2022年11月ブログ ブログ

2022年11月12日 テロ犯小説を進めた日

投稿日:

今日は土曜日で会社は休みではあるが、相変わらずの朝5時起床からの手帳整理やら写真整理を行ったが、これまた先週と全く同じで、写真はiPhone13ProMaxでEE135フィルムアプリを使っての写真撮影しかしておらず、いい加減にLeica M-D Typ262とSummicronを持ち出して、久しぶりにデジカメで写真を撮影したいと思うのだが、どこへいくにしても人は多いからコロナウィルスに感染するリスクが非常に高くなるから絶賛大警戒中である。いつまで警戒してるの?と言われそうだが、ここ最近はコロナ感染患者が激増しているみたいで(って、どこへ行っても人混みだから当然だが)毎日、救急車を5、6台は見かけている。コロナ感染数も集計する手法を変えて、まるで株式が分割したかのような、1株が安くなりましたねぇと勘違いしてしまうような数え方になっていて、東京都で6千人感染?昔を比べれば余裕じゃん!とはならずに、この3倍~4倍はいると思っているから、私の中では6千人感染したと聞いたら都内の新規感染者数は2万4千人くらいだと思っている。

日光江戸村と京都は行きたい気持ちはあるのだが、コロナウィルス感染爆発中に行く必要もないから、タイミングをみて行こうかな?とは思っている。

朝食をつくってから、速攻で部屋全体の掃除を終えることができて、精神的に楽になった感じ。掃除中も小説のシナリオを考えたり、タモツ成人のリフを考えながら掃除をしているから、そこまで苦痛ではないのだけれども、面倒臭いという気持ちがあるのは否めない。でも、隅から隅まで掃除機をかけて、レイコップで埃を取り除き、床全面を雑巾掛けをしないと埃で死んでしまいそうになるから、常に身の回りは清潔に保っておく必要があるのだ。

掃除を終えてから、午前中は比較的ゆっくり過ごしたのだが、どうも音楽の創作の調子が悪い。タモツ星人の曲の気のきいたリフは一切浮かばず、M:rderイメージアルバムもタイトルはとっくの昔に決めてあるわりには、具体的にどうやって組み立てていくのか相変わらずよくわからず、nonakamaniaも先週にAblton NOTEアプリを購入した割には、全く使っていないどころか案すら出ない状態。

午後からは、いつもの近所の喫茶店でテロ犯人に巻き込まれてしまうIT社員のコメディ色強めの小説の執筆をした。この喫茶店、コーヒーを単品で注文するよりは、明らかにデザートセットで注文した方が得過ぎて、毎回ダメだと思いながらも、ついチョコケーキとアイスコーヒーセットを注文していたんだけど、チョコレートケーキばかり食べていたら死ぬぞ!?という危機感から、今日はチーズケーキセットに変更してみた。

パンケーキセットとチョコレートケーキセットとチーズケーキセットがあり、ボリューム的に、どう見てもチョコレートケーキセットが豪華過ぎて、3種類全部同じ金額という非常に不条理な条件になっている。明らかにボリュームが事なり、小振りなチーズケーキセットであれば量より質で、とても美味しいチーズケーキなのだろうと予想をして注文してみたが、いやいや、これならチョコレートケーキセットの方が豪華だな!という結論。

パンケーキセットはまだ未知の領域で、写真で見る限りはショボい。が、こればかりは注文してみないとわからない!と言いたいところなのだが、チーズケーキセットの写真もショボいから、ずっと避けていたのだが、もしかしたら写真通りのショボいパンケーキが出てくる可能性が非常に高く、無難に罪悪感を抱きながらもチョコレートケーキセットを注文してしまいそうな、そんな弱い自分の心に打ち勝つ必要はありそうだ。なので、もし次回も近所の喫茶店へ行ったらパンケーキセットを注文してみようと思う。出てくる品によって、小説を書くテンションは変わらないから、実被害はない。

で、テロ犯に巻き込まれてしまうコメディ小説を今日は2万文字越えまで書くことができ、全体の約2割くらいの進捗。約2万文字を越えて、ようやくここから本題に入るところまで書いてから、どういう入り方をしようか悩んでしまった。話の大筋はきちんとたてているのだが、細かなニュアンスというか、今回のテロ犯に巻き込まれてしまうキッカケの詳細は流れでしかつくっておらず、巻き込まれるにあたり、どう巻き込まれていくかによって今後のストーリーやら伏線が(一応、ミステリィ小説だ!)変わってきてしまうという、とても重要な局面で今日はストップ。

約2万文字まで書いて、ようやく本編に入るとか、どんな道草をくっていたんですか?という意見に同調するが、何せコメディ要素が強く、まるで高速道路をまっすぐに走らずに、問題のある例え方とは重々承知しているが、高速道路を飲酒運転(しかも泥酔状態)して、車線を無視してフラフラ走っては、ガードレールに擦ったり、大破しそうになりながら走っている感じ。

本筋からは決して外れることはないんだけど、まっすぐ走れていない感じで、いつかはゴールに辿りつけるけど、それまでのプロセスはグダグダですねといったところだろうか。人によっては刺さるかもしれないが人によってはイライラしてしまうかもしれないな。だから、最初からコメディと明かしておき、「ああ、コメディだから仕方がないか」という納得をしてもらおうかという浅はかな思考だったりする。細かな描写で引っ掛からなければ、スラスラと書ける内容の小説だから早ければ、来月上旬には出版できそうだが、細かなニュアンスやら伏線置きで手間取ると来年以降の販売になりそう。

できれば年内に販売したいところだから、隙間時間をうまく利用してサクサクと執筆していく気構え。

前倒しで行動していたおかげか、夕飯もいつもより早く準備をして、あれだけプレイすることができなかったFitBoxing2を久しぶりにプレイすることができ、私としては、なかなか充実した1日だったかな。

-2022年11月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.