2022年07月ブログ ブログ

2022年7月24日 懐かしのタモラップ修復

投稿日:

今日は日曜日で、先日は寝不足なせいなのか、コロナに感染しているのかよくわからなかったが、とにかく頭がズキズキするから早めの就寝をした。いつ寝たかは自分では覚えておらず、気付いたら気絶していたみたいな感じになっていたが、お約束の夜中の2時くらいに1回目が覚めトイレへ。

小学生の頃くらいの時代には、特に夏休みの期間の昼間に「あなたの知らない世界」とかいう、昭和のオッサンなら知らない人いないんじゃないかー?くらい勢いのある心霊番組をやっていて、小学生の私は当然信じこんでいて、当時、夜中の2時なんかに目覚めたら、絶対に鏡の前には立てないし、当時は2階建ての家に住んでいたから階段の音に耳をすましてしまったり、誰かがドアの扉をノックするんじゃないかとか、布団から出ている手足を切られるんじゃないかとか、窓が揺れたと思ったら窓ガラスを突き破って恐怖新聞が投げ込まれるんじゃないかとか、その割れたガラスは誰が弁償するんだよチキショー!とか考えたりしたのものだが、さすがにオッサンになると、そういう心霊は信じなくなり恐怖心もなくなったから平然とトイレに行き、洗面所で鏡を見ながら手を洗うことはできた。小学生の頃は怖くて夜中にトイレなんて行けなかったんじゃないかな?夜中にトイレに行くような子じゃなかったから、一回寝たら朝まで絶対に起きない体質だったからよかったが、当時は部屋にペットボトルとかないし、もし仮に大の方がしたくなったら、それはそれで恐怖だなと。

もちろんオッサンになった今では、大でも小でも夜中にトイレに行くことができるという当たり前の事をドヤって書くが、小学生の頃は不思議と幽霊は夜にならないと出てこないという絶対的自信があったんだよな。だから昼間は森林の奥深くまで探索できたけど、逆にオッサンになった今では森林の奥深くへ行く勇気がないな。何が起きるかわかったものじゃないし、昼間にも霊的な現象は余裕で起きるし、蜂は怖いし蛇も怖いし、謎の昆虫も怖いしクマなんかも怖いし。

ベッドに戻り、眠気覚めたなー、あと3時間後に目覚まし鳴るし、もう寝れないかな?なんて考えているうちに気絶するように寝てしまったみたい。いつもより長く寝たおかげか、目覚めはよかったな。頭のズキズキも治って絶好調な感じ。で、いつものように手帳の整理から入り、朝食の買い出しからの食後に少しゆっくりしてから、先日の続きのタモロック「タモツ他伝イメージアルバム」のリメイク作業をすることにした。

先日同様に、クリアな音声とボーカルが目立つように調整をしたりエフェクトをかけ直してバウンスする作業を行ったのだが、「タモツと愉快ななまかたち 冬休み編」と「寿司屋 友禅」のボーカルは、元の声録りの時点でエコーをだいぶ効かした状態(カラオケ状態だね)で録音していたらしく、全てのプラグインをはずしても、籠ったような風呂場で歌っているような感じに。でイコライザーでうまくクリアな音声に強引にカスタムするも、ヘッドホンで聞くといい感じではあるが、スマホのスピーカーから聞くと、あまりよろしくない。どうしようかな。もう一回録り直そうか悩むレベル。このままでもいけるといえばいけるのではあるが。タモツ伝説スペシャルのアルバム制作のボーカル録りの時にでも、ついでにやりなおそうかな。

タモツ他伝イメージアルバムのリメイクを全曲やり終えることができ、タモラップの古いオリジナルデータを見つけてしまったから、こうなったらタモラップも直したいなと思いファイルを開いてみると、Logic Pro Xにバージョンアップする前のバージョンのLogic Proで作成していたらしく、アイコンのデザインが古くさい。

でもLogic Pro Xで開いたら、うまく変換してくれて開くことができた。10年前くらいに作ったデータだから懐かしさの余り、余韻に浸りたくなったが、自分で作った曲を再生してみるとゴミ箱へいれたくなるという衝動にかられる(笑)。でも、タモツ他伝イメージアルバムと同じ感じで修正していくと、かなりいい感じに修正することができ、これはこれでありだなと思えてきた。気のせいかもしれない。

ついでに1stと2ndシングルも再調整することができ、タモラップを除く現在販売中の曲全てをリメイクすることができ、どの曲も非常に聞きやすく調整することができ、パッケージを変えなければ、そのまま販売することができるのだが、せっかくだからパッケージも変えたいかなぁといった感想。もしやるなら、明日以降の平日にでも案を立てて作ろうかと思う。

夜には、タモツ伝説スペシャルの「バーチャタモツ伝説スペシャル」の曲と「スリッパの逆襲」の曲を、非常に操作方法が難解のipad版imovieで5年前に作ったジャケットと100times shockのタモさんイラストが表示されるようにmovファイルを作成して、友達にLINE経由で見てもらったのだが反応はなかったな。デモ版だからイマイチなのだろうか?スマホゲームの時は食い付きがいいのだが、音楽関連は食いつきが悪いんだよなぁ。タモツ仲間なのにねぇ。

今日は一日、タモロック活動ができて大変満足な感じ。あとは、タモロックを復刻版で出すか出さないか。どうせ売れないんだから出しておけば?という声が脳内で聞こえたような気がするから、一応、リニューアルしたタモラップのパッケージのデザインでも考えてみようかな。

-2022年07月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.