2022年09月ブログ ブログ

2022年9月20日 連休明けのまさかの遅刻

投稿日:

今日は連休明けの火曜日である。本来であればチャリンコ通勤をしたいなと思っていたのだが、台風が近づいているため、生憎の雨で、仕方がなく車通勤をした。

今週の土曜日にタモツ伝説スペシャルのボーカルレコーディングを行う予定だから、追い込みで車の中でタモロックの歌を大熱唱していたのだが、20日という締め日のタイミングと台風で雨が降っていて連休明けというタイミングが悪かったのかはわからないが、大渋滞をしていて車がほとんど進まず。

こんなに進まないタイミングでタモツ伝説スペシャルの歌を歌っている場合ではない。せっかく両手と両足がフリーになる時間が多くとれるなら、家では弾くことができないアコギを車の中で思いきり弾いた方が得策ではないだろうか?という考えに至った。

タモツ伝説スペシャルの歌も、もちろん車の中で大熱唱していたとしても声が漏れて、変態扱いされる事間違いない事ではあるが、ここ最近、ずっと歌っていたから飽きてきた。もう、タモツはウンザリだよと叫びたくなるくらいタモツ漬けで、私はどうしてタモツで人生の時間を使わなければいけないのだ?とすら思えてきたくらいだから、気分転換も含めて、先日作曲したアコギパートの練習と、ファイナルファンタジー8のブルージィーという私の大好きな曲を練習することにした。

ファイナルファンタジー8について書くとクソ長くなってしまうから割愛をするが、世間的には賛否両論で一部ではクソゲーとさえ称されたゲームではあるが、私には思い出深いゲームで恐らく一生忘れない、良い思い出も悪い思い出の両方持ち合わせているゲームである。

これに関してはまた別の機会に小出ししていこうかと思う。そのゲームの中で流れているブルージィーという曲が大好きでプレイしていた当時から、この曲はアコギで弾いたら泣けるなと思っていたんだけど、私には耳コピなんて全くできないし、当時はmidiデータもネットには、あまり出回っていない時代でスコアがわからなかったのだが、数年前にmidiデータから音符を見ることができ、それをギター譜に直してスコアを入手することができたんだけど、なんか面倒でスコアを6年間くらい放置していたんだけど、ようやく弾く気になって練習している具合。

単音で(たまに2弦同時に弾く程度)簡単だから、すぐに弾けるようになったんだけど、なにせアコギ。油断をするとキチンと弦を押さえられていなくて、間抜けな音がする。なので、油断せずにしっかりと弦を押さえながら弾くのは、非常に練習になるし、アコギで慣れた状態でエレキに戻るとかなりパワーアップした感覚に陥る快感がやめられなかったりする。

4、5、6弦の2、3、2フレットから5、6、5フレットに、そこから7、8、7フレットを押さえるパートがあるんだけど、かなり強めに弦を押さえながらスライドさせたら、弦が錆びている関係もあったせいか、鋭い痛みが指に走って、指の皮一枚切れてた。恐ろしい・・・

もうね、アコギでスライドするなら1弦か2弦くらいしかできなくなってしまった。スライド恐怖症。

そもそも弦を張り替えろよってところだけど、アコギの弦は高いからそう簡単に張り替えない貧乏根性でやっている。スライドさせないで、押さえるプレイに切り替えたが指が切れていたらギター弾ける状態じゃなくなるという恐怖感を久しぶりに味わってしまった。

そんな大渋滞中に、かなり遊ぶことができて大満足だったのだが、連休明けの勤務先に30分遅刻するという大失態をしてしまった。通常の会社であれば大変な騒ぎになりそう(なるかな?)な気がするが、私は窓際社員なので、居ても居なくても変わらない関係で何も言われないところは助かるが、それはそれでかがなものかと思う時もある。

以前のような超絶ブラック企業時代だったら、目を血走らせながら大口開いて顔を真っ赤にして唾を飛ばしながら社長が怒鳴り付けてきて、30分遅れたから2時間サービス残業しろ!と言って、会社の車を取り上げていただろうなと思う。強制残業の時は時間までは会社にいたが(社長が会社に電話して確認してきやがる)PCゲームをして時間を潰していたのが懐かしく思えるな。

会社に到着してからは手帳の整理と先週の振り返りからの今週の目標設定を行った。

先週は久しぶりに運動面が弱く、週の半分くらいしかプリズナートレーニングをしておらず、さらにFitboxing2も1回もプレイをしていなかった。運動を毎日し続けている時は慣性の法則ではないが、特に面倒と思うこともなく、むしろやらない方が気持ちが悪いとさえ思えてきてしまうのだが、1回手が止まってしまうと、再び運動の軌道に乗るまでが面倒くさくなってしまい、今日はいいか・・・と思ってしまった日もあったくらい。今週はそんな事がないように精神力でカバーする昭和のやり方。

先週、素晴らしかったのは会社のお客さんの度重なる大量の依頼を捌きながら、創作活動をする時間を設けられた事。浅中杉太郎シリーズをかなり書き進めることができ、第1話は今月中には確実に書き終えることができて、第2話の詳細シナリオを仕上げて、なんなら書き始めるくらいのところまではいけそうな気がする。それと海でのんびりする時間もキチンととれて、運動以外は良いバランスで動けたんじゃないかな?と言った感想。

ただ、先週は少し厄介な案件を引き受けてしまい、油断をするとあっという間に細々したタスクがのし掛かってきて、あまりの多さにしっかりしていないと依頼された事すら忘れてしまいそうになるから、タスク処理の管理をしっかりすることを念頭に置いておく必要があるなと思った。愛用している、ほぼ日手帳でタスク忘却を避ける事ができてはいるが、毎日のあまりにも激しい書き込みに紛れてしまい忘却してしまう可能性もなくはない。あまりに溜まってしまった場合は(片付けてもどんどん溜まる)、タスク一覧表を作成して、終わった案件から赤線でタスクリストを消していくという事もしている。

私のような性格の人間には、この方法が非常に合っていて、大量にかかれたリストを赤線で消していくのがとても気持ちがいいのである。赤線をひっぱっても何のタスクを完了させたのかはわかるように線を引いているから、後々、あれはいつやったかな?という時の参考になっている。本来であれば電子で手帳をつけておいた方が検索機能に関しては抜群に有利。でも、味気がないという、これまた昭和気質。

それ以外には個人事業で3案件受け持っているうちの2案件を終わらせて、昨日に作りかけていたアコギメインの曲を一回ぶっ壊して再構築したり、浅中杉太郎の小説を100文字くらい書き足したりと、気分によって、あれこれ作業をした日だったな。

-2022年09月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.