2022年05月ブログ ブログ

2022年5月30日 auで盛大につかまる

投稿日:

タイトルから察するに万びき犯で捕まるとかではなくて、単に若い男性店員の話につかまるといったオチ。もし、私が警察に捕まることがあるのだとすると、それは正当防衛が過剰防衛になった時くらいではないだろうか?と思っているのだが、そうならないように願うばかりである。

珍しく、自分の作品の宣伝をしてみるが、上記の件は私がKidnle書籍で販売している「時代錯誤?自分の身は自分で守れ!今を生き抜く10のヒント」という本を読むといいだろう。部屋に閉じ籠り、窓や扉をアルミホイルで隙間なく目張りするような怪しい本ではないという事だけは記しておくが、決してクスリをやっていてトリップした時に書いた本じゃねぇの?という疑問はもたないでいただきたい。

執筆中は酒も飲んでいないし、熱中症真っ只中の状態で意識が朦朧とした時に書いたものでもなく、素面で真面目に書いた書籍となっている。

変わり者の思考(俗にいうはみ出しもの)、世間一般的な思考には合致せず、多数決をしたら圧倒的に負けてしまうような思考を持つ者が書いた書物であり、10秒後には何が起きているか想像もつかないような現代にうってつけの良書となっているが、これは私の個人的見解であり、他の人はどう思っているかなんてわかったものではない。

今日も天気は非常に良いが、車を使う可能性があり車通勤。今日も信号待ちや運転中に、何かいい案はないかと思考を絞るも、これだ!という決定打になるようなアイデアは浮かばず。浮かばない人だ。と自分で思ってしまったが、冷静に考えてみると「浮かばない人」って言葉は聞いたことがある気がするのだが、どういう意味なのだろう?と創作脳モードになっているから、ふとした事が気になる状態。

なのでスマホにインストールされている有料の国語辞典2誌で「浮かばれない人」「浮かばない人」なんかを調べても、そんな言葉は存在しないみたい。

なんか浮かばれない人だなぁとか、そんな言い回しをするような気がするんだけど、気のせいだったかな。どこからそんな言葉を覚えたのか発想したのかはわからないが「浮かばれない人」という言葉は存在しないみたいで、すぐさま古畑任三郎の「親のカタキくらい甘い」という言葉を思い出してしまった。

会社に到着してすぐさま手帳整理から始めた。

今日は月曜日なので、先週の振り返りからの今週の目標設定をしなければいけないのである。今月の行動目標がしっかりこなせているか毎週チェックして、できていない箇所に力を入れていく流れを作らないと、すぐに自分自身がダラしなくダメになるのと、手帳をつけている意味が無くなってしまうのである。

ボロボロになった手帳をめくりながら小汚ない字で書きなぐる紙の手帳に愛着がわいてしまい、デジタルで管理した方が、キーワード検索なかもできて有利なのはわかるのだが、どんなにページをデコって作ってみてもデジタルでデコる時点で、不思議と虚しさを感じてしまうのである。

手帳をiPadで管理すれば、荷物は減るしインク切れもないし余計な文房具の出費も抑えられ、引き出しの中も余計な文房具が消えるから非常にスッキリするのだろうけど、昭和のオッサンとしては手書きの方が楽しめたりするのと、iPadでGoodNote5あたりで手帳を記しても、データをずっと引き継げるかどうかという不安もあるが、jpegやらPDF出力しとけばええやろが!と言われてしまいそう。

10年以上も前のメモとかをScanしてデータで保管をしているけど、正直なところ必要に迫られて見返すことってないかな。でも、たまにデータを開くと少し懐かしかったり、この時期はこんな事をしていたのか!とタイムカプセルを開いたような気分になれるくらいの効力しかないのかもしれないな。紙の手帳でも同じことではあるのだが・・・

で、先週の振り返りをザックリ書くと、運動面は非常に良くできた。月目標だったルーティン運動を20日以上行うという目標も月末ギリではあるが目標達成することができ、FitBoxing2を最低でも2回はプレイするという目標もクリアすることができた。肝心の体重は減ってはいないが、運動をする習慣を再び身に付けたいから、とりあえず運動をすると気持ちがいいという感覚を再び自分に植え付けられればそれでいいだろう。運動するのが当たり前になってきたら、次のステップアップを考える方針。

先週は3回目の新型コロナワクチン接種をしたり、副反応と言って会社へ行くタイミングをズラしたりして結構バタバタしていたが、シン・ストリートスナップ03を販売開始することができ、04も半分くらい編集することができた。タモロックの「BMX」の作曲も大きく進ませることができ、目標通り行動できた感じだな。身の回りの整理整頓や身なりもしっかりできていて、仕事も横やりの小さなタスクを捌ききれているし、本来やらなければいけない仕事もキチンと進んでいる(真面目にやればもっと進んではいるのだが・・・)。

