2022年05月ブログ ブログ

2022年5月24日 コロナワクチン接種休暇

投稿日:

今日は火曜日で本来であれば出社しなければいけない日ではあるのだが、今日は以前から予約をしておいた3回目の中国武漢市発の新型コロナウィルスのコロナワクチンの接種日である。

事前準備やら接種後の安静を確保するために会社が休みになるという政府のありがたい方針。

これが昭和の時代であれば、バカか?コロナくれぇで会社休んでんじゃねぇ!そんなに休みたけりゃ一生休んでろや、このボケ!という言葉の暴力を存分に浴びせられ、とても嫌な気分にさせられるのが、今までの私が勤めている会社の実情。

でも数年前から突如、ホワイト企業になり、まるでオセロみたいだななんて思うくらい掌を返しやがって、今では有給休暇は普通にとれるし、コロナワクチン休暇もとれるし、ワクチンの副反応で会社を休む事も怒鳴られることなくとることができるのである。

以前にも書いたかもしれないが、インフルエンザに感染しても会社を休む事ができず、無理に会社に来てやったら、アホだから他の社員2人がインフルエンザに感染して営業2人が会社を休むという事態に陥った。あれ?休めるじゃん?って、怒鳴られても無視して会社に来なければいいらしいのだが、私は真面目だから、不条理に怒鳴られて「バカか!熱が出たくらいで会社休むなボケ、バカ!」と怒鳴られたら、「じゃあ帰りませんよ!」となって、指が一本でも動くものなら何が何でも会社へ行くという、昭和初期、いや戦時中くらいの根性を見せて会社へ行ったものだが、今はそんな状況はない。

そうでもしないと若い社員やら中途採用で誰も来てくれないらしい。

なので、もし昔の状態であれば、私がコロナウィルスに感染したとしても会社へ行っていたね。

「帰れ!バカ!」とか社長に言われても、死んでも帰らない、むしろそのまま会社で死んでも構わんという根性で会社に居続けるだろうな。

インフルエンザの時も、頭がボーッとしていたから仕事はせずに(できない)ネットで情報収集をしていたくらいで、会社に来れば給料がもらえるんだ!と勘違いをしていたくらい。とりあえず学校へ行けば単位がもらえる感覚だったかな。

自宅から自転車で10分くらいにあるクリニックで16時から接種の予約をしているから、時間的余裕があり、いつも通り朝5時起床からの朝食をとり、シン・ストリートスナップ03の編集の続きの作業を、Fire HD10でコナンを見ながら、午前中はずっとPCで作業をしていた。

おかげで、ようやくシン・ストリートスナップ03の編集を終えることができ、いつものようにBASEで販売開始をすることができた。07までストックがあるから、これでようやく半分の出版ができたかな~?といった感じ。

午後から昼食を簡単にとり、コロナワクチン接種後は運動ができないくなるから、接種前にルーティン運動を行い、FitBoxing2を30分プレイしてから風呂に入り、自宅近所のクリニックへワクチン接種を受けに行った。

1回目は全く痛くなく、副反応は少しだけ熱が出たかな?といったくらい。

2回目はもの凄く痛くて、副反応は少しだけ熱が出たかな?といったくらい。

そして、3 回目はたいして痛くはなかった。前回、前々回と同じように筋肉痛になったような痛みが多少あるが、こんなのは痛みには入らず、変な反応も起こさず問題はないようだ。

筋肉痛くらいであれば、むしろ気持ちがいいくらい。もの凄く強い空手家の正拳突きを受け流し損ねて、腕でガードしちゃった時みたいな痛みには強いのである。刃物が刺さるような痛みには弱い。

ワクチン接種後もピンピンしていたけど、夕飯を作るのは面倒になってしまい、スシローで格安寿司を食べた。たまに食べに来るのだが、その時のタイミングによってネタがショボかったり、よかったりしているイメージがあるな。値段を考えると仕方がないんだけど、一時はマグロが薄すぎて、シャリが半透明で見えてたりしていたが、ここ最近は厚みもあって美味しかったな。鉄火巻きのマグロが筋だらけで、余った端材で作ったな!とか思ってしまうが、値段を考えたら仕方がないだろう。美味しい寿司を食べたければ、それなりにお金のかかる店へ行くべきであるが、そんなに食にこだわりがないから、健康を考えなければ毎日、牛丼でも構わないと思っている。

現に3日連続でカレーを食べたが、今日もカレーを食べれるし飽きてもいない。

夜食後に、タモロックの作曲の続きでもしようかと思ったのだが、やはり睡魔に襲われて、うたた寝をしてしまった。どうしてここ最近、夜食を終えた後に激しい睡魔に襲われるのだろうか?疲れているのか、そういう体質になってしまったのかはわからないが、思った通りに動けないのはストレスになるな。とはいえ、どっちにしてもネタがないから、ギターでコード進行通りにジャカジャカ弾いてみて、おっ!これは!と思うようなリフやらメロディを探る作業が必要だから、パソコンで音符を見るよりも、ギターを手にとってジャカジャカ適当に弾く方が先決かもしれないな。

DTM環境だと、全体を通してリードやらリズムの流れを確認しながら作曲できるのは強みかな。手元のギターでジャカジャカやってると、そのパートしか考えることができず、当て込んでみると全体的にバランスが悪かったりすることは多々ある。せっかく思い付いたフレーズはもったいないから、そのままLogic Pro Xへ録音しておき、リフアイデアフォルダへ置いておくのだが、今のところ、アイデアで出したリフの存在をすっかり忘れていることが多く、いざとなるとギターを手にとりジャカジャカ弾きながらアイデア作りをしてしまうという無意味フォルダになっている。

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.