2022年08月ブログ ブログ

2022年8月30日 ほぼ予定に事が運べた日

投稿日:

今日は、朝から雲っていて、とても過ごしやすい気温である。

スマホで時間天気予測を確認してみると、会社から帰る19時からジャストタイミングで雨が降る予想になっていて降水確率が70%になっていたから自転車通勤は諦めて、車通勤をすることにした。

実際には午後から雨が降ってきて翌日の朝方まで雨が降っていたから車にして正解だったのだが、マウンテンバイクであればカッパを着てまでも自転車通勤しようと思えばできるんだよなぁ。一回、雨に濡れてしまえば諦めがついて、むしろ雨が気持ちがいいくらいの感じになるのも悪くはない。

今日の車通勤は、行きはタモツ伝説スペシャルのボーカル録音のためのボイストレーニングという事で主にアニソンを多く歌いながら運転してみた。何せ昭和の人間だから、歌う曲も古くてチャチャにおまかせとかムーンリベンジとかキャプテン翼のエンディングの曲とか(何とかのライオン)そういうの。少し話が外れるが、ムーンリベンジを聞くと、未だに泣きそうになる。そして、何故か夏に聞いていた印象が強くて、ムーンリベンジ=夏というイメージ。20年くらい見ていないけど、今、セーラームーンRの劇場版を見ても泣けると思う。むしろ、あの映画を見て泣けない人は心がどうかしているんじゃないかと思うくらいって、そりゃねぇわ。

車通勤にしてよかったのは、会社の帰りに結構な雨が降りだして、結構な渋滞になっていたんだけど、ここで数日前に通勤車に投入したマーチンのアコギが大活躍ですよ。信号待ちとかタイミングがあれば手に取って、本当に軽くだけど手に馴染むように弾いていて、エレキと比べると鬼のように玄高があり、しっかりとコードで音を鳴らすには、しっかりと弦を押さえて鳴らさない弦をミュートする必要がある。エレキだと、結構ごまかせちゃったりしているんだけど、アコギは誤魔化しが効かず、変な押さえ方でジャラ~ンと鳴らすと、とても耳障りな何ともいえない気持ち悪い音がするから、コードを押さえる基礎練習なんかにうってつけなのだが、そのアコギでC D F Dという王道とでもいおうか、そんなコード進行で様々なストロークでコードチェンジをしながら、ピックなしのフルストークでアコギを弾く事ができた。

文章だから音までは伝わらないが、あんなフルストロークで大きな音を部屋の中でたてたら、余裕で苦情が殺到するレベルであり、恐らく、マーチンのアコギを入手してから、あんなガリガリ、バリバリ弾いたのは初めてなんじゃないかな?ものすごく気持ちよかった。

ものすごく気持ちよかったんだけど、ありきたりなリフばかりで弾いていたから、気持ちよさ優先にしてしまい斬新なアイデアは残念ながらでなかった。ミュートもエレキと異なり、しっかりと押さえていないとミュートされないから、所々ヘボい音が出ていて、これは車の中でもっとアコギに慣れ親しむ必要があるなと感じた。アコギで修行してからエレキに戻ると、なんだ!この押さえやすい楽器は!となり、レベルアップが見込めるのである。

久しぶりにアコギを触った時のハンマリングやらプリングオフも、アコギが手に馴染んできたのか、当初のような違和感もなくなって、音が普通に出るようになった。って、昔はできていたと思うんだよな。

会社に到着して、今日は先週に遊びすぎたツケが回ってきて、大量にタスクを滞納してしまった件を急いで片付けるの後半である。昨日に、結構な量のタスクを捌いて約7割くらいは片付けることができたのだが、今日は1社の会社のお客さんから5案件もの仕事依頼がきており、一つ一つはそんなに大きなタスクではないのだけれども、5案件もあるとサッサと片付けたくなるのが心情である。

