2022年09月ブログ ブログ

2022年9月12日 なぜか問い合わせ多数事件

投稿日:

今日は月曜日なので会社へ出勤する日である。

今日のザックリした予定は、会社のお客さんからの依頼4案件を片付けるという重要なタスクを予定している。それでも時間を余らせて、会社のノートパソコンにcubaseをインストールして、取り込んだmidiファイルの音の鳴らし方をマスターしようという考え。それでも時間があるようなら、来年の新生タモロックの事前準備でアコギをメインに使った楽曲でも作ろうかな~なんて呑気な事を考えた。

ここ最近は、そういうお気楽な予定をたてるも、仕事依頼が多くて思うように行動できていなかった事をすっかり忘れてしまっての思考。土日挟んだら先週の思い通りに動けなかった事なんてすっかり忘れてしまうのが私である。

いつものように車出勤で、いよいよタモツ伝説スペシャルのボーカルレコーディングが近づいてきたから、まだ慣れていない苦手とする曲のメロディを頭に叩き込み、信号待ちでは歌詞カードを見ながら歌練をした。自分で作った曲なんだから歌詞とメロディくらい、いい加減に覚えろよ!と自分でも思ってしまうな。曲によっては歌いやすかったりするから、覚えられやすい曲と覚えにくい(歌いずらい)曲に完全に別れる感じ。

コード進行に乗せたリズムで適当にボーカルラインを作っているから、流れで音符詰め込み過ぎだったり歌詞と音符のタイミングが悪い場所があったりするところもあるな。もう直さんけどな。

会社の駐車場に予定より早く到着したから、今日もアコギのコードチェンジの練習と、ピグノーズのエレキでペンタトニックパターンを弾いて遊んでいたら、何年前に交換したのか覚えていない錆び付いてヨレヨレになっている6弦がついに切れてしまった。車の中には交換する弦は積んでおらず、ニッパーも積んでいない。とりあえず全ての弦を外して、数年ぶりにピグノーズをアルコールティッシュで拭きあげると想像以上の汚さ!

特にね指板が汚すぎて、アルコールティッシュが真っ黒になった。約20年以上使い込んでる(10年以上は使っていない時期があったが・・・)だけあって、普段押さえている場所が黒くなっているのは年季が入って格好いいけど、まさかアルコールティッシュ1枚が真っ黒になるまで汚れているとは思わなかった。間違いなくスマホよりも汚いな。こうなると普段から指板を拭きたくなるが、弦を張っているとなかなか手間で磨かないんだよなぁ。しかも練習用のギターだから弦が切れるまで交換しないしな。

会社に到着してからは、毎週月曜日恒例の先週の振り返りからの今週の目標設定を行った。もちろん今月の行動目標の進捗も考慮しながら、先週の行動を振り返り、何ができて何ができていないのかの分析からの、今月の行動目標をクリアできるような動きを今週の行動目標へ落としていくという作業。月初に決めた行動目標の他に、途中で思い付きの行動目標の追加があったりするから、臨機応変な行動計画を建てられるように心がけている。

先週は運動はよっくできた。自転車で通勤はできなかったもののFitboxing2やルーティンのプリズナートレーニングもこなすことができ、体重も安定しているが下がる事はまだない。何故なら、昼食の炭水化物を10g以下にするという目標が達成できていないからなのだが、あまり思い詰めてストレスになってもダメだし、できなかったことは仕方がないという、多少の自分への甘さを残しておくのが、長続きさせるポイントである。「絶対にやるぞ!」という意気込みと多少の妥協を織り混ぜた湯加減が必要ではないだろうか?と思っている。昔のような軍隊式で常に精神力を高めておくのも、ひとつの手段であり悪くはないのだが、そこまで頑張れる気力は年齢と共に減少しているのかもしれないな。あとは常に整理整頓もうまくできているかな。

先週は、セール中のcubaseを購入して、自宅のDTM環境を一変することができた。WidnowsでもDTMソフトは複数導入しているのだが、それでもギターやベース、ボーカルのレコーディングはimacにインストールしてあるLogic Pro Xをメインに使っていて、WindowsのDTMソフトだと各社外部プラグインを読み込むことができなかったり、機能的に中途半端でとにかく用意されている素材を組み合わせて簡単差曲とか、作曲のベースとなるデータを作っているSingerSongWriter8.0も楽譜を作るにはうってつけなのだが、レコーディングとなると弱い。ソフトによって一長一短があり、そのなかでも群を抜いて使いやすいのがLogic Pro Xだったという話であり、cubase pro12であれば、外部プラグインの導入はできるし、レコーディングも悪くは無さそうだし、感覚的にはLogic Pro Xに代わる機能を備えていると思い、セール中という事もあって導入した。操作方法が複雑だという事を除けば、非常に良いソフトといえよう。

今日も、自宅で夜遅くまでcubaseと格闘しており、ようやく取り込んだmidiファイルの各トラックにmidi音源をセットする方法がわかったのだが、時間がかかり過ぎて0時近くなってしまい運動をすることができなかったという足を引っ張るソフトというイメージが拭えない。サイトで色々と調べていると、やはりcubaseはバージョンアップすることに機能が追加され、画面が複雑で何回もクリックしないと目的の項目までたどり着けないような事が記されていた。その人のサイトには、機能を理解するまで4年かかったとか恐ろしい事が書いてあったが、私の場合は自分が使う最小限の機能だけわかれば、とりあえずいいやって感じ。でも、wavファイルを取り込んだ際にコード自動判別機能がついているらしく、それはとても気になるね。だから明日あたり、気になる曲のコード自動判別を試してみたいと思っているが、その機能を使えるまでに1日くらいcubaseと格闘しなければいけないかもしれないな。

手帳の整理も終わり、まずは面倒臭い残4案件を一気に終わらせてしまおうと思ったら、そこから私への問い合わせが多数殺到。先週に訪問した会社からも操作方法等で質問はくるし、朝から夕方までずっと私宛への電話対応で1日を終えてしまった。

しかも、会社の私専用のお客さんは私物のスマホに連絡をしてくるから、スマホ1日フル稼働みたいな感じになってしまい、自分の時間もうまく使えないことから、少しイライラしてしまったが、これは業務であって当たり前の事ではある。窓際の分際のクセに働きすぎだ!と思って腹をたてたのか、自分の時間がとれずに腹をたてたのか、やるべき仕事が全くできなかったから腹がたったのか、もしくは全てが原因で腹をたてたのかは自分でもわからないが、とにかくムカムカしてしまった。だからと言って何かしたわけでもなく、電話対応しながら会社のノートパソコンにcubaseをインストールして少しいじるも、やはり音が出ずにイライラするという悪循環。

電話対応をしながら株の取引をして、少し利益が出せた事くらいがせめて良かった感じ。

でも、ようやくmidi音源のセットができて音が出せたけど、肝心なベースの音やらギターの音源はどれを選べばいいのかはわかっていない。最悪、そこはレコーディングしてしまうから、どうでもいいのだがドラムの音も全く理解できておらず、もしかしたらドラム専用のトラック(スネアとかタムとか個別に別れているやつ)にデータを移さないとドラムの音は出ないんだろうなぁという嫌な予感はしている。Logic Pro Xだと音符レベルでドラムの音を鳴らすことができて楽なんだけど、cubaseも慣れればきっとドラムの細部の音にまでこだわった音作りができるのだろうなと思っている。が、そこはLogic Pro Xくらい単純でいいと思っている。

今日、できなかった事は全て明日にスライドしたが、明日こそは残タスクを全て片付けたいところである。

-2022年09月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.