2024年05月 ブログ

2024年5月15日 新境地ワンテンカメラ

投稿日:

今日は水曜日なので車通勤の日である。
車の中で、特にこれがやりたい!というのは無くて、ほぼ日手帳カズンで今日の新習慣の言葉を書き加えて、今週の行動目標を確認して、今日の行動を書き込むくらいの事しかやらなかったな。
会社に到着してからやる事なんだけど、特にやりたい事がなかったから前倒しで手帳を確認した感じ。
本来であれば、創作新ネタとか考え付くといいんだけど、そういう気分じゃなかったな。先日は夕方まで外出をしていたが、今日は1日社内でタスクに追われる予定。
前日のブログ執筆をする余裕すらなく、朝から会社の客のストーカー広瀬から電話があり(事前に打ち合わせていたから問題はない)今日1日でストーカー広瀬に捕まっていた時間は約2時間30分くらい。
時間の無駄とまでは言わないけど、時間を返してもらいたいね。
どうしてストーカーという素晴らしいネーミングがつけられているかというと、私のスマホに電話をしてくる図々しい客なんだけど、5分くらい他のお客さんと通話をしている間に、50数コールもの不在着信があって、「はぁ?そんな急ぎけ?」と思って折り返したら、まったくどうしょうもない内容で緊急度ゼロ。
普段から、電話が通話中とかだと5分もの間で50回くらいコールしているのかな?
このまま無視したら、そのうち背後から包丁で刺されそうな恐怖感を覚えたね。
これ、女性にも同じ事をしていたとしたら、それはもう着拒されるだけじゃなくて通報されるレベルだと思うし、完全に誰からも相手されなくなるんじゃないかな?
かなり変わった人で(私が言うか?)世間一般的な常識人ではない人種だけど、流石の私でも5分で50回もコールしないね。
せっかちな奴で、対応は慣れているから問題はないが、知らない人が対応したら相当なストレスを感じるかもしれない。
私の場合は、通話は片手間で適当にあしらいながら、他の作業をしているのと、相手の性格を知っているから面倒とまでは言わずに対応している。
それを終えてから、昨日に訪問したお客さんの対応をして事なきを終えると、再びストーカー広瀬から電話が入って、「で?結局用事は何?」と言いたくなるような、回りくどい相手の話を適当に受け流しながら対応しておいた。
今日は2日分のブログを書かなければ!と思っていたのにブログを書く暇すらない。
ストーカー広瀬を適当にあしらいながら、溜まっているタスクをチビチビと進めていたのだが、それも今日終わらせようと思っていたのに、8割くらいで止まってしまう始末。
スペースむぎとろの3人目の客イベントも執筆したかったけど、ブログすら書く余裕がないのに、書けるわけがない。
午後から、個人事業の先週も電話があった昔から付き合いのあるお客さんから電話が入った。
今までであれば「面倒くせぇ奴だ」とか「ホント気持ち悪いわぁ」とか思っていたんだけど、心境の変化もあり、今日は「楽しく、相手を本当に助けたい!」という気持ちで接することができ、自分的には最高の対応をすることができたと思っている。
業務アプリを入れていた機械が壊れてしまい、緊急で個人所持のiPhoneを使って緊急事態を回避。
そして、ここ最近全く使っていないipadを一時的に貸し出して、当面の危機を乗り込めてもらう事にした。
手元にipadがあれば今日にでも届けてあげようかと思ったが、残念な事にipadは自宅にあるので、明日手渡す事にした。
とても感謝してもらい悪い気はしないね。
でも、これくらいやらないと相手の困った状態を解決したとは言えず、私もできる限りは力になりたいなという気持ちが強く、とても良い流れである。
ぶしつけに文句を言ってきたり、謂れのない事を怒鳴られたりすると、さすがの私もムッとして対応も適当になるかもしれないけど、現状は「相手がどんなんであれ、相手を本気で助ける」というモードになっているみたい。
こんなん、どう考えても明るい未来しか見えないわな。
精神が別意味でぶっ壊れてくれて本当によかったなと思ったよ。
それと他のお客さん2組からスマホに連絡が入って、自分のスマホで対応していた時間は1日通すと5時間くらいやってたんじゃないかな?
おかげで、今日終わらせようとしていた事は何一つクリアすることはできなかったけど、8割方は進められて多くの人を助ける事ができたから、それなりに満足はできたかな。

