2022年05月ブログ ブログ

2022年5月25日 久しぶりのLIVE使用

投稿日:

さて、ここ最近はシン・ストリートスナップの写真編集の時間を確保できたり、タモロックの作曲活動を進めることができたり、余計な出費ではあるが今よりも作曲が一段と楽しめそうなセールのソフトを2本も購入してしまうという大富豪ぶり。

そして、本来やらなければいけない仕事の最低限の部分も終わらせ、群がるように集まってくる雑魚タスクもとりあえずは捌いて、ここ最近は運動も毎日できているし、最低でも週2回はプレイしようと週の行動目標にいれてあるニテンドーSwitchのFit Boxing2も行動目標通りにできているという絶好調ぶり。

身の回りの整理整頓や靴磨き、身なりなんかも気を遣ってうまく行動できているように思える。これでこそ、毎日時間を割いて書いては確認を繰り返している手帳の効果が発揮されているのではないだろうか?

作曲活動するにあたり、新しいM1チップを積んだimacが欲しくなったり、激安中華スマホのスペックに耐えきれずに新しいスマホに機種変更したくなったりもしたが、これも手帳にしつこく書いている事なのだが、とにかく今ある環境を最大限に活かして、モノを有効活用するという大前提を作った。

するとどうだろうか。

今まであれば、古い機種は捨てるか人にあげてしまい、無駄な出費を繰り返していたが、imac2011モデルにMacBookAir2011モデルと15年前くらいに購入したWindows XPがインストールされているレッツノートをパクったような形をしているNECのノートパソコンで作曲作業をする気になった。正直なところipadも持て余し気味だったが、多くのDTMソフトを購入していて(セールの時のみ)もったいないなぁと思ってはいたのだが、これも有効活用することができている。

今までのタモロックの作曲活動のなかで、キーボード(鍵盤)はKompleteのS49ばかり使っていて、AKAIのapc key25のキーボードを全く使わなくなってしまい、もったいないなぁと思っていたが、思い出したように大昔に購入したAbletonのLIVEも使って作曲してみたらどうだろう?という考えをすることができるようになった。このソフト、使い方が難しく、以前は使いこなすことができずに、結局はSinger Song WriterとLogic Pro Xのみで作曲していたんだけど、タモロック以外にもM:rderのいメージソングアルバムの制作やら、EDMっぽい曲のアルバムの制作の時には役立つのではないだろうか?

さらに無駄なことに、Liveを使って作曲するぜぇ!ウェーイ!とかやっていた時に、格好つけてLaunchpadも購入していたのだが、Liveを使いこなせない私にLaunchpadを使いこなせるわけもなく、ほぼ使っていない状態で放置され、今では物置箱に突っ込まれてしまっているような状態。これではLaunchpadも浮かばれまい。

なので、新しいものを導入するという考えを一切捨て、過去に購入して全く使っていないソフトやらアイテムを駆使して作曲作業を進める方針をとるようにして、久しぶりにAbletonのLiveを起動してみたら、問題なく起動するじゃないか。これはイケる!

さらにKindleストアの読み放題サービスにLiveの解説が書かれた本もあり、これを読みながら、もう一回基礎からやり直してEDM臭い曲を作ったり、なんならタモロックの曲の飛び道具的な音作りをしてみてもいいなぁという幻想を持ち始めた。

DTMソフトには各々の得手不得手があり、Liveは和音入力もできるのだが、操作が難しいのと作った後の確認もわかりにくく、コード進行でサクサク曲を作るのは、Singer Song Writerが一番使いやすい。Liveはどちらかというと、バンド曲というよりはオムニバス系の曲作りに特化してるんじゃないだろうか?と思っており、それこそEDM的な曲作りに向いているかなぁ?と思っている。

どのDTMソフトでもいいんだけど、ほぼ完成に近づけた曲を書き出して、最終的にはLogic Pro Xで調整をしてマスタリングするような流れをとっている。

それにしても久しぶりに起動したLiveは特にプラグインをダウンロードしたり音を追加しておらず、デフォルトの状態での使用になるから、なんだか音数が少なく感じる気がしなくもないが、デフォルトの音源だけでも使いこなすことができないから、そんな私には丁度いいだろう。AbletonのLiveはAKAIのapc key25と相性抜群であり、全部のキーを割り当てて使うことができるのである。そうと知って購入したわけだが、以前はソフトを使いこなすことができずに無駄に長年放置する羽目になってしまった訳でもあり、今回こそは今持っているガジェットを使いこなして、もう一段上の作曲をしてみたいものである。

そんな意気込みではあったのだが、Kindle書籍のLiveの本を読みながら進めてみるが、ちょっとイマイチよく理解できない部分が多く、その原因となっているのはLiveの独特の画面構成にあるのではないだろうか?と思った。直感的ではないというかシステムチックというか。

今日は基本的な使い方を少しだけ学び直しただけで作曲作業はできていないが、こういう時間も悪くはないし必要であろう。それに、今はタモロックのミニアルバムの制作を優先しているから、どちらかというと特典のタモロックステッカー、略してタモステのデザインを考えたり、歌詞カードやらパッケージのデザインを考える方が先決なのかもしれないな。曲は全然できあがっていないが(笑)。

あ、そうそう。

昨日、打った3回目の新型コロナワクチン接種の副反応は全くなく、熱が出た感じも全くなく苦しまずには済んだのだが、本当に効果があるのだろうか?と疑いたくなるくらい、何ともなかった。

1回目も2回目もたいした副作用はなかったのだが、一時的に熱っぽかったりはしたんだけど、今回の3回目は無反応で逆に不安になる。腕も、一時的に筋肉痛のような痛みはあったが、半日もせずに正常に戻った。どちらにしても、コロナに感染するような場所へ行かなければいいだけの話だったりする。

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.