2022年07月ブログ ブログ

2022年7月18日 やはりゲームはよろしくないか?

投稿日:

今日は月曜日だが、祭日で会社は休みである。いつも通り朝5時に目が覚めるも、不覚にも二度寝をしてしまったらしく、次に目覚めたのは6時30分だった。特に何かやろうという計画は無かったから問題はないのだが、無意識にも休みという意識を持ち油断している私に問題がある。ゆっくり寝ることは間違いではないのだが、自分の気の緩みが許せん・・・って自分に激甘なのに今さら何を言っているんだよと言ったところ。うーん、私自信が残念な気分になってしまった。

寝坊したところで、本当にやる事はないから、とりあえずは朝食の食材の買い出しと調理をした。書かなかったが、先日の夜はハンバーグを作り(デブ御用達700gのハンバーグ。もちろん完食してない!)、その時に今日の朝食分の食材を買おうかと思っていたのだが、ロクなモノが見当たらず今日の朝に、そのときの気分で作ればいいやと思い、なにも用意しなかったのだが、今日は天気もよく買い出しするに当たり全く面倒くさくなかったから良かった。

朝食を終えて、今日やる事は先日に中途半端になった「せめてもの償い」のギターレコーディングぐらい。他にもやろうと思えば創作活動ができないわけではないが、今いちばんやりたい創作作業は、かなり中途半端で終わりにさせたギターのレコーディングを終えて、エフェクトを後付けでかけて聞けるようなレベルにまで調整することである。

一晩経過したところでギターの腕は上がってはいないが、設定というかプラグなんかも繋ぎっぱなしにしいておいたから、各種電源を入れるくらいで昨日の続きをすぐさま始めることができるようにしておいた。そうしないと、もしかしたらテンションがダダ落ちになってしまい、レコーディングの準備をすることに嫌気がさして、創作活動をしなくなるのではないだろうか?と自分を知っているから、やらない理由を作らない防止策を張っておいた感じ。ほとんどの作業を昨日に終えていたせいか1時間くらいで全パートのギターを録り終え、ギター音を調整しながら何回も再生して聞いてみたが、やはりやや演奏が危うい箇所が多いとは思うが、色々なエフェクトを掛けて何とか誤魔化した(オイ!)。

私が使っているimacは2011年製で、やや古く、動作も遅くなりスペックも低いから、エフェクトを数種類かけていくうちに、音が再生されなくなり、やがてアプリが落ちるという恐ろしい出来事に遭遇。

元データに損傷はなかったから良かったが、慌ててバックアップをとり、アプリが落ちた直後だと多くのエフェクトをかけても再生はできる模様。でも、多少の音重ねでアプリが落ちてしまうのは問題であり、今の最新のimacが欲しいところだがお金がない。せめて今使っているimacが多少なりとも下取り査定みたいなものがつけばいいが、Appleでは無償引き取り機種になってしまっている。まだまだ使えるから、無料であげるわけにはいかないのである。

もしくはmac miniだと値段も多少は抑えられているから、購入はしやすいのだが、USBポートがひとつしかないから、拡張する必要が出てくる。線がゴチャゴチャするし、電源供給しながら使わないと機能しない機材も出てきそうだし。一番いいのは、現状で騙し騙し使い続けて金をかねずに創作作業を楽しむのが一番お利口な方法だろう。

これで「せめてもの償い」のボーカルを抜かした部分が完成したわけだが、残るはメロディに歌詞をつけるというメインの作業が残っている。この曲名を考えたのは約5年前くらい。もちろん曲のコンセプトはあるから、歌詞の大筋の内容は決まってはいるんだけど、メロディに乗せての歌詞作りは全くやっていない。なので歌詞を考えてボーカルを録る必要があり、どんなに早い完成だったとしても今月末くらいになるだろう。

