2022年10月ブログ ブログ

2022年10月1日 ボーカルデータで大苦戦

投稿日:

今日は土曜日で会社は休みである。でも、いつも通りの朝5時起床からの朝食作りからの部屋全体の掃除。さらに、食材の注文作業なんかを行い、少しだけうたた寝。からのKindle読書なんかをして午前中を過ごした。

休日だからと言って、外に出てウェーイするような陽キャではなく、休日に外に出なければ気がすまないという訳もなく、むしろ部屋で自分のやりたい事をやりたい性格だから、今日も夕飯の買い出しをするくらいしか外出する予定はない。

なので、午後からはずっと気になっていた、先週にタモツ伝説スペシャルのボーカルレコーディングをして、とりあえずミックスしてみたけど、散々な結果だったデータを全曲、再調整することにした。全部曲の音量レベルを揃えたり、どうもボーカルが籠ってしまっている曲のイコライザーをいじりまくって、何とかして籠りを解消したり、他のトラックにボーカルが埋もれないように、でもボーカルが浮かないような絶妙なポイントを探しながら1曲ずつ丁寧に調整した。

録り直さなければいけない「せめてもの償い」と「Good-by Forever」は自宅で再レコーディングを行い、ipadにirigをつないで録音してアプリ内でitunesデータに変換して、PCに接続してitunesでipadからデータを取り出して、それをitunesでwav変換をして、それをUSBメモリスティックにコピーして、それを型遅れの2011年版imacにデータを写して、それをLogic Pro Xに取り込んで、ミックスしたものを型遅れのヘボいスピーカーが搭載されているゴミのようなAndroidにデータを転送して、そこで聞こえをチェックするという鬼行程作業を何回も繰り返した。

これが最新版のimacであれば、ipadからダイレクトにデータを移せるから、何工程も面倒くさい作業をスキップすることができるのだが、残念ながらimacを買う金はない。と、言うことで面倒な行程を繰り返すことにした。

imacで聞くと「完璧なミックスだな!」と思うんだけど、ショボいスピーカーが搭載された機種で聞くと、もうね、ボーカルが浮いちゃってたり、声がかなり籠ってしまっていて、とてもじゃないけど聞いてらんないというレベル。なので、ヘボいスピーカーで丁度いい感じに聞けるレベルに合わせて、その状態でimacやらBluetoothスピーカーで聞いてみたりしても、ああ、こんな感じでいいなと思う感じ。ボーカルが少し控えめな感じはするが、聞く機種を変えるととんでもないミックスになるから、一番ショボいスピーカーに合わせて調整するようにしている。

6時間くらいかけて、全曲の(タモツさんの世にも不思議な物語は除く)音程調整なんかも終わらせることができ、これまた苦労してWindows11のPCからiphone13ProMaxに全曲データを送って再生してみると、やっぱiphone13ProMaxは音がよくて、テストで聞くにも問題はないかなーといった感想。

最初に書き上げた歌詞カードと歌詞が合っていなかったり、世にも不思議な物語もレコーディングができていないから、まだもう少し時間はかかるけど、確実に今月上旬には販売開始をすることができそう。恐らくは今週中には販売開始するんじゃないかな?といった行程まで持ってくることができた。

早いところタモロックの公式ホームページを作りたいところだな。

-2022年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.