5月全体の行動目標と照らし合わせてみても、全部の項目ができているわけではないが、順調であることは間違いなく、方向性は間違えていないみたい。

ここで今月はうまくできているから、来月から少しハードルを上げるかなぁとか思って、詰め込み過ぎるとタスクに追われてしまいテンションが下がったりするから、詰め込み過ぎには注意をしなければいけない。せっかく、いい流れができているわけだから、あまり難易度を変えることなく、もう少しタスクを増やして様子を見ていく作戦をたてた。

夕方に会社の買い出しでヨドバシアキバへスナップ撮影をしながら移動した。立ち寄らなければいいのに、ついスマホ売り場でGALAXY S22UltraやらiPhone13ProMaxやらPixcel6Proなんかを見て回ってしまい、au売り場で若い男性社員につかまってしまったのだ。

いやいや、すぐに機種変する気はないし私に構っていても売り上げに貢献できませんよ。と言ったにも関わらず、色々と話かけてきた。商売っ気無さすぎだろ。もしくは接客をしていないと、マネージャーから文句を言われてしまうのだろうか?ノルマとか大変そうだしな。

少し前の時代のヨドバシアキバは、いくら派遣だっとしても店員から声をかけてこない風習だった気がするのだが、ここ最近は売り場関係なく店員から強気に声をかけてくる事が多い気がするな。

先日も全く購入意欲がない双眼鏡コーナーを見てまわっていたら店員から声をかけてきたし。

で、auの店員には、とにかく望遠機能が搭載されたスマホが欲しいという話をした。私の、このエンドレスの思考を聞くつもりか?私の煮えきらない話を聞くと、誰もが「もう買わなくていいんじゃない?好きにしなよ」という返答が100%反ってくるだろうという予測はしている。

S22Ultraは高い!2年後に返却したとしても2年間で10万円のレンタル料は高いという話をして、iPhone13ProMAXも高いけど、iPhone14Proが出る時には、さらなる値上げと生産やら半導体の関係で品薄が予測され、購入しようとしても半年遅れとか転売ヤーが場を荒らすのが目に見えているから、iPhone13ProMaxでもいいかなーとは思うんだけど、発売して半年も経っているから、今さら変えるのも損した気分になるし、そんな予測をしておきながら14Proも気になるし、それならすぐに13ProMAXに買い換える必要もないと思っていて、Pixcel6Proも同じ理由だけどiPhone13Proよりも値段が安いし、googleだからOSのバージョンアップの約束もされているだろうしセキュリティパッチも問題なく提供してもらえるだろうから、その辺りを考慮するとiPhone13ProMaxかPixcel6Proの2択になるんだけど、Felicaの便利さを知ってしまっているから、そうなるとPixcel6Proということになり、望遠にこだわらなければ1円で機種変更できるPixcel6で十分なんだけど、どうしても望遠機能が欲しいから、そうなるとPixel7Proを待ったほうがTensor2が搭載されるかもしれないという噂もあるし、指紋認証も6aで改善されるみたいだから、その流れを汲んだものになるだろうし、あと半年待てば確実に販売しているだろうしiPhoneは品薄になるかもしれないけどPixcel7Proは間違いなく品薄にならないという予測をしているから、やっぱり半年待ってPixcel7Proかなぁ。デザインは最悪だけど、カバーで全部覆い被せてしまえばわからないし、でもデザインiPhoneの方が好みだったりするしアクセサリも多いから選択肢広がるし正直捨てがたいところはあるんだけど、14シリーズは間違いなく値上げするだろうから、せっかく14の発売まで待って、あまり機能が変わっていないな。それなら13ProMaxでいいか。なんて思って仮に13ProMaxを買ってしまったら、半年間待っていたのがバカらしくなるし、なんのために待っていたのか、まったく無駄だよね。それなら今から意を決してすぐに機種変更したら?ってなるかもしれないけど、Pixcel7Proのtensor2が搭載されるかもしれない事に賭けてもみたいし、もし機能的に大した進化がなければ、どうせ値下がりしないんだからPixcel6Pro買っておけばよかったじゃねぇか、1年前の型落機種を今さら購入するには無駄すぎて抵抗があるし、どうすればいいと思う?とうような話を小一時間もしてしまい、私も得しないし店員も得しないし、全くをもって無駄でしか無い時間を過ごしてしまった。

お互いが不幸になる話、それはスマホの機種変するにあたり悩んでいる話をすることである。

-2022年05月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.