とりあえず一段落ついたから、少しゆっくりすることにしたのだが、今月の最初の頃に購入したPC版のFallout4のMODが反映されず諦めて全くプレイをしていなかったんだけど、MOD関係なしにストーリーをもう少し進めてみたいかなぁと思い、PCゲームをすることにした。3Dゲームだから、どうせ30分もプレイすれば気持ち悪くなって、気分転換にシン・ストリートスナップ06のページ編集でも槍始めるだろうと思い、少しくらいならという気持ちでゲームをプレイし始めた。相変わらず、公認チートを使って無敵で弾薬減らなくて武器も何でも持っている状態での、ゲームバランス最悪な状態でプレイをした。

前回は所見だったせいか、どこへ行って何をすればいいのか全くわからず、こりゃクソゲなんじゃねぇの?とか思っていたが、今日はやや冷静にプレイをすることができ、太い道を進めばいいんじゃないだろうか?と勘が冴えわたり(笑)、ストーリーをだいぶ進めることができた。とりあえず連邦のリーダー的な男に、人里離れたところにいる人の話を聞いてきてくれとか言われ、マップを便りに目印のついている所まで寄り道をしながら移動。到着したのが夜明けくらいで、やや辺りが明るくなっている時間帯で、狭いボロ小屋みたいなところに入ると、ブタ小屋みたいな小さな小屋に男女が寝ていたから、つい寝ている女をミニガンで蜂の巣にしてしまった。「寝てんじゃねぇよ!クソ女が!」くらい思ったのかもしれない。これは現実ではなくゲームの中の話である。それならば現実でできないことをゲームの中でやってみたっくなるのが私であり、映画の悪人みたいに、なんなら寝ている男を先に蜂の巣にして、逃げる女の足を撃ち、ある程度のところまで走って逃げたところを遠間からライフルで頭を撃ち抜くとか恐ろしい事も考えたことは否定しない。これは映画の見すぎか、小説の読みすぎか、私の精神が病んでいるか、もしくはそれら全てなのかもしれないが、私がこの手の映画の監督になったら間違いなく3流映画という駄作を世に配信する自信はある。B級映画にも認定されないだろう。

そんな残虐プレイやら裏切り行為とも思えるような、カルマはむしろマイナスという名前をつけたくなるようなプレイをしてストレスを解消していたのだが、画面をしっかり見ないでプレイしていたせいか、いつもなら30分もすれば気持ち悪くて目が回る思いをするのに、今日は2時間くらいゲームをしていても、多少の気持ち悪さで済んだ。まだプレイも可能ではあったが、ゲームばかりしている場合でもないし、げーむは面白いんだけど、罪悪感というか時間がもったいないなぁという感情も入り交じり、一旦ゲームを終了して、いつものようにコナンを見ながらシン・ストリートスナップのページ編集をすることにした。コナンを見ながら28ページくらいまで編集することができ、75%くらいの進捗。

シン・ストリートスナップ06のページ編集をしている時から、ゲームの続きが気になって仕方がなくなってしまった。一回面白いなぁと思ったゲームは、ついプレイしたくなるのが人情。嫌気がさすと、もう二度とやらなくてもいいやと思うのだが、少しでもハマってしまうと、つい続きが気になって仕方がない性格をしているせいか、またもやゲームをはじめてしまい、今日だけで約5時間くらいはゲームをしたんじゃないだろうか?この時間をシン・ストリートスナップに使っていれば、完成間近かもしかしたら完成していたんじゃないだろうか?そうすれば今月の目標をひとつクリアできたことになり、来週は全巻セットのおまけの電子書籍の編集をすることができ、そうすれば今月の行動目標を完全にクリアできるんじゃないだろうか?とか思ってしまった。そう思うならゲームやらなきゃいいじゃん。気持ち悪くなるだけで、むしろマイナスだろ?と思うのだが、依存症とまではいかないもののタバコや酒をやめられないくらいの勢いの依存症っぽい状態。

プレイしたゲームから何か得られればいいのだが、人生、たまには時間の無駄も悪くはないと自分に言い聞かせようか。

-2022年07月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.