2022年06月ブログ ブログ

2022年6月13日 cubasisの使い勝手がいい

投稿日:

今日は月曜日なので、いつも通りの出社。天気はいいが、今日は車を使う可能性があるから車通勤をしたのだが、ここ最近、体力がすぐに削られてしまい、夜は寝落ちするし本当に運動ができていない状況。

よし、やるか!と思ってもタイミングが悪かったりして、自分の意思の弱さが原因ではあるのだが、なにかと運動を邪魔しようとしている力というか周期が悪い気がしてならない。2週間前まではうまくできていた運動が、先週はほとんどできていないという大惨事な状況である。

運動や健康を後回しにしてしまう人が多いという噂を聞いたことがあり、現状、特に身体に異変を感じないうちはダラダラして油断をしてしまうという罠なのだが、現状に甘んじてばかりでここ最近は本当に根性なしになっているみたい。昔から根性なしではあるが、さらに酷い根性なしである。

中国武漢市発の新型コロナウィルスが終息したかのような動きをさせようとする政府の動きがあるから油断はできないのだが、何かの大会に出場するのも、以前のようなスパルタンな生活を取り戻すためのいいキッカケになるかもしれない。と、思いながらも、やはりコロナが市中感染していることは明らかに事実であり、油断をするとコロナに感染してしまうとう恐怖がある。

コロナに感染しても大した発熱もなくて、ほんとに風邪と同じだよみたいな事を、何人かの感染者から聞いたが、それは信用してはいけない事であり、個人差があるから重症する人は重症化するし、後遺症も長く続いたり下手をしたら一生つきまとう可能性もある。ワクチンも3回接種はしているが、効果については信用していないし、20年後にコロナワクチンを打った人に国から補助金が出るみたいな事態になっているかもしれないし。

何も信用できなくなると、過去にも複数回書いたような気がするが、それこそブルーハーツのハンマーの曲みたいになってしまうな。あの歌詞は今でも大好きである。

今日は、どちらかというと先日購入したcubasisのプラグインやら操作に慣れるために、適当にアプリをいじっていた感じであろうか。
SingerSongWriter8.0で8割方作曲したBMXという曲をmidi書き出しをして、Cubasisで読み込むことができた。もうね、これだけでも素晴らしい。Logic ProXと同じような作業がモバイル環境でできそう。

ギターやベース、ドラムの各パートで読み込まれて、各トラックへエフェクト効果がつけられるのだが、オプションのプラグインを購入しなくても、品揃えとプリセットされた設定が非常に多く、人によって使い方が違うから仕方がないとは思うんだけど、つい先日購入したMusic Maker2022Premiumなんかよりも断然使い勝手というか、画面構成なんかがLogic ProXに似ているせいか、特に迷うことなく音作りを楽しむことができた。

Fire HD10で色々なエフェクトを掛け合わせて、ギターの音を歪ませたりして遊んだのだが、4,5個くらいエフェクトをかけてもアプリは落ちないし、音の遅延や抜けもなく、私が普段使う範囲内であれば十分に耐えうる様子。

読み込んだ自作曲のmidiを流しながらギターのレコーディングもできるから、リアルエフェクターとソフトウェア上のエフェクトを掛け合わせれば、それなりにいい感じの音が録音できそう。どこまで実用的な音のセッティングができるかは、今回のBMXという曲を完全に仕上げた時に、Cubasisでレコーディングをして試してみようと思う。

スマホでも同じような事を試してみたが、アプリが落ちたりすることなく、同様にエフェクトを多数同時に各パートにかけても、スマホのスピーカーが音に耐えきれずに割れたような音になったくらいで、出力を押さえたりノイズゲートをいれることによって、問題なく再生することができた。

当たり前ではあるがLogic ProXの方がプラグインが多いし、音も自分のお気に入りの音の作り方を知っているから、Logic ProXを使った方が、スムーズなレコーディング作業はできるだろうけど、今後のEDMやらDJ用のパーツ作りだったり、Hiphop調のような曲を作るにあたり、Cubasisは無くてはならない存在になる予感はしている。fire HD10くらいのモニタの大きさが丁度作業がしやすい画面の大きさで、スマホではできなくはないけど、画面は小さいがその代わりに、Korgの外部midi楽器のミニキーボードやらミニドラムパッドなんかが認識して使えているから、セッティングだけしてしまえば大して画面のそうさいらなくなるからスマホで曲のベース作りができる事は間違いない。

今日は試すことができなかったのだが、試しに音を録音しようとすると、画面の録音ボタンをタッチして停止ボタンをタッチするわけなのだが、この作業を手元のmidiコントローラでできるようになるとパーフェクトな感じ。Logic ProXだと、Korgのミニスライダーのコントローラーを繋いで、手元のボタンで録音と停止ができるようになっている。

いちいちマウスやらタッチで録音開始とか、タイミング狂うし、そんな僅かな動作ではあるのだが面倒なのとテンション落ちるのと、スマートではない気がして、間違いなく作曲作業に影響が出ると思っている。

先月くらいから音楽制作の環境を新たにしていて、遊んでばかりいるのだが、いい加減にBMXを完成させて残り2曲を作り、タモロック2022復活のミニアルバムの販売の見通しをつけたいものである。

nonakamaniaで使えそうな音はあるかな?とか探っている場合ではないのだ。優先順位を決めて、まずはタモロックを復活させるのが当面の大きな目標とすることにした。

-2022年06月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.