途中で、会社の備品を発注しにヨドバシアキバまで散歩をしたくらいで、それ以外は今日も仕事に時間を全振りした。ヨドバシアキバまでの道のりで、調子はやや悪いが直りたて(単にバッテリー寿命か)のGR3を使い、約10日ぶりのGR3スナップ遊びをしながら移動して、調子を確認するためと、途中から楽しくなってしまい約50枚くらい写真撮影をしながら散歩ができた。

GR3の調子はあまりよろしくはないが、今まで通りの撮影スタイルである抜撮術を使うと、今まで通りの撮影ができる事に気がついた。構図をよく狙おうと長い間、GR3の電源をつけているとレンズユニットがカタカタ動きだし、背面の液晶モニタに表示された景色が歪み始めたりしていたんだけど、ポケットから出して1秒後にはレンズユニットが収まる状態で、自己流で「抜撮術」と名付けているんだけど、そのうち瞬発を越えた抜撮術でも会得したいものだと思っているが、要するに2秒くらいで撮影して電源を落とせば、レンズユニットがおかしな動きをする前に撮影を終えて、電源が切れているから問題なく使用できている。SDカードにも、きちんと撮影データが残っていたから、当面はこのまま使い続けて、よっぽどお金が入ったら修理に出そうかとは思っている。

通常はGR3のメリットというか機能を活かして、ポケットから出した瞬間にシャッターを切って、電源が切れる頃にはポケットに収まっているスタイルで撮影をしているから、完全に電源が入らなくなるまではいけそう。今のカメラ技術の耐久性であればシャッター限界回数は20万回までいけるだろうから、あと5倍の枚数の撮影をGR3でやっていきたい。

実質は午後から5案件のタスクを片付け始め、夕方には5案件全てを終えることができたのだが、その間に3、4社くらいから電話が入り(全部、個人のスマホに・・・)、新たに2案件のタスクが増えてしまった。まるで、ぷよぷよで邪魔ぷよを消して、ようやく少なくなってきたと思ったところに、再び邪魔ぷよが落ちてくるみたいな。また、話が脱線するけど、私はパズルゲームは嫌いではないのだが、ぷよぷよは苦手で大連鎖とか狙ってできないからぷよぷよは嫌いなんだけど、MSX版の魔導物語は好きだったな。

いくつかの機種で魔導物語を所持していたのだが、ガイコツがお茶をもって「オチャー!」としゃべっていた印象がとても強く、MSX版ではSE出ないと思うからPC-98版かFM-TOWNS版かのどちらかだったのだろう。X68Kだったかもしれない。

ややタスクは増えてしまったが、それ以上に消化できており、先週の金曜日に組んだ予定とは若干異なってきてしまったが、早期の全タスク消去は見込めている状況。どれから手をつけていいのかわからずに、いつ終わるのかもわからない状況とか耐えられないが、回りの社員を見ているとメモを取る社員が少なく、やり忘れがあったりパニックに陥っている社員をたまに見る。私からしたら、よく耐えられるなと。たまにお客さんから頼んだ仕事のメールが来ていない、今日欲しいんだけど!とう電話が会社に入ることがあり、そんな状況に何回陥ってもメモをとらない社員は意外と多いのである。

窓際社員である私の方がしっかりしてるんじゃないだろうか?と疑問に思うことがあるが、こればかりは性格というか性分なのかもしれない。メモを取らなくても完璧に立ち回れる人もいれば、私のように常にメモに書き記して交通整理をしないとパニックになってしまう人もいるだろう。メモに書いた時点で、よっぽどのイレギュラーが無い限りには予定通り終わるという確信というか、自分との約束ができるから、頭の中が空っぽになっても安心という保険をかけている。悪く書くと要領と効率が悪いから、一回全部のタスクを書き出して優先順をつける必要がある。

なんにしても、今日は朝から晩まで予定通りで、浅中杉太郎の執筆ができなかったところまで、予定通りであった。

-2022年08月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.