2022年10月ブログ ブログ

2022年10月8日 タモツ伝説スペシャル完成

投稿日:

今日は土曜日で、世間一般的に三連休と言われる初日で、私も会社は休みだから世間一般的な三連休である。以前までは土曜日も出社する日であり、昭和ながらの半ドンという今の世代には絶対に通用しない状態で出社をしなければいけなかったのだが、それはそれで自転車で通勤して、AmazonprimeでTVシリーズのコナンを見ながらだったり、映画を見ながら会社のお客さんからの依頼案件を作成したり、もしくは小説を書いたり作曲したりして、家にいても会社にいても、むしろ会社にいた方が作業が捗り、会社の仕事を終えながら気になっている映画が見れたり、小説を書くにも自宅ほど机にオモチャが置いていないから、作業に集中できたり電気代はかからない等、むしろプラスだった事の方が多かったのである。帰りもまっすぐ自宅へは帰らずに、自転車で葛西臨海公園まで運動も兼ねて荒川を全力で駆け抜けたり、葛西臨海公園で写真撮影をしたりと、かなりプラスな事が多かったのだが土曜日が休みになってしまい、朝イチから部屋全体の掃除ができるようになったのはメリットではあるが、それくらいだろうか。会社へ行こうが行くまいが朝5時の起床は変わらず、朝の手帳整理も変わらずだし、自宅で執筆をしなくもないが、どちらかというと近所の喫茶店へ行って執筆することが多く、金銭面的にも優しくはないのである。不思議な事に自宅で作業する時にはAmazonprimeのビデオを見る気がしなく、無音で作業することの方が多いから、せっかくシリーズ14くらいまで見てきたコナンも止まっているし、気になっている映画も見れるタイミングがほとんどない。料理をしている時にFire HD10で流すくらいだろうか?

なので、今日も会社は休みで朝イチで部屋全体の掃除をして、急激に冷えてきたこともあり、カーペットを夏用から冬用に変えてみた。もちろん、しまう前と出した後に入念にレイコップで埃を取っているのだが、冬物を出してレイコップをかけてみると、使ってもいないのになかなかの埃の取れ具合に驚いたな。大昔の私なら、そんな手入れをするわけもなく、いきなり使っていたから身体によくないしダニもいるかもしれないし、健康上よろしくない事になっていた事は間違いないだろう。だが今は昔の私とは違い、しっかりと手入れや掃除ができるようになっているから、抜かりなく衛生面を保っていきたいところである。

それから、Kindleで半年前くらいに発売した手帳の本が50%ポイント還元をしており、1200円のKidle本を購入して600円ちょっとのポイントが入ったところで、これまた半額セールをしていた半年前くらいに出版されたバレットジャーナルの本をポイント+33円くらいの出費で購入した。1冊、本を定価で買えば、もう一冊欲しかった本がサービスでついてくるみたいな感覚で、非常にお得な買い物ができたのではないだろうか?と思うのだが、この手の手帳の本はたくさん持っているし、日経womanの万年筆がセットになっている手帳特集の11月号も買ったばかりだし、インスタでも手帳をカスタマイズしている人の投稿を毎日、ロールで見ながらいいねを押しているくらいだし、読まなくてもいいんじゃないか?と思うくらい、毎日カスタム手帳を見ているのだが、気になってしまい、つい購入してしまうのである。書いてあったり投稿している手帳の内容は似ているものも多いのだが、書き手が違うと、また新鮮なイメージがあったり、関心する内容も記されていたりしてつい購入してしまう。

手帳の本はじっくり見ることも多いし、内容なんてすぐに忘れてしまうから、何回も読み直したりすることが多く、眺めているだけでもストレス解消になっている変態気質な事もあり、手帳の本はずっと眺めていられるから、内容が似ていたとしても結果お得だと思っている。

午後からは昨日の続きのタモツ伝説スペシャルのミックスの続きを行い、PCに接続しているスピーカーとPCに接続しているヘッドホンで微調整をしながら、ここかな?というところで一回ミックスダウン。そのデータをUSBメモリスティック経由でAndroidスマホへデータを移動して、内蔵スピーカーとヘッドホンで確認。その後、同じデータをitunesを使ってiiphone13promaxへ移して、そこで内蔵スピーカーでチェックをするという面倒くさい工程を経て、さらに以前は問題ないかな?と思っていた「スリッパの逆襲」や「タモツ伝説」の曲もイコライザーを再調整してミックスダウンなんかをして、夜まで作業がかかってしまったが、今度こそは納得のいくミックスができたのではないだろうか?

で、最後の最後に車に移動して、車のBluetoothスピーカーで流して、ボーカルが聞こえやすいかの1点のみ集中して調整してみて、今度こそ、これで完璧だろう!というところまでもってくることができた。ついに、ようやくである。聞き飽きて嫌気がさしてきたが自分の曲を最初から最後まで聞きながら最終チェックを終え、これにてタモツ伝説スペシャルが完成した!という達成感を得ることができた。

約5年前にタモツ伝説スペシャルの制作中に、タモツさんの生存確認ができ、タモロックを作った目的が果たされ、6割くらい進んでいたタモツ伝説スペシャルの音楽制作はストップとなり、目的を果たしたタモロックも解体することとなり、それから約5年間は音楽活動から一切手を引いていたのだが、制作途中だったタモツ伝説スペシャルを完成させて販売する意義があると思い復活を考えてから約1年半。そして、いよいよ本格的に復活活動を始めてから、約半年かけて残り4割りの作業をこなして、ついに約5年を経て、タモツ伝説スペシャルを完成させる事ができたのである。

やった!

すでに夜になっていたが、久しぶりの達成感で、夜食をとりながらずっと気になっていたAmazonビデオのバイオハザード ラクーンシティの映画を見ながらゆっくりする事ができた。いつもなら、この後に浅中杉太郎書かなくては!と思うのだが、流石に創作活動をする気にはなれず、久しぶりにダラダラしながら気になっていた映画を見ることができるという贅沢な時間を過ごす事ができた。しかも明日も会社は休みで、もうね、油断しまくり。

仮に翌日が出社日だったとしても行動も精神的な面でも全く変わらないんだけど、大きな達成感を味わえたのは非常によろしいのではないだろうか。

ただ、ひとつだけ問題があり、今回は相変わらずCDの形態で販売して、そのうちUSBで販売もしようかな?と少し考えているのだが、なんと!自宅にCDメディアの媒体がなく、そういえば昔に、もうCDなんか使わんし邪魔だ!といって100枚のスピンドルを会社に投げ捨てた記憶があった。なので連休明けに会社からCD媒体を回収してCDに焼く必要があり、10日の発売日にはCDでの媒体はない(実物がない)が、そのまま販売開始をしてしまい、11日に会社でCDを焼き焼きして在庫を確保すればいいかという考え。仮に発売に買ってくれた人がいたとしても、11日に朝から焼いて、すぐに郵送してしまえば問題はないだろうという自転車操業的な考えだからいかんのだよ。昔、YNCとして一緒に活動していたザキヤマさんと、近々立ち飲みを予定している小説のネタにされまくっている小佐野氏にはプレゼントしようか(むしろ迷惑というか嫌がらせか?)。地元のタモツさんを知る中学の頃からの悪友には、無償でプレゼントするどころか、本人の気付かないところで車にタモツステッカーを貼ってやるかくらいのサービス精神をもっているのだが、彼らに会うのは年末だから、まだ先の話ではある。彼らの自宅の表札にタモツステッカーを貼ってもいいなくらい思っており、中学の頃からそんなノリのまま大人になってしまった関係。

-2022年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.