ストーカー広瀬を適当にあしらっている時に、ヤフオクでワンテンカメラを漁っていたんだけど、amazonでHOLGAの新品ワンテンカメラが1300円で売られていることに気付いた。
これは安いし新品だから動作保証もばっちりだろう。
ヤフオクだと動作保証がないものが多くて、賭けになる商品が多いんだよね。
年代物ばかりだから仕方がないけどね。
ロモマティック110と比べると、スペックは落ちるものの1300円であれば、安いからすぐに壊れたとしてもお試しでいいじゃないかな?
レビューを見ると数日で壊れたという人もいて、これはこれで賭けだなとも思ったけど背に腹は代えられず、購入した。
そうなると、昨日にロモグラフィーに行っていたんだから、ワンテンフィルムを2個くらい買っておけばよかったと本気で後悔した。
ネットで購入すると送料が990円かかってしまい、それなら徒歩で買いに行くわいボケが!と思ったんだけど、もう夕方だし店舗に到着する時間には店が閉まってしまう。
比較的、近場のビッグカメラにフィルム売ってないかなぁ?なんておもいながら、無い時間を無理矢理作って店舗まで散歩すると、チェキフィルムは全品在庫切れとワンテンフィルムは置いていなかった。
残念。
チェキフィルムの品薄は聞いていたけど、まさか1つも売っていないとはね。
富士フィルムは、これでいい!と言い切っていたから、チェキも転売ヤーが買い占めて定価では買えない状況が続くのだろうけど、チェキなんてメイド喫茶以外で使う場面あるのかな?と疑問に思う。
スマホで撮影すれば(エモくもできるしね)写真はシェアできるし、チェキだと物理的な写真になるからゴミになるし、デジタル管理するのが主流とか言いながら、アナログを懐かしむ愚かな人が多いのか、そういうあれば困るんだよね。
私のように時代錯誤している人なら仕方がないとは思うけど、デジタル管理好きですって人がチェキを使っても、それゴミになるだけですよ?と言いたくなってくるね。
なのでチェキは一生、買えないかもしれない。
ワンテンフィルムはロモの店舗に行けば確実にゲットできるから問題はない。
キタムラとかヨドバシにも行きたかったけど、そこまで回ると就業時間に間に合わなくなってしまうから、帰り際にあるセカンドベースへ立ち寄ってみると、すでに閉店していて商品が見れないという悲しい事態に。
本当にフィルム難民だなぁ、てか昨日どうして買わなかったんだろう?と自分の行動の詰めの甘さに落胆してしまったね。
でも、明日買えばいいし、そもそもワンテンカメラで何を撮影するかもわからないし、現像するにあたり金はかかるし。
フィルムはもちろんカラーしか買わない。
モノクロはXP140と35mmフィルムでやっていく方針。
ワンテンカメラと同時に、セールしていた「はいからインキのレディエメラルド」も一緒に購入してみた。
今日、注文して今日届くという素晴らしい対応。
プロフィット21金にインクと詰めてみたいなぁとは思ったけど、まだkakimoriインクがインバートに残っているから、最近出番のないMDつけペンで色を確認すると、かなり好みの緑色。
MDのグリーンインクもボトルでもっているけど、あの緑よりも好みの、やや濃い緑で買ってよかったと思った。
黒インクもモンブランのミステリーブラックしか持っていないから、ブラックも気になったけど、あまり面白味のある色ではないから、今回はスルーしておいたけど、セールであれば試しに買ってみてもいいかな?と思えた。
会社に7個のインクが置いてあり、自宅に3個のインクで計10個になってしまい、似たような色も多くインク沼の入り口か・・・とも思うけど、1個あたり1500円前後くらいなので、レンズ沼とか時計沼、万年筆沼にハマるよりは軽傷で済むかな?といった印象。
明日は個人事業のお客さんの店にipadを届けるから、その帰りにでもワンテンフィルムをゲットして、1本くらい撮影してみたいものだね。
ワンテン写真作品集が作れるくらい作り込んでみたいが、令和の時代にワンテンカメラデビューという、これ以上にない時代錯誤ぶりに自分でも驚くね。
つけペンにインクというのも令和の時代には考えられないくらいレトロ思考。
でも、それがいい。

-2024年05月, ブログ

Copyright© MAKOTOの動く城(仮) , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.