2024年04月 ブログ

2024年4月30日 外を歩けばコロナに当たる

投稿日:

今日は出社日である。
天気予報によると、今日は雨のようだから、火曜日でも車通勤をすることにした。
でもね、雨降らなかったんだよね。
なんだよ!チキショー!ふざけんなよ、ごるぁ!とか思ったんだけど、やっぱりね、私を自転車通勤させない方がいいと判断して、嘘情報を流してくれていたみたい。
雨を司っている者に感謝。
と、いうのが、私は毎朝、体重と体温と血圧を計測していて、今朝の体温は36.4°で通常通り。
喉の違和感は多少あるものの、気にならないレベルだし熱もないからセーフだろうという判断で会社へ向かった。
世間一般的な常識人の9割以上が10連休だと思っていたのだが、相当、車が混んでいて進みは非常に悪かった。
みんな大好きでたまらない大連休に仕事に行くバカは私くらいで十分だが?と思ったのだが、意外と10連休をとっている人は少ないのだろうか?
毒電波ニュースのマスゴミは10連休を当然のことのように報道していたのだが、やはり毒電波の何物でもないのだろうか?
で、体調も悪くないし、車の移動中には浅中杉太郎の次の作品のシナリオを考えてはメモをとり、出社することができた。

今日は忙しく、今月の振り返りからの今月の目標設定と先週の振り返りからの今週の目標設定、それと雑魚タスク4案件のデータを渡して本来やらなければいけない仕事を進めなければいけなくて、とてもじゃないけど創作活動を入れる余地はなく、今日は仕事に専念するか・・・窓際社員なんですけどね・・・とか思いながら、まずは時間のかかる今月の振り返りから行う事にした。

簡単ではあるが、今月の振り返りを書いてみよう
まずは良かった点だが、木梨憲武自伝と友達の松本氏、ハービー山口氏&小山薫堂氏のトークから、多くの事を、今私に欠けている事や忘れていた事、今後どの方向へ行けばいいのか、ストリートスナップの存在意義がわからなくなりかけたが、その答えの方向性を示してくれて、本当に今月だけで大きな意識改革というか、3月の頃の私とは別人だぜ!くらいの成長をすることができたように思う。
毎朝、今日1日をどう過ごしたいのか?というのを記すことにより、以前よりも強烈に意識して生活できるようになったし(その割にMixiには酷い書き込み多いけど、半分冗談で半分本気だったりする)最後は「人」に辿り着き、今のままでは何の進展もないし、「今」がそのまま繰り返されて未来へ進むみたいなつまらない人生だなと。
せっかく生きているんだから、生きているうちにしかできない事をやっておくかという思考。
そのおかげか、今までになかった「他の人の事を考える」行動というのが少しだけできた。
この「少しだけできた」というのが本当によくて、意識して自分から行動したという事であり、この意識を忘れなければ、「自己中心的な考え」も徐々に修正されていくのでは?という期待がある。

オッサンになりながら、今更そこかよ!気付くの遅くね?という意見もあるだろうけど、一生、気付かないまま終わる人もいるから、気付いただけでもラッキーだと思っている。
何かを始めるにも、何かを修正するにも、年齢は関係なくてやりたい時にやればいいのである。
出来損ないの人間が少しだけ人間に近づけたような気がした。

あとは新しい出会いがあり、今まで愛用してきたピンホールカメラを譲り頂くことができた。
それというのも、私を信頼して信用してくれたから譲り渡してくれたのだろうと、良い意味で解釈。
今の時代、ピンホールカメラなんて使うヤツはいないだろうし、使い方もわからないだろうし、「まだフィルムってあるんですね?」くらいの人ばかりだろうから、私のような変人は10000人に1人くらいなのかもしれない。
まったくイカれた世界だぜ。
でも、この出会いは大切にして、私が撮影したピンホールカメラの作品を見てもらったり、交流を深めようかと思っている。

