2022年10月ブログ ブログ

2022年10月31日 UltraStreetSnapperGR3発売

投稿日:

今日は月曜日で、昨日はCubase Proのせいでダラダラと無駄に時間を過ごしてしまったせいか、少しダルい感じ。ダラダラしているとダルくなるのはわかっている事であり、月曜日からダルいのは最悪なコンディションである。

今日は車通勤をして、引き続きアコギを弾き続け、以前よりも相当アコギが鳴るようになり、3mmの弦高が全くといっていい程、気にならずに弾けるようになるという成長を遂げる事ができたみたい。これはうれしい!最初は弦に指が弾き返されそうで無理ゲーだと思っていたのだが、人間慣れれば慣れるものであり(慎太郎か!?)無理だと思っていた事ができるようになると、非常に嬉しい。

会社に到着して、どんよりしている場合でもなく、すぐさま手帳整理を行った。休みの間の手帳に空白ができてしまった部分を埋め、今月の1日からすべての行動を振り返り、今月の反省をした後に、次は今週の反省をして改善点を見極める。10月にたてた行動目標のクリアできたものとできなかったもの、なぜできなかったのか、できなかった事をできるようにするにはどうすればいいのか等の改善案を考えてからの来月の行動予定を組み立てる。

そして、来月の行動予定から今週の行動予定を組み立てる。

この一連の作業が非常に時間がかかるが、むしろ、ここは時間をかけてしっかりと目標設定をしていきたい。昔のように隙間なくビッチリと行動目標はたてずに、意外と緩く設定していて、かなりの余裕を持たせる必要があるという事は過去の失敗から学んでいるから、15分置きのスケジュールをたてるとか鬼のような事はもうしない。

今月は、創作作業が素晴らしかった。何が素晴らしいかというと、タモツ伝説スペシャルを販売開始することができ、浅中杉太郎のおでかけを出版することができ、そして今日はUltraStreetSnapperGR3を出版することができ、行動目標通りの結果を得ることができた。素晴らしい。

運動面はやや弱かったものの、それでもプリズナートレーニングの月目標とチャリ通勤をする回数をクリアすることができた。FitBoxing2が全くできていないのは問題であるが、これは対策をたてたから来月からはしっかり行う予定。1回やると慣性の法則なのか、やり続けることができるのだが、最初の1回目のとっかかりが非常に重要なのである。夜に、たかが30分の時間を作り運動する気力を出すだけでクリアできる課題。とても簡単な事なのだが、できていないのが現状。

仕事面でもクリアできているし、個人事業の仕事もたくさんすることができ、とても幸せである。今月は、少し無駄遣いをして、そんなに高くはないとはいえウクレレを購入してしまったのは、新しかったな。弾き語りやらアルペジオなんかの練習をチビチビしていて、最終的にはウクレレでCDを出すというのが最終目的になってしまっているが、まずは目先の来年の夏歌を作ってウクレレパートを作ろう!というところからスタートしようと思う。目的もなく練習だけとかできないよ。

そんな感じで今月の動きは、総合でかなり良かったのではないだろうか?という自分に甘い判断を下した。以前は、自分に厳しくしていて(ホントか?)、よくできた事は当たり前で、できなかった事に対して執拗に自分を責めるというやり方をしていて、9割方うまくいっていても1割できていなかったら人生終わりみたいな感じ。必死に自分でたてた目標達成を何が何でもこなす。DEVGLUチームみたいな、一瞬の気の緩みが死につながる的な思想で行動をしていたから、まったく面白くなかったな。できて当たり前で、できた事はうれしという感情を持たずに、ロボットのように目標達成を目指すだけという悲しい人生を一時期送っていたけど、もうね、そんなのやりたくないね。せっかく生きているんだから、思いきり楽しまなくては!という考えを持てるようになったのも、そういった過去の愚かな思考や行動から学んだものだから善しとしよう。

大昔に、自己啓発ばかり関わっていた時に学んで、今でも大切にしている言葉があり「人生で自分に起こる全ての事柄は、すべて自分の成長のためにある」といったような感じの言葉は今でも気に入っていたりする。単なる自己中って話なんだけど、自分の都合のいいように物事を捉えていって、ポジティブ思考でいれば、人生楽しくなるよ!という事なんだけど、人によっては受け入れがたい過去を持つ人もいるから千差万別な言葉ではないという自覚はある。

午後から少しだけ仕事をして、その後にUltraStreetSnapperGR3の写真選定を行った。

今回も200枚の写真選定をして、かなり刺さったモノクロ作品が作れたのではないだろうかと思っている。とても素晴らしい。すべてGR3で撮影したものであり、現在はGR3が壊れていて撮影することはできないが、このカメラは安くはなかったが本当に買ってよかったと思っている。購入して1年で約2万枚撮影した時点で1回調子が悪くなり、RICOHの修理センターへ持ち込み修理をして、その1年後に約4万5千枚くらい撮影したところで、GR3が壊れてしまった。修理代をケチって、まだ修理センターへ持ち込んではいないんだけど、頃合いをみて復活させるつもりでいる。今度は6万5千枚くらいまで撮影した時に調子が悪くなるのであろうか?

コンパクトなカメラを駆使していて、本体も傷つきにくくできているにも関わらず、使用感は半端なくて、かなりお気に入りのカメラ。中古で売ろうとしても、使用感半端ないから二束三文でしか売れなそう。下取りでライカのタンバールを買いたいとか、そういう愚かな事は考えないようにしている。

今のご時世、1万円もしないレンズでも綺麗に撮影できるなか、わざわざ写りが悪く操作性もよくないレンズを高額で購入しようとしているのはイカれた話。ああ、もちろん復刻版ので構わない。って何の話だよ!

どちらにしても、今日は予定通りUltraStreetSnapperGR3を販売開始することができて、とても良かった。

そうそう、ipad版のProCreateという、非常に評価の高いペイントソフトの有料ブラシセットが95%OFFで購入できる!というのが目につき、このアプリをもっていないので、アプリ代金1600円+格安ブラシセット4000円で、約6000円を使って新たなお絵描き環境をゲットするか悩み中。

セールは明日までの2日間限定らしく、記事を見ている限りでは創作の幅がかなり広がりそうで、見ているだけでワクワクするんだけど、無駄遣いに終わる可能性も非常に高く、ジャッジを渋っている状況。そもそも、この手のものであれば、Raytrekのタブレットにクリスタのプロ入っているし、ipadでも何度も使ってきているibis paintがある。ibis paintよりも幅があるのは一目瞭然ではあるが、2つのアプリを使いこなしていない私にProCreateを使いこなせるか?というと疑問ではある。

Cubase Proの失敗もあるし、なかなか慎重になっているのはよろしい事ではあるが、使ってみたら人生変わる事もあるから、よく考えて行動してみようと思った。

-2022年10月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.