2022年11月ブログ ブログ

2022年11月18日 インフル予防接種受けた(メモ)

投稿日:

今日は、いつも通りの車通勤である。

ずっと通勤中にアコギばかり弾いていて、ハンドルが邪魔だから身体をやや左側に傾けてギターを弾いていたら左腰に負担がかかっていたみたいで左腰を痛めてしまったのが約2週間くらい前。

寝起きの時にシンドかったりしていて、さらには実は内蔵に問題があって痛むのだろうか?なんて余計な不安までしてしまう始末。ここ最近は、アコギよりも小さいエレキを弾いたり、アコギでもハンドル無視して身体に変な負担がかからないように気を付け、日常生活でも姿勢に気を付けて生活をしていたら、かなり痛みが無くなり、寝起きする時にも全くストレスにならなくなった。

このまま姿勢に気を付けて車の中でアコギを弾き続けるという手もあるのだが、ここ最近、自宅でウクレレをあまり弾けていなくて、しかも自宅に帰ってきて夜食後の就寝までの空き時間に弾くことが多く、あまり音を派手に出せない事もあり、ウクレレも思いきり弾いてみたい!という強い気持ちに応えて、ついに車の中へウクレレを持ち込むことにした。

でも、夜も自宅で弾きたいから、当面は車に持っていったり自室へ持っていったりする事にした。間違えても、もうひとつ買い足すという選択肢は今現在はなくて、コスパ最強のFive-Oを鍛え上げて、今以上にいい音が出るようにするのと、私のウクレレの腕をあげるという2つの目的のために車へ持ち込むことにした。

すんげぇ自在にウクレレを使いこなせて、「もうプロじゃね?」という自信がついたら、もしかしたらハワイアンコアのものを購入するかもしれないけど、まだまだ腕が足りない。

ナカジマがレベル不足でステータスが足りなくてヒノカツヅチの剣を引き抜けないみたいなイメージ。まぁ、あの剣は使い物にはならなかったんだけどねぇ。元ネタが古いな。で、信号待ちにウクレレを弾いてみると、とても弾きやすい!

ハンドルに全く干渉しないし、取り回し最高でサバゲーで例えるならCQBエリアでハンドガン使うくらい取り回しがいい。アコギだと CQBエリアでM50A3を振り回しているような感覚である。で、家では弾けないくらいのストロークで「ジャーン」とギター張りに弾いてみると、ポロロンというウクレレとは思えない音が鳴り響き、弦を固定しているナットが軋んでた。この勢いで弾いていると間違いなく壊れる。

と、いう事 でパワー系の私がいけないのだろうけど、Five-Oはピックを使わずに指弾きオンリースタイルでいこうと思う。アコギでアルペジオは鍛えていたから、アコギよりもウクレレの方が指弾きは簡単(隣との弦の幅が広い)で音も綺麗に出るから指弾きオンリーでいく。ストロークも指だ。

今はナイロン弦を使っているがスチール弦に変えると全く別物の音に変化するらしい。かなり試してみたい気もするが、今の優しいポロロンという少し暖かみのある音が好きだから変えないでおこうと思っている。スチール弦にしたら、きっとピックを使いたくなると思う。そうなると、ナットが耐えられずに割れてしまう気がするんだよね。一応、メーカー保証3年くらいあったような気がするんだけど、壊さないに越したことはないだろうから、当面はどノーマルのままでいこうと思う。

車の中でのウクレレ練習は、コードを覚えるのとスムーズなコードチェンジの練習と、カノンコードをアルペジオでテグセになるくらいスムーズに弾く練習と、Cコードのスケール練習を気分によって変えて練習をしている。スケールを適当に弾いて、何かしらの素晴らしいフレーズを編み出すのも目標のひとつである。今日は行きも帰りもウクレレしか触っておらず、ギターは全くさわらなかった。

会社に到着して、手帳整理やらお客さんからの依頼案件を2案件片付けることができた。やや手こずってしまい午前中はお客さんからの依頼案件をこなすことで終了してしまった。

いい加減に、本来やらなければいけない仕事シーズン3に入らなければいけない。本来であれば先月中に終わらせておかなければいけないタスクなのだが、他のお客さんからの依頼案件やら、岡本太郎展へ行ったりやら、自宅に帰ってしまったりしていた事もあり、まったくの手付かずなのである。

しかし、これでようやく午後から本来やらなければいけない仕事シーズン3の作業に入れるぞ!という状態になったのだが、今日は金曜日だし、これからテロ犯小説でも書いて来週から本腰いれてやりたいなという逃げの精神(ダークサイド)に堕ちそうになったが、いくら私が窓際社員だからといえど、やらなければいけない事を後回しにするのはよろしくないという素晴らしい判断を下した(岡本太郎展とか行かなければ進んでいたと言う考慮はしないものとする)。

午後になり、「よーし!やれるところまでやるか」と意気込むと、事務の女性社員がパソコンが壊れかかっているから、何とかしてもらいたいと声をかけてきた。なんかね、助走つけて走りだした瞬間に足を引っ掛けられたような気分。今が昭和なら間違いなく「ズコーッ!」っていってる。間違いない!。

数ヵ月前に退職してしまった女性社員が使っていたディスクトップPCを使うことになり、とりあえず窓際社員兼引きこもり社内IT部門の私が(ようするに雑用)何とかしなければいけなくなったのである。そのパソコンは誰も管理をしておらず、退職してしまった女性社員が専用で使っていたもので、Windowsを起動させるためのパスワードが誰もわからないし把握もしていないという大失態。

仕方がないから、Windowsのインストールディスクを自分のパソコンで作成して、それをうまく利用して別のアカウントを作成してOSを起動した。マニアックな事なら任せたまえ(ニチャァ)って感じだろうか。気持ち悪がられるから、一切の説明なしに坦々と作業を進めてトラブルなく事なきをえた。

夕方近くになってしまい、いい加減に本来やらなければいけない仕事を手掛けたかったのだが、夕方から心臓のエコー検査とインフルエンザの予防接種の予約が入っており退席。からの帰宅という2コンボを果たし、結局今日は、本来やらなければいけない仕事を手掛けることができなかった。

来週に期待だが、それにしてもインフルエンザの予防接種は、ほぼ毎年受けているが、今年は針が刺さったまま腕に残ってない?と聞きたくなるような痛みが走るね。注射は全く痛くなかったが、注射後が痛んだ。金曜日の夜なのに、インフルエンザの予防接種をした事でお酒はNG。

私は飲まなくても全然問題ないアルコールに弱い体質だから問題はないけど、普通の会社員というか、普通の人だったら金曜日の夜の飲み会が楽しみ過ぎて、インフルエンザの予防接種日を変更するか、もしくは命賭けで酒を飲むかの2択になるのだろうなぁ、なんて思ってしまった。

-2022年11月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.