ここのところ精神が安定しているように思えるかもしれないが(思えないか・・・)やはり1回、精神が錯乱して暴走しそうになった時があったんだけど、グルノートで学んでいた「立ち止まる」という技を使って、暴走せずに済んだという出来事もあったな。
心療内科に行ったら、即入院させられるレベルな気がしなくもないが、その辺り、自分で制御できたのは成長したなぁと思った。
「立ち止まる」ってファイナルファンタジー3のジョブみたいな感じだけど、熟練度によって精度があがったりしていき、ロールプレイングゲームみたいな人生もいいんでないかな?
1度、成功体験があれば次回からは、さらに抑制することができるだろう。
過去の成功体験は捨てて新たな成功体験を模索しなさいという本もあるけど、それも使いどころだろうね。

で、逆に悪かったところは、音楽と小説ともに創作活動の進みが非常に悪く、本来であれば今月には、タモツさんの世にも不思議な物語の第と端材04をリリースしていなければいけなかったのに、両方とも終わっていないし、歌詞作成も全く進んでいない。
新しく歌詞を書いて遊んだりはしたけど、既存の曲はまるで手をつけていないという愚かぶり。
優先順位どないなってんの?と思うけど、その時に「やってみたい!」を優先した結果がこれなので、仕方がないといえば仕方がない。
予定から大幅にズレてはいるけど、最終的に年内に90冊の書籍をリリースできればいい事であり、どこかで帳尻を合わせていこうかなといったところ。
創作活動においては、年内に90冊の電子書籍リリースと、タモロック「Evolution」のアルバムリリースできればそれでいい。
タモラップのミニアルバムも去年、リストに上がっていたけど、それは来年でもいいや。
あとダメなところは、今月は文房具を買いまくったね。
もうね、無駄遣いもいいところ。
文房具沼にハマってしまっていて、Kittaのイベントやらトラベラーズファクトリーで買い物、3冊ノートが挟めるように改造キット購入、安いからといってモレスキンノートを数冊買い足してしまい、まだ届いていないけど氷印スタンプも予約をしてしまった。
もうね、いい加減にしましょうや。
使い切れないくらいノートがあるのに、安いからと言ってモレスキンノート買うのは、もう勘弁だな。
モレスキンタワーまではいかないけど、でも最終的にモレスキンタワーを完成させてみたいという気持ちもある。
もちろん、全冊使い込んだ状態でね。
あと、嫁との時間を確保して大切にするという項目を追加していたのだが、どうも夜に自宅でのんびりしている事が多いような気がする。
矛盾してしまうから難しいところはあるんだけど、もっと効率よく楽しく立ち回れないものだろうか?という課題。
次から次へと、色々と考えて行動するのはいいけど全部中途半端なんだよね。
歌詞も作曲も小説も写真も仕事も人間関係も全部中途半端な気がする。
芯が通っていないというか、ふらふらしているような感じ。
完成する前に飽きてしまったり忘れてしまったりすることもあるが、5年前に中断していたプロジェクトを思い出したかのように再開することもあり、過去にやった履歴やデータが残っているのは感心するが、気分で作業している事が多いのかな。
フィーリングは大切だとは思うんだけど、今一度、予定を組む大切さを思い出そうかと反省した。

