2022年10月ブログ ブログ

2022年10月27日 今日は順調だった一日

投稿日:

今日は、雨は降らなそうで車も使う予定がないという事で、マウンテンバイク通勤をすることができた。

やや肌寒いけど、運動目的でチャリ通勤をしているから、全て脚力のみの力でペダルを思いきり踏み込み、マウンテンバイクのくせに颯爽と走るスタイルをしていると、自然と身体も暖かくなるどころか、汗が垂れてくる。橋を上るときなんて、やっぱり最高でサドルに座ったまま、体幹を意識して姿勢を崩さずに脚力のみでかけ上るというのがお気に入りで、上りきった時に脚がダルくなっているのがやめられなかったりする。そりゃ変態だな。

ロードバイクは放置しっぱなしで前輪がパンクした状態のままだから、いい加減にパンク修理をしよう。やろうやろう!と思いながらも口だけで動かないと、今は亡き会社のグズのおっさんになってしまうから、本当に動こう。と、いうよりロードバイクに乗りたい。

以前のように長距離を走りたいとか、ヒルクライムをやりたいとか、何ならブルベで全距離制覇してみたいとか、そういう(私にとって)無謀なチャレンジをしようとは思わなくなったが、通勤する距離くらいが丁度いいかな?といったところ。約80km離れた実家くらいまでなら、まだ走る気力は残っているけど、歳を重ねるごとに走ろうと思う距離も短くなってくるのだろうか?。まぁ、人によるのだろうけど。

マウンテンバイクは一時期乗っていない時期があって、購入してから約2年が経過して、走行距離は約2100kmと体たらくな状態。もし、昔の勢いで乗っていたら5000km以上走行していたものと思われる。

朝から健康的に通勤してから、いつも通りの手帳の整理から始まり、本来やらなければいけない仕事を進めた。午後から約2時間も会社のお客さんからの無駄な電話に付き合わされてロスタイムはあったものの、電話で愚痴を聞いてあげながら、本来やらなければいけない仕事も同時進行させられたから、少しはマシだが、まぁまぁの生返事が多かったかもしれないな。相手側にも伝わっているかもしれないけど、建設的ではない話を聞いてあげられるだけの余裕はないので、しっかり対応すべき部分だけは対応して、あとは右から左へ受け流すの歌みたいな感じで受け流してみた。

16時まで、本来やらなければいけない仕事を進めることができ、進捗は約80%。これで明日には終わる見込みができ、頭のなかで組み立てていた月曜日にマスタデータをサーバーへアップロードして、第2部分が完成する予定でいけそう。

社内滞在時間の残り2時間は浅中杉太郎小説の校正を進めた。相変わらず、手直しする部分が多すぎて進みは非常によろしくない。でも、校正作業のおかげで読みやすい文章に書き直すことができているから、非常に重要なパートでもある。それにしても、今現在、校正している作品のタイトルが決まらずなので、明日明後日くらいまでに決定しておかなければいけないのだが、何もタイトルが浮かばない状態。でも、切羽詰まれば思い付きで決めるだろう。

校正作業はタイトル未定の作品が73%の進捗で、余計な説明文だったり長い文章を短くしたりとしているおかげで、文字数も7万文字を切って、少しスリムになった。このまま続けていくと最終的には6万8千文字くらいで落ち着くかな?といったところ。

無駄に文章を多くしてページを増やしたところで全く意味はないから、本が薄いよ!ワシの給料袋より薄いんじゃないか?と言われても、書いている文章の内容を手抜きしているわけでもないから、ページ数はあまり気にせず、むしろ内容に気にして書けや!といったところだろう。

昔は質より量という事で、私のような使えない高校生でも工事現場の働き手として現場で手伝わせることにより、人を集めれば集めただけお金がもらえるというバブル方式も終わりを告げ、今では量より質で、いかに少ない人間で作業効率を良くしていくかという時代になってしまったから、小説も量より質という事で内容重視でしっかり作り込む姿勢。

会社の帰りもマウンテンバイクで運動をしながら帰ることができたのだが、先日に玉ねぎが安くなっていて、大量に買い込んだはいいが持て余していたから、今日は牛肉だけ購入してハヤシライスを作ることにした。それでも玉ねぎが余るから、明日はハンバーグにしようと思い、挽き肉も大量に購入してみた。500g購入したから、ガッツリハンバーグ三昧することができる。ハンバーグ師匠も喜ぶ量だろう。

自宅へ帰り、ハヤシライスを作った後、今夜のうちにハンバーグを捏ねるところまで進めてみた。そうすれば、明日は自宅に到着して早々にハンバーグを焼けばいいだけの状態で非常に楽なのである。

普段、この手の内容は書いていないが、弁当なんかを購入して帰る率は非常に少なく、週1回あるかないかくらい。簡単ではあるが、一応、夜食は作っている。だから、自宅に帰った後の自由時間があまり確保できず、できない作業を会社で進めるというパターンが多いのだが、今日はウクレレで弾き語りでもして遊ぼうかと思っていたのだが、風呂を出ると0時前くらいになっていて、しかもかなりの睡魔に襲われ、気付いたら居間で寝ていたというパターン。

もうね、いつ意識が飛んだか全くわからないから、もしかしたら誰かに動脈を一瞬にして絞められて意識でも失ったんじゃないか?と思うくらい。夜中の1時くらいに目が覚めてベッドに移動したけど、その時もなんだか嫌な夢をみていたような感じがしたが、目覚めとともに夢の9割が吹っ飛んだ。

目覚めて覚えている夢はずっと覚えているんだけど、自分の真相心理がどうなっているのか恐る恐る見てみたい気もするなぁ。

-2022年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.