2022年05月ブログ ブログ

2022年5月22日 TAMOROCK2022解禁

投稿日:

今日は日曜日で会社は休みだが、相変わらずの朝5時起床。

土曜日とは異なり、部屋全体の掃除をやらない分、時間の確保ができてうれしい限りである。

当たり前のように手帳整理からの写真整理といくべきなのだが、昨日は買い物しに外出したくらいだから全く写真を撮影していないというレアな日である。

数日前に読もうと思ったら睡魔に襲われて全く読めなかったモノクロの本を少し読んだり、kindleストアを漁ったりなんだりした。

そうそう、今日は先日よりも、もっと酷くて一歩も外に出なかった。

前日に作ったカレーが超絶余っていて、正直なところ4日間は夜食がカレーになるくらい作ったから、夜食の買い出しに行く必要がないのである。

あ、でも朝食の買い出しだけは外に出たか。

昼食は自宅にあるお菓子なんかを食べたが、ほとんどの時間を作曲に割り当てていたから、作曲作業をしながら食べるという、ながら食事をしてしまった。

一番よくない食事法であり、ながら食事+お菓子という絶大にやってはいけない食事法である。

こんなのを繰り返していたら間違いなく病気になってしまうだろう。

シン・ストリートスナップの写真編集の続きも気にはなったが、何よりも作曲したくなったから、やりたいことをやる!というストレスフリーな方針に従い、今日は思うまま作曲作業に打ち込むことができた。

現在、音楽プロジェクトとしては3個あって、M:rderの小説のイメージアルバム製作、タモロックのミニアルバム「Cycle」、それとEDMまがいをたくさん作って寄せ集めて、おまけでノンストップCDも作ったアルバムがあり、その時のタイミングや気分で、どれを作ろうかなんてやってきたけど、EDMまがいのアルバムは今までと勝手が違いすぎてスムーズに作曲が進まず。

M:rderも収録曲全部のタイトルを決めて、そのうちの1曲を手掛けたが全体数が多すぎるため、テンションが続かず放置、今回、セール中だったDTMのプラグインを購入した事で、とにかく使ってみたいと思い、今までと同じパターンで作曲できるタモロックのミニアルバムから手をつけることにした。

全部で3曲構成でタイトルも決まってるし。

でも、全曲、歌詞が全く浮かばないのと、どうしても作りたいメロディラインもないから、いつも通りにサイトも参考にしながら適当にコード進行を作り、そのコードにあった適当なメロディを当てはめていき、微調整しながらそれとなく聞こえるようなメロディへ整形するというやり方。

タモロックは、ドラムとベースとギター(曲によってはリードとリズム分ける)と、たまにキーボードというシンプルバンド形式で構成されているから、非常に作りやすいのである。

メロディがだいたい決まってきたら、ドラムを適当に入れて盛り上げ部分とか、曲全体のノリを作り、次にドラムのリズムを考慮しながら、コードに合った適当なベースラインを打ち込んでいき、ドラムンベースが完成したら、そこからギターのリフやらメロディアスなリードを考えたり、これはギターじゃなくてキーボードの方がいいと思えば、リードギター部分をキーボードに置き換えたりして作曲を進めている。

で、今回は、最後の最後にボーカルのメロディラインに合うように、無理矢理、歌詞を考えて音符に当て込むという技を使わざるをえない感じだな。

もちろん、先に歌詞やらサビのメロディが浮かんでいたりする時もあるし、どうしても、この歌詞は入れたい!というところから曲を作ったりすることもあるんだけど、今回は漠然と自転車が主題のミニアルバム作ったら面白いだろうし、テーマがしっかりしているから良い!なんて思想から、思い付きで企画を作ったミニアルバム。

車を運転している人からすると、車道の端を走っているロードバイクやらマウンテンバイクが邪魔で仕方がないという気持ちはわからんでもないが、もちろん交通ルールをきちんと守ったうえでの、ロードバイクに乗っている時の爽快感や、マウンテンバイクの冒険感、BMXの遊び心なんかを伝えられたらなぁと思ったのも本音であり、自転車の楽しさが伝わるような曲にしようと思っている。

でも、ジャンルはハードロックだから歌詞が伝わるかどうかは、あなた次第という投げっぷりではあるが、楽しみながら誰が聞いても楽しめる曲に仕上げていきたいという野望はある。

久しぶりの作曲活動と、久しぶりにやりたいという強い気持ちのおかげか、午後から夜まで集中して作業ができたせいか、曲全体のコード進行から、ドラムとベースを作り込み、メロディラインもそれとなく聞こえるようなベースとなる音符作りをして、ギターもサビ部分のリフまで作ることができた。

BPMは150で今までのタモロックよりは、やや遅いスピードではあるが、ノリはいい感じになったのではないだろうかと思っている。

ドラムとベースは、もう手を入れるようなところはないんじゃないかな?くらいにできあがり、ボーカルのメロディラインは、もう少し手を入れる予定。歌詞が決まっていないから、とにかくメロディが合うように微調整が必要だな。

オープニングのギターリフは残念ながら何も浮かばなかった。

このままチビチビと作業を進めて、半年後には特典のタモロック復活記念オリジナルステッカーを同封したミニアルバムを販売開始できればいいなぁと思っている。

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.