2024年05月 ブログ

2024年5月8日 このまま怒りの感情無くしたい

投稿日:

今日は水曜日なので、車通勤の日である。
車の中では、浅中杉太郎シリーズのネタ考案をしたり、スマホで情報収集なんかをしながら(もちろん信号待ちや渋滞中に完全に止まって手足がフリーな状態の時ね)通勤をして、あまり身にならなかった印象。
もっと通勤時間を有効活用させたいけど、なんかネタが浮かばないんだよね。
で、今朝も朝から新習慣の1日の意気込みを書き込んで、しっかりと胸に焼き付ける。
1日に何回も目にして刷り込むといいね。
嫌な話しだから結論から先に書くと、昨日のクレーマーの客から今日も夕方に電話がかかってきて、完全にクレーマーというかイチャモンをつけた電話をよこしてきやがった。
領域外の仕事という事はまぁ、置いておくとしても、合っているデータなのに無知を披露していただき、文句を言いまくっているのを聞いて、この人哀しい人だな・・・とか思うようになってしまった。
正直、謂れのない文句を頭ごなしに言われて、合っているデータを違っているとか豪語して怒鳴っていて、以前の私であれば、確実にブチ切れていたと思う。
正直、話しにならない状態で、女神転生で例えるとフルムーンの時に悪魔に声をかけた時と同じくらい話しにならない。
昨日も書いたが、誰か社員が犠牲にならないといけないわけだから、それが文句の言いやすい私であっても構いやしないんだけど元々謂れのない事を、さらに輪をかけて謂れのない文句を言い続けている感じ。
録音機能ないけど、これ録音しておいたらマスコミに流せるレベル。
まぁ、どうでもいいんだけどね。
この「どうでもいいんだけどね」が、今の私にとって最高に良くて、「怒る気がまったくしない」どころか「怒るのが面倒」という感情が先だっているような感じ。
これも仕事だからと受け流せているのは本当に素晴らしくて、「あれ?これ本当に私か?」と疑いたくなるような無気力。
昼間も車を少し運転したが、連休明けなせいか国道4号線を20km/hくらいの速度でダラダラ走っている車が多く(多分、夕方まで適当に車でダラダラ運転して時間を潰して夕方になったら速攻で帰るクズ)ムカっとするのではなく「しゃーねぇーな、避けていくか・・・」という感じで30台くらい抜いていったんだけど、連休明けってそんなにダルいものなのだろうか?という疑問と、もうね怒る気がしない。
喜怒哀楽の「怒」が抜け落ちた感じ。
これ、本当に私にとっては心地良くて、怒らないってこんなに素晴らしい事なんだ!と感動したくらい。
なにせ怒る気力が出ない。
怒るのが面倒くさいという感情。
これで、またひとつ理想郷<アガルタ>に近づいた気がしてならない。
もうね死ぬまで怒らなくていいよ。
嬉しい・楽しいという感情は思い切り前に出していって、怒りの感情はいらない。
哀しみは必要。
瀬田宗次郎まで行くとちょっとあれだけど、怒りのない世界はとても心地がいいものである。

今日は端材04の作業も進めたいなぁと思っているのだが、実は今日と明日で「本来やらなければいけない仕事」を追い込まなければいけないのである。
うーん、年貢の納め時(笑)。
今まで適当にやってきたツケが一篇に回ってきた感じで、自業自得なんだけど追われている感じ。
しかもね、営業の人も絡んでいるから逃げられないんだよね。
本来であれば、もっと大目玉喰ってるところだなぁと思いながら、修正作業を結構進めることができたかな。
午前中は、年配の営業の人から投げつけられた2案件を片付けて、会社のお客さんからの依頼を1案件片付けて計3案件の厄介仕事を片付けてからの、本来やらなければいけない仕事。
うーん、他の人が担当していればもっとスムーズなデータが完成していただろうに。
なんか遊んでおいてなんだけど、少し申し訳ないかなぁ。

とはいえ、片手間に端材04に掲載するラクガキ作品をやっぱ100個あった方がサマになるなぁと思い、色々と模索をしていたら、すっかり忘れていたゲームブック用に書いたイラストがあったことを思い出して、そういや他にもアイデアブックプロとか書いてラクガキしていたノートがあったなぁと色々と思い出すことができ、なんとか100種類いけそうな気がしてきた。
今週末に一気に作業を進める予定ではあるけど、最低でも5月19日くらいまでにはリリースを開始して、次の浅中杉太郎の執筆もしくはド根性論あたりの執筆作業に入りたいなといった感想。

今週の行動目標の一番の軸に置いている、油断せずにしっかりチェックをしてしっかりすること!がうまくできていないらしく、またもや軽いミスを犯した。
うーん、注意散漫なのか、集中することができなくなっているのか。
この対策として、これから行おうとしているタスクの超細かいチェックリストを作って対処することにした。
できていないんだから仕方がない。
ひとつずつ、チェックをして間違いない事を確認し終えてから行動することにした。
こうして手帳を有効活用して、弱点となっている現状を打破していく流れ。
これもコロナの副作用なのだろうか?

悪いことばかりではなく、昨日に必死こいて見つからなかった中古のプロフィット21金ペン先Mの万年筆が中古市場に出た。
値段的にもリーズナブルで速攻でゲットしておいた。
無駄な出費といえば無駄かもしれないけど、最高に使いやすいと評価の21金ペンを使ってみたかったのと、探していたのと(新品で買うつもりは最初からない)これは購入しておくべきだ!と思い、溜まっているポイントも全部充てて(大したポイント無かったけどな)購入手続きをすることができた。
失ったスーベレーンM400の代わりというか、恐らくメインの万年筆になるだろうけど、一生モノとして大切に使っていきたいと思う。
それにしても万年筆に魅せられてしまうとは不覚だな。
いいモノである事は間違いないんだけど、そんなに種類要らないっしょ?って感じ。
人によって価値観は異なるけど、風俗やキャバクラでお金を使うよりかは有意義だなというのが私の価値観。
人によっては異なるから何とも言えないけどね。

とにかく、今後の人生、もう2度と怒る感情を無くして生活していきたいものである。

-2024年05月, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.