2022年12月ブログ ブログ

2022年12月30日 年末ギリまで小説執筆

投稿日:

今日ももちろん会社は休みであり、朝イチに起きてチビチビと写真整理やら手帳整理を行った。

平日であれば、5時起床でもあまり時間に余裕がなく、急ぎで朝食を食べて会社へ向かう準備をしなければいけないのだが、会社が休みだと時間に余裕があり、心にも余裕をもって作業なんかを済ませる事ができて非常によい。

なので午前中から、Fitboxing2とプリズナートレーニングを午前中に終えて、それでも時間が余ってしまったからsigilへ12月の昨日の分までのブログをデータ移設をして、かなり前の出来事のように思えて仕方がないが2週間くらい前に7月以降の電子書籍に掲載するプライベート写真もシート分けをきちんと行い、わかりやすい状態でsigilへ転送した。

なので、今日の分のブログと明日のブログを書き終えた時点でMの手帖2022下巻は、すぐに完成する直前まで準備を整えることができた。昨日の年賀状の用意といい、休日はプライベートの機動力が違う。ただ、表紙データは用意をしておらず、どんな感じにすればいいかな?(って毎年似たような表紙だけどな!)と悩んでいる最中。

どうしても手帖系の表紙になってしまい、タイトルが見えにくかったりすると(実際に見えにくい表紙あるけどな!)どれがいつの本なのか全くわからない状況に陥るだろう。これは、まだ案の段階なのだが、来年の上巻からはMの手帖シリーズの表紙を(まだ続けるのか?これを!?)イラストにしようかとも考案している。今回からでもいいかなぁ?と少し考えたんだけど上巻が写真で下巻がイラストだと、あまりにも不揃い過ぎて、それなら2023年から切り替えればいいかなといった考え。

その考えに至った理由は、来年から小説の挿し絵を増やそうと(去年も書いた気がするな)思っていて、とにかくイラストを多く書かないとうまくならないと言うことで、できるだけイラストを書いてみたいなというのが本音で、単純にやってみたいからやってみるという素晴らしい動機である。恐らくは、利き手と反対の手で描いたの?と思われても仕方がないイラストになる可能性は非常に高いが、それはそれで、それが私の持ち味という事で。これくらい前向きじゃないと、下手すぎて嫌になってしまい、やってられないだろうな。

思った以上に準備が整ってしまったから、もしかしたらMの手帖2022下巻は2023年1月1日の販売になるかもしれないな。1日早まったところで、どうせ誰も買わないだろうから意味はないのだが、新年早々出だしがいいという私の験担ぎくらいの効力は発揮してくれると思いたい。

午後から、どうせ高いだろうなぁと思いながらも、行き着けの自転車屋に散歩も兼ねてコンチネンタルGP5000のタイヤの価格を見に行くと、1 個で11000円の値札がついているっ!

高いよ~、高すぎだよ~!Wiggleだと前後セットで10000円ちょっとで売られているじゃない。倍の値段も違うなら買えないっす!かなり緊急でタイヤ買って履き替えないとチャリが走らなくて帰れないとかなら話は別だけど、もう少し手加減していただきたいところである。

そのまま少し歩いて、冷やかしで(突っ込まずに端から見るだけ)アメ横の様子を見に行ったら、ものスゲー人混みで、余裕で混雑に混ざる気にならず。コロナ感染リスク激高だよ。もうね絶対無理。

なので、つい2 日前に立ち寄った、行き着けの喫茶店に入り、テロ犯コメディ小説の執筆を進めることにした。この作品もいい加減に正式タイトルをつけたいと常々思っているんだけど、まったくきの効いたタイトルが相変わらず決まらない。先日に写真のタイトルを決められる本を買って読んでいないから読んでみようかな、なんて書いて、その本が埋まっているであろうクローゼットの下段を軽く調査したが、奥の方に入ってしまっているのか見当たらず。本をガサガサッと出すのも面倒だなと思っていたら、手前の方に読み終えていない手帖アレンジの本を発見してしまい、ついつい手帖アレンジの本を読みふけってしまった。似たような本を恐ろしい数持っていて、正直なところ、どの本を見ても似たような事しか書いていないのだが、読むとついワクワクしてしまう。

内容もよく覚えていないから、多少時間が経つと本の内容を忘れているから、手帖アレンジの本は永遠読んでいられるかもしれないが、今はSNSで多くの手帖の中身を公開しているから、その手の本も購入する必要は本来はないような気がする。

正式タイトルが決まらないテロ犯コメディ小説も、かなり大詰めになり、先日に確かア・バオ・アクーに入ったところくらいまで執筆したと書いたが、位置的には動いていない気がする(どういうこと?)。でも、文字数はかなり進んで11万文字くらいまで書くことができた。

着地は12万文字を予測しているから、残り1万文字で全ての決着が着く気がしないから、5千文字くらい増やして12万5千文字少し越えくらいで作品は完成するかな?といった印象。

そろそろガンダムを自動運転に切り替えて、真上にビームライフルを発砲させてジオングを撃墜する名シーンになるくらいの場所だろうか。ガンダムにそんな機能が備えられているという説明なしに、いきなり自動運転にした時は小学生ながら驚きを隠せなかったのだが、私の小説も事前説明なしにミラクルな事を成し遂げたりするから、同じくらいだと思ってもらっていいだろう。いや、それダメだろ!

本当は今日、書き終えるかな?と思っていたんだけど、校正前の完成は来年だね。今年に終わらせる必要はまったくないからいいんだけどね。

そういえば書き忘れていたけど、午前中に時間が余っていたから(5時起きなら余るわな)煮しめを作った。ニンジンを飾り付けするサクラみたいな型抜き道具が無かったから100円ショップへ買いにいき、ついでにマスキングテープなんかも購入してみた。先月販売したカキモリの本も買おうと思ったのだが、相変わらず地元の本屋には、私が欲しいと思う本がことごとく置いてなく(マジで欲しいと思った本を一冊も置いてあることがない)やっぱネットで買うしかねぇかなぁという感想。

ネットでサンプルを見ると、目次からして内容が怪しい(内容薄いのでは?)という疑惑があり、パラパラと実際の本をめくってから購入するかの判断をしたかったのだが、置いていないのでは仕方がない。そのうち購入することにしようと思う。

今日は午後から夕方まで執筆に時間を使ってしまったが、比較的、カキモリが近かったから久しぶりに店舗に足を運んでもよかったかなーなんて思った。半年に1回くらい行きたいなと思うタイミングがあるのだが、もしかしたら今年は1回も店舗に行っていないような気もするな。

来年早々行ってみるか・・・。

-2022年12月ブログ, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.