と、いうのが今月の大まかな感じ。
先週の振り返りと今週の目標設定も似たような内容だから割愛する。

で、10時くらいかな?
なんか身体がダルくなって、関節が痛みだしたんだよね。
あ、これはヤバい感じだ・・・熱が出たな・・・と。
今朝は平熱だったのに、どうして突然?と思いながらも、土曜日あたりに東京都写真美術館やら日本酒居酒屋に出かけたから、そこでコロナに感染したのだろうと予測。
やはり外出なんてしないで、自宅に引きこもっていればよかったのかもしれない。
でも、コロナに感染してまで行ったトークイベントや松本氏との会話は、とても有意義であり、あれを聞いたのと聞いていないのでは、今後の人生に大きな変化があったから、コロナに感染してまで行った甲斐はあったのか・・・と思った。
翌日に出かけたロモグラフィーや浅草で感染した可能性もなくはないが、怪しいのはトークイベントか日本酒居酒屋だろうねぇ。
椿屋珈琲でもゆっくりしていたけど、人は近くにいなかったしな。
やはり、外を歩けばコロナに当たる・・・この格言は間違いではなかったという事に気付かされた。
で、早速、本当にコロナなのか、もしくはインフルエンザなのか、もしくはまたまた細菌感染なのかの検査をしてもらおうと病院へ連絡。
すると、発熱してから1日経過しないと正確な結果出ませんよ~なんて言われて、仕方がなく今日の検査は諦めた。
で、今までの会社であれば、超どブラック企業であり、コロナだろうが熱だろうが盲腸だろうが、腕が1本千切れただろうが、そんな事では会社を早退したり休ませてもらえるわけもなく、そんな事を言うものなら「てめぇ、フザけんな!!!夕方まできちんと仕事しろ!このバカ!」と唾を飛ばして、目を充血させながら怒鳴られるのがオチだったので、「うーんコロナかもね、しかも熱けっこうありそう」なんて思いながらも、15時くらいまで席で5日間自室に引きこもる情報とアイテムをネット注文。
隣の席のザキヤマさんと対面に座る4回コロナに感染して喉が壊れている社員に感染させる可能性は高いが、仕方がない。
ノーマスクでダルい身体に鞭打ってガソリンを入れに行ったり、部屋に籠るアイテムの買い出しに行き、全て揃ったところで早退するという。
それならもっと早く帰りなさいよ、と思うかもしれないけど、トラウマなんだよね。マジで。
発言すると怒鳴られるから。
それで、以前にも社員2人にインフルエンザを感染させて、2人とも1週間会社を休むという、むしろ会社にとってマイナスなんじゃないんですか?バカなんですか?と思ったけど、帰るな!このバカ!と言われたら仕方がない。
限界まで菌を社内にバラまきながら粘りますよ。
で、自宅に帰ってようやく体温計で計測することができ、熱はまさかの39.8度。

うん、立っているのがツラいなぁと思っていたけどやっぱりだな。
2人には感染させたかもしれないけど、文句ならブラック企業時代の社長に文句を言ってくれ。
今はホワイト企業になっているから、「このバカ!」とか「死ね!」とか「まぬけ、あほ、ばか!」とかそういう暴言は無くなったが、今の時代であればスマホで録音されてニュースになる事案だろう。
胸倉とか普通に掴んできてたしね。
逆に振りほどいて胸倉掴めるんだけどね。
「このバカ、一回殴ったれ!」とか他の社員に言っていたけど、私の強さを知っている者しかいなかったから、誰も手を出してこなかったこともあったしね。
まぁ、殴りかかられたらカウンターで脇腹の骨を全部頂いておくけどね。
内臓に刺さったら死んじゃうかもね?とか思っていたのが懐かしいね。
やはり力は正義だ!という間違った方向に行くのがブラック企業。

携帯トイレも大量買いしたし、嫁に感染しないように、完全に自室で生活できる準備を整えた。
思ってもいない形で、約10連休の休みを取ることになりそうだ。
でも、明日も会社に出ても構わないんだけどね。
来いっていうなら行くよ。
でも、今のホワイト企業ぶりだとそれはなくて、むしろ他の社員に感染するから来ないでくれという常識的な対応ができるようになってはいるけど、約30年も怒鳴られ続けてきた私には、すぐにホワイト企業を受け入れられない。
どうして今の社員は、何をしても怒鳴られないんだろう?
有休なんてとれるわけもなくて、そんな事言ったら「給料カットするぞ!」とか「会社辞めちまえ!」とか散々な言われようだったからな。
そんな過去も知らない社員が「この人、変な人」とか思われても腹立つだけなんだよね。
その人も似たような経験をしたかもしれないけど、同じ気持ちを味わってもらいたいね。
そのうえで、私の変な行動を理解してもらいたいものだよ。と思ってしまう。

-2024年04月, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.