2022年12月ブログ ブログ

2022年12月28日 今年最後の出社日

投稿日:

今日は仕事納めの日で、ガソリンを入れておきたいから車通勤をすることにしたのだが、いつもの半分くらい車がいなくて、信号待ちや渋滞でギターを弾く間もなく、あっという間に会社へ到着してしまった。しかもいつもより30分以上は早く会社に到着してしまい、久しぶりに早朝の人がいない電気街にでも行ってLeica M3とElmar90mmでストリートスナップでも撮影しようかな?とか思ったけど、寒いのと撮り飽きてるからいいやと思い、素直に会社へ入ることにした。

よくよく考えてみると、やるべき仕事が少しだけあって早朝朝イチから珍しく仕事をこなして、細々したタスクを片付けることができた。複数人でファイルを共有する作業で、同時作業が行えない状態なので、誰かがそのファイルで作業中の時には他の人が書き込めないという非常に不便な事になっている環境がひとつだけあり、人が来ていないうちにファイルを占有して、やるべき事をさっさとやってしまおうという作戦。

ストレスフリーで作業することができた。で、またもや年配の営業の人から1案件依頼が舞い込んできたが、30分くらいで片付けてデータを渡すことができた。簡単に終わるものはさっさと終わらせておかないと、タスクが溜まってしまって面倒な事になるだろうから、さっさと終わらせた。

そして午前中は、昨日にまとめた今年の振り返りを参考にしながらの、来年の行動目標を設定することができた。とても素晴らしい時間だ。

それに伴い、やや早いが来年1月の行動目標も決定することができ、年間目標と1月の行動目標は、私が愛用しているimindmap(PC版)でマインドマップ形式でジャンル別けをした行動目標を手帳に貼り付け、そこに補足だったり追加だったり修正をペンで書いていくスタイルである。

今年もすべてマインドマップ形式で行っていて、整理されていてとてもわかりやすい。もちろん文書にもまとめてリスト状態にはしているが、リストだけだと全体像が掴みにくいがマインドマップ形式だと、月の行動をジャンル別に一覧で確認することができて、とても便利である。

先日も書いたが、今年の総まとめと来年の大まかな展望は31日のブログにでも記そうかと思っている。31日はどうせ書くこと無いだろうからという計算ありき・・・ではなく、やはり年末最後の日に総まとめをするのが筋というものであろう。

午前中を全て来年の行動目標設定に割り当てたが、非常に充実した素晴らしい時間だったよ。それと、来年のやりたい事と創作活動リストなんかも余った時間で書いてみたんだけど、各々50項目(ほぼ日に100項目書くページがあるから)書き出そうと思っていたんだけど、意外とやりたい事というのが少なくて、まだ半分くらいしか埋まっていない。これは、思い付いたり思い立ったり気分で書き足していけばいいだろう。無理にやりたい事を50個やら100個やらを書き出しても、どうせできやしないんだから、本当にこれはやりたい!と思った事を書き出した方が精神的にもいいだろう。

できたらいいなぁというのは、備忘録として書いておく程度に留めておいた方が、やり遂げられず、ずっとリストに残り続ける精神的ダメージ(下手したらトラウマレベル)も軽減されるというものである。

昼から社内で大掃除が始まり、私の場合は自分の机回りで手一杯である。なにせ引き出しの中はカオスな事になっていて、手帳に貼るステッカーやらプリントアウトした写真が乱雑に入っていたり、大昔に購入したもう使わないような下敷きだったり、バイオハザードの本だったり、エアガンのスペアマガジンだったり、分解したレンズだったりを1回机の上に全て出して、不要なものは捨てるなりをして、引き出しの中をスッキリさせる必要がある。ニンテンドーDSやら3DSが出てくるのは当たり前で、全て机の上に出したら「世田谷ベースかよ!」というツッコミをされる始末。大人のオモチャ箱をひっくり返したみたいな感じになっちゃってたな。

でも、机の引き出しの中を綺麗に拭いて、山のように積み上がる手帳のリフィルやノートは、きちんと取りだしやすいようにして(これは以前からキチンとしていたが、取りだしずらかった箇所があった)小物はボックスにしまい、整理整頓をすることができたのだが、来年に引き出しに入れるボックスみたいなものを購入して、さらにシステマチック(?)に整理しようと思った。とにかく、ステッカーが多かったな。全部で500枚くらいあるんじゃないかな?

ある程度は缶なんかに入れておいたんだけど、入りきらないものやらマスキングテープやら文房具系が主に多い印象。女子かよ!ってくらい女子力高ぇ。

今日の仕事納めは昼で終了。お掃除終了後は解散となり、飲みに行く奴らや帰る奴ら、私は近場の喫茶店で手帳整理の続きと、テロ犯コメディ小説の続きを執筆することにした。

ツナサンドとアイスコーヒーで18時まで粘った。最初の1時間は、やりたい事と創作活動のリストを色々と考えながら、さらに埋めていき、ロードバイクの事やら運動の事やら、ワクワクするような事を考えることができて幸せな気分である。

テロ犯コメディ小説も多くの時間、執筆することができストーリーも進んだのだが、またもや成り行きで(大筋のストーリーからは脱線していない)考えてもいなかった新たなイベントが起きる方向で文章を書いてしまい、最後の最後でやや手が止まった感じ。大筋の通りにダラダラ書いていても、なんだか平坦な文章が続いてしまい読んでいて面白くないんじゃないかな?と思い、少し賑やかなイベントというか、少しは本筋から離れたような(でも伏線になっていたりするんだけどね)内容も書いた方が強弱があっていいなと思い、つい考えてもいないシナリオに突入してしまい、やや困った感じ。

いつものように、歩きながら考えたり寝る直前に考えたり、風呂に入っている時に考えたりすれば、辻褄が合うというか、うまく器用に立ち回れる突破口を思い付くかな?といった感想。今は、タモロックの新曲あんちゃんの歌詞も考えながらの同時思考になるから、そこでまた不思議な融合爆発が起きる可能性もなくはない。

テロ犯コメディ小説は9万7千文字オーバーまで書き進めることができ、着地の文字数から計算すると約75%で、全体のストーリーから考えるに丁度いい文字数で進めることができている。当初の着地文字数を約3万文字くらい減らしたわけだが、ダラダラと長くしたところで読んでいる人は飽きてしまうだろうし、文字数が多ければ優れた作品ともいえない。今回の作品のストーリーのテンポはよくないが、その代わりにどうでもいいコメディネタをブチ込んでいる。

以前書いた短編集03に掲載しているコメディ小説のミヤピスカルシロを上回る多さのコメディネタだと思っていて、私が書きたい事を好き勝手に書いて責任をとらないみたいな内容。

販売してしまって大丈夫かな?とやや不安になるな・・・

-2022年12月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.