチビとアイデアを溜める作戦。

まるで議員が登壇するまでに牛歩の如く進む様のようにも思えるが、そうではなくてむしろ、今は無きパチスロ台のストック機のような感じでストックを貯めてるモード。

私は、ある程度の不測の事態を想定して、出社時間を本来の1時間30分くらい早めて自宅を出ている。

私のような窓際社員が遅刻しようが、周りは誰も気に留めないし給料が減額されることもないのだが、最低限のことはやっておくべきだし、私自身ももっとダメな人間になってしまうから社会的ルールは守るようにしている。

稀に上野の高島屋付近が通行止めになることがあるのだが、どうやらトラックが老人を轢き逃げしたらしく、朝から大渋滞にハマってしまった。大規模に道路を全面封鎖して、パトカーやら白バイが族車のような横暴な停め方をしていて、特攻の拓かよ!と思わずツッコミをいれたくなったが、警察官にそんな事を言っても不審人物だとマークされそう。

かなり早い時間に自宅を出たにも関わらず、会社に到着したのは始業時間の10分前でギリギリ遅刻せずに済んだ。世間一般の人も、いつもの通勤時間を1時30分早めると、心に余裕ができるし多少の事があっても時間に間に合うし、無理に急いで事故る率も低くなるし、良いこと尽くしなんだけどギリギリで動く人が多いようだ。

今日は朝から、営業の腕は立つがややダラしない営業のオッサンと一緒に新宿で仕事の予定が入っており、9時過ぎくらいに会社を一緒に出たが、高島屋付近はまだ封鎖されていた。

午前中にトラブル無く仕事を終え、今思うと中野にでも行って写真でも撮影しておけばよかったなとか思うのだが、営業のオッサンは川崎に次の仕事に向かい、私は電車で上野まで戻り、喫茶店で昼食を取りながら浅中杉太郎シリーズのアイデア出しと、新しいアイデアの構想を深堀りした。とりあえず、1つの話は書けそうなくらいまで煮詰めることはできた。

以前にも少し書いたかもしれないが、浅中杉太郎シリーズはネタも無いが5作品で構成すると断言している。それ以下もそれ以上もない。そして、全話が短編扱いで1作品が約5~7万文字程度で、1冊に3話くらい詰め込む予定。1冊で約20万文字前後になるくらいのボリュームで書き上げる想定で構想を練っている。仮に3話で組んでいくとしても、全15作品は書き上げる必要があり、現状のアイデアというか構想では、まだ3話分しか書き上げる事ができず、残り12話分のトリックやら構想を考えなければいけない状況。もちろん一気に書き上げることは難しいから、数年に渡って5作品をチビチビと出版していく予定ではあるが、恐らくは1年に1札ペースくらいになるのではないだろうか?という想定はたてている。

このシリーズのウリというかメインは、窓際刑事のマニアックさが際立った作品に仕上げるというのが肝になっていて、前作の短編集に収録した初出し作品ではカメラが関わった超絶マニアックな内容になっている。なので、マニアックなジャンルが舞台となる必要があり、それらのジャンルの拾い出しも重要な思考になっている。

喫茶店でゆっくりと思考を終え、夕方前に会社へ戻り複数件の雑務処理をこなしながら、朝から気になっていた、版権買いまくりのSOURCENEXTから期間限定でプライスダウンしているWindows用のDTMソフトを購入するかどうか悩み続け、結局は購入することにした。

Music Maker2022Premiumというソフトで、かなり老舗のメーカーが作っているDTMソフトのようだが、今まで聞いたことがない。か、視界に入っていたことがあっても定価が1万5千円という、超絶に使えるか使えないかの瀬戸際の値段設定に無視をしていたのかもしれない。それが期間限定で3980円で販売されているのである。かなり悩んだね。

自動作曲を得意とするソフトらしいが、コード進行は確認できそうにない。そして、プリインストールされているループ音源を組み合わせた自動作曲になるらしい。プラグインも多少は入っているみたい。プリインストールされているループ音源を使って作曲したデータは商用利用できず、別途に販売権を購入しないといけないらしい。しかし、これから一回も作曲したことがないEDM系の作曲をしてみたいと思っていたのと、自動作曲はメモというかアイデアに使えそうなのと、ループ音源を自分で繋げて雰囲気のメモをしたりと、何かと使えるのではないだろうか?

でも、それくらいのことはLogic Pro X でもループ音源多く入っているし別途に購入する必要もないのだが、自動作曲機能に優れているような事が書かれているのが気になる。初心者にも上級者にも満足してお使いいただける・・・幅広すぎて本当かな?と疑うレベルだが、3980円という値段で文句をつける方がナンセンスであり、むしろ定価で購入したとしても1万5千円で買えるソフトに多大な期待を寄せる方が間違っているという思考もあり、色々と調べてみると4980円でセールをしている時も多いらしいが3980円は初くらいの事が書いてあった。

仮に使えなかったとしても4000円なら仕方がないかという気持ちで購入し、会社のノートパソコンにインストールすることにした。1ライセンスで2台のPCまで使うことができるらしいが、自宅のディスクトップPCに入れる気にはならないから、当面は会社のノートパソコンで運用してみようと思う。

今日はあまり時間がなかったから、自動作曲なるものは使っていないのだが、とりわけ気になったのは録音機能の方で、早速AKAIのapc key25を取り付けて適当に弾いてみると問題なくトラックへリアルタイム録音をすることができた。値段が値段だから仕方がないが、プラグインが4個くらいしか登録されていなくて、ドラムとピアノはなんとかしまっせ!という非力な音作りしかできないのが残念。

今日は30分くらいしかいじれなかったから、また時間があるときにでも色々と試してみたいと思う。

帰宅後に自宅で色々と試してみたかったが、どうも週末になると疲れが溜まっているのか、夜食後に究極に眠たくなり、目を開けているのも難しいくらいの睡魔に襲われることが多々あり、年齢のせいなのか身体が弱っているのかわからないが、運動をすることすら困難な睡魔に襲われ、気絶したかのように寝てしまうのが悩みである。

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.