2022年10月ブログ ブログ

2022年10月22日 タモロック新曲制作開始

投稿日:

今日は土曜日なので、会社は休みである。

いつもながら、土曜日は朝5時起床の手帳整理やら写真整理をしてからの朝食の準備をして、休む間なく部屋全体の掃除を約1時間30分くらいかけて終わらせるのが土曜日の習慣になっている。部屋全体の掃除は、全ての家具をどかして掃除機をかけた後、手で雑巾掛け。ほぼ全員が寺の修行僧を連想するのではないだろうか?という、あの拭き方である。小学生の頃に牛乳ワックスとか呼び名が付いてい牛乳ワックスは使わないが、だだだだだっと猛ダッシュで水拭きをかける。

通常の家庭であれば、間違いなくモップタイプの長い柄がついた道具を使って床を掃除することだろう。しかしそこは敢えて、脚力を無駄に使った雑巾掛けである。私は寺の修行僧でも小学生でもないが、運動のためにやっているのである。運動不足の人がやると、足腰が筋肉痛になるレベルの運動にはなっていて、運動も兼ねた掃除ができて効率が非常に良いと思っている。

ちなみに窓ガラスを拭く時も、ベストキット(初代の方)を思い出し、相手の正拳突きを払うようにはやってはいないんだけど、大きく身体を動かしながら窓を拭くことによって、結構な運動になっていると思われる。掃除が終わると結構汗ばんでいて、夏場だと汗がダラダラと流れ落ちていて気持ちがいいくらい。最近は、やや気温が下がってきたこともあって、汗ばむ程度である。

今朝もiPhone13 ProMAxで撮影した写真をパソコンに取り込み、月ごとに整理をして、アマゾンフォトへアップロードして、さらにNASにもバックアップを取るという厳重体制をとっていて、GR3の調子が悪いこともあり、ここ最近ではiPhoneでばかり写真を撮影しているような流れ。

Leica M-D typ262では大袈裟だし、M3は持ち歩いていることは多いんだけど、ここぞ!という時にしかシャッター切らないから、どうしてもメインはiPhoneになる流れ。標準のカメラアプリだと全くと言っていい程、私には役にたたないアプリで、むしろ、これでよくiPhoneのカメラの性能がいいとか(3Dレタリングは別として)言えるなぁなんて思っていたんだけど、EE135フィルムという有料アプリを使い初めてからはiPhoneのカメラが気に入った感じ。って、それレンズ関係なしで、promaxである必要性は全くないという前代未聞な状態になっているんだけど、でもEE135フィルムのアプリで撮影できるカラー写真がフィルム気質で撮影でき、とても気に入ってしまい10月の後半で1000枚を越える写真データを保管した。

スマホで月1000枚を越える撮影をしたのは、Mate20Pro以降のことであり、Mate20Proは2年間で約20万枚の写真を撮影して、2年目で返却して残り2年の残高をチャラにしたんだけど、返却する時にはオートフォーカスだとピントが合わせられなくなっていたくらい使い込んだ。

さて、今日は掃除を終えた後に、以前からチマチマ進めていてコード進行を考えて、SingerSongWriter8.0のソフトに少しだけ音符を置いて放置していた作曲の続きを行い、今日はノっていたのか、昼と夜で作業を分けたんだけど、1曲丸々作ることができた。

もちろんメロディラインもバッチリ!なのだが、この曲のタイトルが微妙に困っていて、「あんちゃん」という曲名にしようかな?とも考えている。

あんちゃんは、兄ちゃんとも書き、要するに今は亡きグズのおっさんに贈る曲という事になるのだが、いつかはつくってみたいなと思っていたんだけど、ある意味、死人に口なしで私が一方的に書きたい放題になってしまい(今までもそうだったけどな・・・)それはそれでいかがなものだろうか?といったところ。タモツさんをディすらなくなったのはいいが、次グズのおっさんをディするんかい!って話になってしまい、どうしようか検討中。どちらにしても「チンパンヤロウ」のイメージの曲ではないから、あんちゃんを却下したとしても、チンパンヤロウの曲になる予定はない。

今回、作曲しているのは、「迷走もしくは瞑想」とでもアルバムタイトルをつけようかと思っていて、旧タモロックと新タモロックの中間に存在する、エキジビジョン的な位置付けのアルバムで、後にも先にも、今回出すようなCDは作らないという、新生タモロックになる前にやりたいことやっておこうか!みたいな。そんな感じのアルバム。だから曲も惰性で作ることになり、特に深い思考があっての歌詞や作曲ではない。今回の曲もAメロとBメロは全てEmのみで構成されているし。ある意味スゲー!曲なのである。

午後から夕方にかけては、いつもの喫茶店で浅中杉太郎の休日を9割くらいまで書き終えることができ、あと1回ないくらいの労力で書き上げることができそう。おまけ的なシナリオで、かなりふざけたものではあるが、本来は書かなくてもいいシナリオで本当におまけ程度だから何でもありかな。という考えて書いてみた。文字数は想定通りの3万文字いかないくらいで決着がつきそう。

今日は完走することができなかったが、明日あたりには浅中杉太郎の1巻目の作品は全て書き終えることができそうである。

そういえば、タモロックのアルバム制作を進めるのは楽しいからいいんだけど、またM:rderのイメージアルバムの存在を忘れていて蔑ろにしてしまったな。いつになった出来ることやら・・・。

-2022年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.