2022年05月ブログ ブログ

2022年5月29日 久しぶりの作曲で難儀する

投稿日:

今日は日曜日で会社は休みである。

いつもながらの朝5時起床をしたが、朝5時にも関わらず昼間のような陽のあがり方をしていて、今日は一日とても猛暑日になるだろうと容易に想像がつく。

昨日に、久しぶりに(三原山以降使った記憶がない)Leica M-Dで撮影したDNGファイルをPhotoshopでRAW現像してみた。スマホの測光アプリでシャッタースピードをマニュアルで設定しながらの撮影なので、9割以上の写真の露出は適正値になっており、Summilux35mmF1.4 2ndの独特の雰囲気の写真が一覧表示された。

昨日は、ISO200でF1.4の開放もしくはF1.8の絶妙な滲みが出る付近で撮影しており、F2.0まで絞ってしまうと独特の滲みは失われてしまう。ゴリゴリの高解像度の写真を撮影する人にとっては、許しがたい作風ではあるだろうけど、オールドレンズ好きだったりフィルム寄りの写真が好きな人だったり、ピントに芯はあるけどふわっとした掴み所のない作風好きにはたまらない画風。

L39マウントのSummarでも、開放で撮影するとある程度は滲むのだが、それとはまた異なった何とも表現し難い、絹でも纏ったようなそんな作品。Summarよりも酷いがThambarよりかは大人しい。

Thambarといえば木村伊兵衛だが、Thambarを売ってしまう話は好きだったりする。ポートレート撮影をするにはうってつけの焦点距離だけど、開放で使う勇気はないかな。使ってみたいけど高すぎて買う気がしないよ。

いつも通り朝食の材料の買い出しからの朝食作り。食後には、先日サボってやらなかった部屋全体の掃除を行うことができた。やり始めるまでに結構ダルくて、どうもここ最近は気合いが抜けているみたい。夕食を終えた直後から激しい睡魔に教われてソファーでうたた寝してしまう事も多いし、ちょっと気が抜けて平和ボケしてるんじゃないんですかね?

中国武漢市発の新型コロナウィルスが市中感染してからというもの、サバゲーへ行けなくなってしまったり、トレイルランの大会に出場しなくなってしまったり、フルマラソンの大会やらロードバイクの大会なんかに出場しなくなってしまったのが気が抜けている要因ではないだろうか?という自分への甘さを誤魔化すための言い訳。

そんな思考をする暇があったら身体を動かせや!という昭和のノリで掃除を終えることができた。動き出すまでが面倒であり、ある程度進めると、今度は終わらせないといけないという使命感が出てきて後戻りもできないし、ある種の諦め状態になり運がいいとノリノリで掃除をすることができるのだが、今日はあまり気が進まなかったな。キチンと終わらせられたけど。

タモロックの新曲「BMX」の作曲作業の続きを行うことにした。シン・ストリートスナップ04の続きも気になったが、なかなかキリがないのと数日前に集中して作業していたせいか、あまり気乗りせず、それならタモロックの作曲作業も今週に進める予定を組んでいたから、作曲作業を行うことにした。

前回までの作業で、ドラムとベースは仕上げて、ボーカルも一通りいれてはいるが手直しというか、全体的に再調整が必要な状態。それとギターのサビ部分のリフはできたが、それ以外のギターパートが埋まっていない状態。まずは、インパクトのあるオープニングのギターパートを適当にコード弾きしたり、メロディアスな聞こえのいい感じのものができないかなー?なんて思いながらギターを弾いたり、音符を直接入力したりしてリフなんかを探るも、「これだ!」という案が全く出てこない。

どうも調子が悪いのか、AメロやBメロも決定打は出なかったが、この辺りは無難なパターンで、「ダーン、ジャッココッ コココッ」くらいのリズムでサビ直前まで持っていく感じかなぁ?

小説でも音楽でも同じだけど、案が出ない時は何をやってもいい案が出る確率は低く、むしろ非常に調子のいい時は、脳から溢れ出る勢いでボロボロといい案が涌き出ることがあるから、今日は長丁場はせずに、気持ちが晴れない状態で作曲作業を終わらせた。これを書いた時点で思い出したのだが、ギターのエフェクトを変更してみてもよかったのかもしれない。どっちにしても、リフ出しだったからPCにも繋げずに生弾きだったが、こういうちょっとした音確認じゃないけど、手軽にエフェクターを通した音を出したいときにipadやらiiphoneを重宝する。

かなり古いirigを持っており、イヤホンジャックを使った接続をする急型なので、最新の機種には使えないかもしれないが、amplitubeだったりエフェクターアプリが多く存在しており、この点ではAndroidよりiosの方がかなり有利に音楽活動を進めることができるのである。

午後過ぎから、手詰まりになってしまったから、またもやLeica M3に赤Elmarを取り付け、浅草を散歩することにした。天気がいいせいか、人が多かったが、人ごみを利用したスナップなんかを多く撮影することができ、フィルムを一本使いきった。

今日は天気がとてもよかったから、ISO50のフィルムに開放でF3.5の赤Elmarでもイケると読んでの装備だったが、全部開放で撮影することができた。開放を使うことがいいとは言わないが絞っても、あまり面白くないから撮影するなら極力、開放で撮影する派である。

帰宅後、夕食をとった後に今日も激しい睡魔が襲うも、ルーティン運動をこなすことができ、現像でもしようかなーなんて思っていたが、気づくとうたた寝している状態。「活動限界越えました」というエヴァンゲリオンに出てくるマヤの声が聞こえたような気がしたが、恐らくは幻聴だろう。

風呂には入れたが、うたた寝している時間がもったいないよな。もっと時間を有効活用したいものである。

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.