2022年10月ブログ ブログ

2022年10月12日 今日も調整で大苦戦

投稿日:

今日は車で通勤。ここ最近は、信号待ちと渋滞中に弾き語りやらスケールを正確に弾くような練習をして遊んでいるような感じ。毎朝、なかなか渋滞することが多く、半端ない練習時間を確保することができており、アコギを車に引っ張りこんでからは、エレキでダラけていた演奏が劇的に変化して、指先にタコができてカチカチになるという、ギター初めて数ヵ月目ですみたいな、そんな感じになってしまっている。

でも、エレキでついた悪い癖で、指を寝かして弾いてたという事実に気付いたのは驚きというか、ある種ショックだったなぁ。今までタモロック!とか言ってレコーディングしてきた曲は、ほとんどの曲が激歪みまくりの曲で軽く押さえてピッキングすれば、音が潰れてそれなりに聞こえてしまっていたのがよろしくなかった。たいして難しいソロとか作ってなかったし。それはそれで、そういうスタイルでプレイを継続していくのも悪くはないんだけど、来年からは新生タモロックとして、今以上にまともな曲を作っていくという心構えで、ギターを弾く時に指が寝ていたら早弾きできないし、正確なピッキングも無理だろう。何より音の出方も違うしね。おかげで25年前くらいの時、Fコードというかバレーコードが押さえられない!とか言って、人指し指の腹が水ぶくれみたいになった時の事を思いだし、初心に返って渋滞中やら信号待ちの時のみではあるがギターを楽しむことができている。

時間は集計していないけど、渋滞中やら信号待ちの時間をトータルすると、かなりの時間になるかと思うから、読書なり創作活動なりギターの練習なりに時間を割り当てていきたいものである。

会社に到着してからは、いつも通り手帳整理をこなした。

珍しく、手持ちの案件が1案件しかなく、しかも今日は全くやる気にならないから、明日へ回すことにして、本来やらなければいけない仕事を半日くらい進めることができた。私としては集中力がよく持ったものだと関心するくらい仕事を進めてみた。夕方前くらいからは、タモツ伝説スペシャルのボーカルデータの調整を進めることにした。

もうね、これで何十回目の調整になるかわからないけど、ボーカルのミックスには時間がかかっている。声が籠ってしまい、クリアに聞こえるかな?と思ってミックスダウンしてみても、PCのヘッドホンから聞こえる音質と、ヘボなAndroidのスピーカーから出る音と、iphoneの少し重低音が効いた内蔵スピーカーから出る音の質が異なり過ぎて、とりあえず一番ヘボいandroidでボーカルが聞き取りやすければいいかな?と思って調整してみても、iphoneで再生するとボーカルが浮き過ぎてしまい、再調整みたない事をずっと繰り返してきたわけだが、先日にも書いたような気がするがCubase Proに楽曲とボーカルデータを取り込んで、ik multimedaのT-Racks5の無償で配布していたcommplexxorで調整をしたら、いい感じに仕上がった曲がいくつか出てきたから、それでチビチビ様子をみながら今日も再調整。

購入はしていないがデモ版でmic roomというプラグインを使い、高級有名マイクのエミュレータを試してみたら、選択したマイクによって音質が変貌して、籠って聞こえていた音声が一気にクリアになった事もあり、これはもう買うしかねぇな!と思ったのだが、かなりの微調整が必要らしく、PCのヘッドホンで聞いていた時には気付かなかったのだが、AndroidからBluetoothスピーカーにつないで聞いてみると、僅な耳障りな小さなノイズがずっと入りっぱなしになっていたりと、扱いが難しそう。

マイクルームのプラグインをひとつだけ購入するよりは、今月までセール中の全部入りのMAXを購入した方が断然お得であり、どうせ買うならMAXだなとは思っているのだが、使用頻度なんかを考えると慎重に考えてから購入しようと思ってしまう。政治家のように月100万円使えて領収書がいらないとかなれば、定価で購入してもいいくらいなのだが・・・。

今日の時点で全部の楽曲の9割の処置をすることができたから、明日こそは!明日こそはっ!タモツ伝説スペシャルをリリースしたい!って、毎日こればっかだな!

タモツ伝説スペシャルをリリースしたら、タモツ他伝のアルバムとタモラップのアルバムの音声データも再調整してバージョンアップさせる予定。イチゴータナカあたりは、レコーディングからやり直したい気分だけど、バカらしいから販売自体取り消してもいいかな?と思っている。間違いなく私の黒歴史となるアイテムになることは間違いないだろう。

自宅に帰ると、先月に予約販売していて即日完売した、宝島社の秋の女性誌福袋ぶどうが届いていて、1500円(送料・税込み)で5誌とその付録がついているというお得な(内容によるけどな)セットを購入していたのだが、それがついに到着した。早速、中身を開けてみると、なかなか使えそうなポーチやら長財布やら、全く使えなそうなヘロヘロの水筒やら、じゃばら式のカードケースなんかが入っていて値段を考慮すると当たりだったのではないだろうか?という判断。

女性ものでも普通に使うし、そもそも「ほぼ日手帳」のグッズの販売対象はどう考えても女性向きなものが多く、ひきだしポーチも使っているし、女性誌もkindleで読んでいるくらいである。女装癖があるとかではなく趣味の範囲が広いという事で。

よくよく考えてみると、私が女性ものを普通に使ったりしだしたのは30年前からで、当時はビジュアル系!とか言って、眉毛は描いていたしピアスもしていたし口紅も薄く塗っていたし、鞄や筆記用具はELLEを愛用していたし、いわゆるギャル男みたいな感じだったから、女性誌を購入するも女性もののアイテムを使うにも抵抗はないな。気持ち悪いとか思われるだろうけど、そこは自己満足ということで。

夏の福袋の時にも多かったけど、福袋のネタバレみたいな書き込みが多く、ネタバレも何も即日完売していたからネタバレもクソもないんだけど、何が入っていたかというのはLineブログにでもUPしてみようかな?と思っている。でも、Lineの友達になっている人とかに見られてしまうから、リアルに私を知る人が見たら間違いなくドン引きするだろうから、ひっそりと裏アカ登録してある某サイトで紹介してもいいかな。そんな事するくらいならだんまりを決めた方がいいんじゃないか?と思うかもしれないが、SNSを使いすぎたせいで、何かしらの情報を自己発信して裏アカとはいえ自分の存在を世間に発信して存在確認してもらいたいという欲求があるのかわからないが、そういう気持ちにさせてくれるのは間違いない。

ユーチューブとか特定のチャンネルしか見ていないからわからないけど、家族で全てをさらけ出してしまっている人もいるっぽいし、どこまでオープンに発信するかも考えものな世の中だなぁと思うし、裏アカを使っていても熱狂的なファンは正体暴きに躍起になり、足がついてしまうという事も少なくないのだろう。どちらにしてもSNSを利用するにあたり、リテラシーというか匿名発信できるという安心感はもたない方が無難なのかもしれないな。

-2022年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.