2022年10月ブログ ブログ

2022年10月16日 色々と迷走するなぁ

投稿日:

今日は日曜日で会社は休み。

昨日も餃子パーティで疲れてしまったのか、そろそろ歳で早起きできなくなったのか(逆か?)今朝も5時に目覚ましをセットしたのに、朝6時起床になってしまった。

特に強くやりたいい事はないから早起きをすっる必要はないんだけど、できる限り生活のリズムを崩したくないというのが本音である。

しかしながら、普段ひきこもっている私が金曜日には東京駅で飲み会、そして先日は会社で餃子パーティで酒を飲み、いつものルーティンから軽く逸れたのも起きれない要因なのかもしれない。

まるでファミコン版のスペランカーのような虚弱体質(という噂が小学生の頃あった)みたいに、少しでも日常生活から外れてしまうとダメになってしまような弱い子じゃないハズなんだけど、日常の生活習慣というのは侮れないようだ。大昔も朝まで酒を飲んでいた時は常に体調が悪く、常に眠くて、常にダルかったが、ある程度決まった時刻の生活をしているうちに朝5時起きも辛いとは思わなくなった次第。

そもそも朝早起きをしようと思ったのは約10年ちょっと前の事で、当時の私は自己啓発に目覚め、百冊以上のその手の本を読み、使えそうな知識は実践導入して、時折セミナーに参加をしたりしていて、そんな時に朝活手帳なる手帳が発売され(今でも継続して売られているみたい)、朝4時くらいから朝8時くらいまでしかスケジュールが書き込めなくなっていて、出勤前の朝活を有効化するために特化した手帳に興味がわいてしまい、そこから朝5時起きが定着したのである。

当時は、朝活で自己啓発の本を読んだり、今日一日の行動を15分単位で区切って調整したりと、今ではやりたくない事を当時は喜んでやっていたけど、あのときの経験あっての現在(と書いて今と読む)があると思っている。

自分で思っているだけなら誰にも迷惑がかからなから問題ないだろう。

ここ最近は朝活をしているという感覚はまるで無く、前日うの手帳の整理やら朝食を作る時間やら、スマホやデジカメに溜まった写真をPCに転送してデータ管理なんかをしている。家はマンションで集合住宅だから、いくらアンプに繋がないとはいえ、ギターやベースを早朝から手にすることはなく、せいぜいDTMでヘッドホンを着けPC上で音を鳴らすくらいだが、それもよほどアイデアが降ってきて、秒で動かないと忘れてしまう時のみで、朝イチで音楽に関わる事は非常に少ない。

音楽アイデアが出ても、スマホの録音アプリで、絶対に、何があっても、墓まで持っていくゾ!というかなり強い意思と覚悟でレコーダーに思い付いたリフを口ずさむようにしている。恥ずかしすぎて絶対に他人には聞かせられないレベル。自分でわかればいいのである。手帳も同様で、SNSで人に見せる用に手帳を作り込む、もしくは見られても構わないという精神で(?)手帳の中身をアップする人が多く存在していて、私も手帳をデコったりしているわけだが、録音アプリのデータ同様に他人に見せられるような代物ではないから、購入した手帳やらアイテムは写真を撮影してアップしているけど中身は絶対に見せられない状態。

機密とかないけど、見せる用の手帳はもっていないのである。

今日は、主に浅中杉太郎の休日を書き進める事ができ(いつものファーストフード店で)、1万7千文字程度の執筆。浅中杉太郎の休日は超絶短編集であり、章も第2章で終わるように組んである。

前回の執筆で丁度、第1章を書き終え、今日は第2章からの書き込みで、第2章の半分くらいまでは書けただろうか。この調子でいくと、2万5千文字くらいで完結することになり、約2万文字から3万文字の間になるだろうという中間点をつくような感じ。

進捗は約7割といったところ。

浅草付近を散歩しながらタモロックの年内の活動について思考してみた。ついこの間までは「チンパンヤロウ」とその他2曲くらい作ってシングルでも出すかと思っていたが、来年からの新生タモロックを始める前に、やりたい事を全部ブチ込んだ、ほぼ惰性のみで作ったアルバムを出したいなと。

タイトルは「迷走」で、とにかく思い付いたコード進行に、ほぼルート弾きのベースとテキトーなリズムを刻んだギター、そして思い付きのメロディと思い付きのタイトル。もしかしたら偶然にも名曲ができるかもしれない、まさしくタモロックの黒歴史的なアルバムでも作っておこうかと・・・。

と、いうよりはcubase proとプラグインの実験も兼ねて作曲するといった感じ。

コンセプトとして、やりたい事をやるといった活動の方が楽しいわな。

-2022年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.