2022年08月ブログ ブログ

2022年8月8日 ようやく運動習慣が戻る

投稿日:

今日は月曜日で、車で会社通勤である。全くロードバイクに乗れていないから、ロードバイク通勤をしたい気持ちはあるんだけどれども、車通勤をすることによりタモツ伝説スペシャルの楽曲を聞きながら歌詞埋め活動ができるというのが、今の私にとっては最大のメリットになっており、特に車で通勤する意味が無ければ、運動のためにロードバイクで出社するところだが、今のタイミングは喜んで車通勤をしている。

まだ、完全に歌詞の構想ができてはいないが、昨日に完成したばかりの前前前前科のメロディラインを聞き込み、それとなくどんな歌詞を入れていきたいかを妄想しながら運転できるという、全く無駄のない行動を好んでいるが、そもそもタモツ伝説スペシャルとかいうアルバム制作活動自体が無駄の塊だから、トータルすると人生において大きなマイナスになっているのかもしれない。しかし、

人生楽しければ、それでいいのだ!

バカボンのパパかよ!

これくらいの能天気さを持ち合わせるくらいが丁度いいだろう。人にもよるけど。

会社に到着してからは、手帳の整理やら先週の行動の振り返りからの、今週の目標設定なんかをすることをした。今週の目標設定をするうえで、もちろん今年の行動目標と今月の行動目標があっての、今週の目標設定である。今月に立てた行動目標のなかで、できていない部分や遅れている部分に焦点を合わせて今週の目標設定をしていくわけだが、ここ最近はハードルが低いせいか、もしくはいつの間にかハードルが低く感じるようになったのかはわからないが、先週の行動目標をキチンとクリアできている。

うん、素晴らしいと自己判断をしたわけだが、ここで調子こいて、それじゃあもっと行動を増やせるよな!とか勘違いをして、詰め込むとパンクして結局、なにも進まずに思い通りに行動できない!とか叫びだして、テンションがダダ落ちして、さらにやらなくなるという負のスパイラルに陥るという経験を何十回と繰り返してきたから、いい加減に、このパターンにはハマらないようになってきた。

しかし、ハードルを下げっぱなしにしても、成長も見込めなければ、何か新しい分野に手を出すという好奇心も生まれなさそうだから、そこは少しだけ底上げをしていくようにはしている。最初はうまくできなくても、繰り返しているうちに、その行動が当たり前のようにできているというのが理想である。

そんな偉そうな事を書いていないで、もう少し会社の仕事に力量を分配した方がいいんじゃないだろうか?と、私の中のもう一人の私が問いかける場面もあるが、先週は行動目標通りにタモロック活動に全振りした結果、作曲作業がありえないくらい進捗した。

とはいえ、タモロック作業ばかりしている訳でもなく、今日も会社の顧客からの依頼案件の3案件中2案件を完了してから、タモツ伝説スペシャル収録曲12曲目のGood-by Foreverのあらかじめメモっておいたコード進行をSinger Song Writer8.0に入力して、とりあえずいつもの通り、適当にリズムを刻んだ和音を打ち込む。

SingerSongWriterのソフトを20年以上使っている理由が、和音入力ができるという素晴らしい機能があるためである。一般的なDTMソフトで和音を入力しようと思うと、外付けキーボードで実際に和音を押して録音するか、マウスでポチポチと1音ずつ音を入れるかの作業になり、ある意味、和音のコードを覚えるにはうってつけかもしれないが、それだと面倒くさい。

SingerSongWriterだと、コードを指定すれば、キーボードとギターのどちらかの和音の音符を一撃で置くことができて打ち込み作業時間の短縮というか、目の疲れの軽減と肩が凝らない。

曲の構成も少し変化させて、OP-1A-1B-1C-少し長めの間奏-2C-ENDという変わった構成。

タモツ伝説スペシャルのアルバムを最初から最後までロックで通そうかとも思ったけど、やっぱり1 曲くらいはしっとりしたバラードを入れるべきだろうと思ったし、なにより、ここまで散々ネタにしてきたタモツさんをディスるのも今回で最後。最後くらいはロックバラードのメロディに乗せて、タモツさんに今までのディスってきた事を陳謝、いや、感謝すべきだと思った。

なにせタモツさんがいなければ、Lineスタンプは作っていないし、タモツ関連のアルバムCD3枚はできていないし、小説も何冊書いたかわからないくらいである。そんなタモツさんとも、もう会う事はないだろうという気持ちを込めて、Good-by Foreverというタイトルをつけたけど、歌詞の具体的な内容というかザックリしたコンセプトは決まっているけど、どんな歌詞を当て込もうかは全くできていない。

今日はgood-by Foreverの適当なリズム入力と、コード進行に基づき、こんな感じかなぁ?という適当なメロディラインを入れてみたが、まんざらでもない出来になったから、このまま進めようと思う。ギターパートは、歪ませたコード弾きだけど、合いの手を入れる程度とアクセントで多少のリードパートを入れる予定。メインはピアノでベースとドラムは、いつも通り重い音でいこうと思っている。

この曲が完成すれば、下地レベルで完成していないのは残り1曲となり、完全完成まで、まだ工程は多いが確実にゴールに向かっているという実感がわいてくる。

とにかく、仕事も趣味も遊びも楽しんでやるという事を忘れないようにしたい。

-2022年08月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.