2022年07月ブログ ブログ

2022年7月11日 運動できない問題

投稿日:

今日は月曜日なので、いつも通り車で出社することにした。

特に予定は入っておらず、会社で土曜日に受けた個人事業の仕事をして、余った時間はいよいよ浅中杉太郎の小説でも書き始めようかなぁ、なんて思ったから移動中の車のなかで、いよいよ登場人物の具体的な名前なんかをメモをしたり、さらに細かなストーリー展開というか話の流れを再構築する思考をしながら運転をしてみたのだが、会社に到着してみると足立区に仕事の予定が入っていた社員が急遽、会社を休んでしまい、足立区のお客さんのところへ行く人がいなくなってしまった。

内心、喜びながら仕方なく私が急遽行くことにしたのだが、一緒に同行する営業が、先週に檜原村で一緒に遊んだ?やや頼りない営業の人で、なかなか彼とは縁があるようだ。

しかし、会社から足立区は近いからあっという間に訪問を約束しているお客さんの会社へ到着してしまい、私はいつも通りの作業をしながら、真顔でいかにも仕事してますよオーラを放出しつつ、手帳へ浅中杉太郎ネタを書き込み続け、さらに他の話も考えることができた。

仕事はお昼には完了することができ、問題なく仕事をこなすことができた。そのまま会社へ戻るわけもなく、会社の近くの馴染みの喫茶店で溜まりに溜まった、本ブログの執筆をしたり、手帳を開き先週の振り返りからの今週の目標設定なんかをすることにした。

昼過ぎから夕方近くまで喫茶店にこもることになってしまったが、いつも通り、運動以外は完璧な行動目標をたてることができた。先週も運動を全くやっておらず、自分でもどうしちゃったんだよ!と思うくらい運動ができていない。

運動のメニューを全く変えていないから飽きてしまってモチベーションが低下しているのもあるのだろうけど、仮にメニューを変えて今日からできるか?と思うと、多分、運動する気力が出てこないだろう。これは、ここ最近、精神状態が安定してきたから運動をしなくなってしまったのか、自宅へ帰るとグッタリしてしまうから運動できないのか、もしくは目標設定が甘いから運動できないのか。どれに該当するのか、もしくは全てに該当しているのかはわからないが、こんな事を書くと少し恥ずかしいが、このブログを読んでいる人はいないと思っているから書いてみるが、以前はバイオハザード4のレオンが超格好いい!と思い、公式のレオンの服を買い漁ったり、あの肉体に近づけるようにトレーニングをしたり、ナイフトレーニングをしたりして、それなりにモチベーションを保ちながら運動していられたんだけど、あのときの情熱が今は感じられない。

今でもレオンを見ると、相変わらず格好いいな!と思うんだけど、レオンみたいに肉体改造をどうしてもしたい!という気持ちも薄らいでしまったから、ためしに赤井秀一の画像を多く見ていたら、赤井秀一格好いい!となり、これまた仕方がないことなんだけど、運動できるように理想の体型をしている赤井秀一の写真を手帳に貼ってみたりしたんだけど、今日も運動はできていない。以前のように毎日運動するには、若干、精神を病まなくてはできないのだろうか?なんて思うんだけど、精神を病んでいる方が不健康なのか、それでも運動をしていた方が健康的なのか、相殺されてしまうのかは私にもわからない。

そんな運動できない問題を今週に何とかモチベーションを高めて維持できるような仕組みを考えるようにするわけなのだが、運動しないとむしろ気持ちが悪いと思っていた過去と同じ心境に戻ることが当面の目標だろうか。1回そういうゾーンに入ってしまえば、レオンやら赤井秀一みたいな肉体改造とか考えることなく運動を続けることができるはずなのだが、今はどうもうまくいっていない。

仕事面に関しては個人事業の仕事をいただく事ができたり、会社の細々したタスクを片っ端から片付けて処理することはできており、必要最低限はこなせているかな。といったところ。本来やらなければいけない仕事は蔑ろにしているが、これもあまりのんびりしている訳にもいかず、仕事量はもう少し増やす必要がありそうかな。

創作面に関しては、あれこれとてを出しては全てが中途半端になっているような状態ではあるが、隙間時間やら会社の時間をうまく使って音楽やら電子書籍の作業は進められているように思える。と、いうのも私も集計して驚いたが、まったく記憶にない事ではあるが先週だけで電子書籍を3冊出版していたという驚愕の事実。やろうと思えばいつでも出版できた伊豆大島の死にそうになりながらも何とか生還した写真集と、今年半年分のブログを集約したMの手帖2022上巻と、シン・スットリートスナップ05である。タモロックの活動がやや鈍い感じはするが、電子書籍の方に力をいれていたから仕方がないという解釈をした。

身だしなみやら片付けも相変わらずで、成長とかは無いような気がするが、私の身の回りは常にきれいな状態になっていると思っている。書斎兼事務所もタモロックスタジオも鍵盤ひとつひとつ磨いているという気がおかしくなったと思われるレベルで手入れをしている。おかげでピカピカで作業をする時に余計なストレスがかからなくて非常に良い感じである。これで数年前から計画を立てていた書斎兼事務所に近づけるという数年越しの目標がそろそろクリアできそうな感じだろうか。まだまだ世に出したい作品は多くあるから、出せるタイミングでドシドシ出していく方針。

それにしても精神が安定してくると、以前のようなだらしない感じが戻ってしまうし、精神的にぶっ壊れているときは几帳面なくらい、身の回りのことやら運動ができるようになるのも不思議なものである。

-2022年07月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.